スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1288話「単純明快、複雑怪奇」

どうも、単純極まりないルイナです。

なんだかずいぶんと久しぶりのテキスト更新ですねー。
如何にサボっているかの顕れですねこいつは。


…って、ちょっと前にも同じようなことを書いたような…?

勉強できる人しか便利に暮らせない社会 「シロクマの屑籠」

というわけで、本日のネタはこれ。

昔に比べて今の世の中はとてもとても便利になりました。
生活レベルの向上などと言われることもありますが、技術の進歩は凄いですね。
それに伴ったインフラ・ストラクチャーの進化は目覚ましいです。

ただし世の中ウマい話というのはなかなかどうしてそうはないわけで。
背反事象と言いますか、便利になった裏側には様々なルールがあるのです。

最初から何も考えずにワンタッチで何でもできるというモノはそれほど多くはありません。
最初に適切なセッティングをすることで初めてワンタッチで動かせるようになるのです。
テレビやレコーダーなどは買ったら即起動できるわけではないですよね。
ちゃんとセットしないとダメなんですが、その手順は少なくない。
そんでもって、説明書も膨大な分量になっています。
めんどくさがり屋には優しくないですね。

他に例を挙げると、例えば保険の契約とか。
ただ単純に契約をすればいいというものではありませんね。
様々なプランがあり、それに伴って様々な条項が設定されています。
パンフレットや業者は基本的に懇切丁寧に説明してくれますが、情報量が多いのなんの。
よほどしっかりと読み込まないと把握することはカンタンではありませんね。
でもって、よくわからないうちに契約してしまって、何らかの不都合が生じたときに、
一言言いに行っても、契約文中に言及されていたりするわけですね。
場合によっては「知らなかった」では通用しない場合もあるのです。


表面上は単純明快、シンプルで使いやすいモノであっても、
その裏では複雑でわかりにくく、非常に厄介なモノというのはままあるのです。

興味があれば深いところまで読み込むという行為も取るでしょうが、
ボチボチな興味しか無かったりすると、めんどくさいことに関してはスルーするでしょう。
で、結局便利さの真価を知らないままであるというパターンもあるでしょうね。

となると、理想としては誰しもが単純に理解できるモノにすることですが、
なかなかそうはいかなかったりするんですよね。

なぜなら、世の中にはワルいヤツがいるから。

自らに出来うる限りの得をもたらすために、条項の穴を突いてくる人間がいるんですよ。
しかもそれは口コミ等で伝染する。そうなると商売上がったりなわけです。

そうならないようにするためには、ルールでガチガチに固めないといけない。
固めるためには、それだけの分量が必要になる。
そうなると、今度はルールの多さに辟易とする…というスパイラルなわけです。



以上で例に挙げた中では、電化製品のセッティングやビデオの予約録画くらいならまだしも、
契約うんぬんに関しては、無知が過ぎると面倒な事になりがちですよね。
こういうのを単純化できれば、もしかしたら新たなビジネスになるかも…なるか?



次回予告ッ!
新たなる発見というのは得てして意外なところに潜んでいるものである!
それはその道のプロは除外する可能性であり、それを見つけられるのは、
なまじっか知識を持たない素人であることもままあるのである!
次回、「放置プレイ」! …なんだか久しぶりの次回予告だなぁ。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。