スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1286話「Chapter.13 延長線上のファイナライズ(後編)」

( ゚д゚)「待たせたな!」

(・`д・´ )「   …そのまま忘れててくれても良かったんだが


( ゚д゚)「ゴルァ!ボソッと言うな!!!」

(`・д´・ ;)「もうええやろ…」

( ゚д゚)「アホか!尻切れトンボになるとか寝覚めが悪いだろ!」

(`・д´・ ;)「この2週間ほどグッスリ眠れてたが…」

( ゚д゚)「とにかく!前回の続きだ!」

(`・д´・ ;)「なんでもいいからさっさと終わらそうぜ…」




第7回「渾身の一発ギャグを披露してください」


( ゚д゚)「きたな…私のクリティカルヒットが!!!」

(`・д´・ ;)「確かに猛毒という意味では間違っていないな…」

( ゚д゚)「貴様…私の渾身のお題を食中毒扱いするな!!!」

(`・д´・ ;)「おまえのせいで第7回が死屍累々だっただろうが!!!
        お題出した瞬間から満場一致で無理ゲー無茶振り言われとったやろ!」

( ゚д゚)「フン…立ち塞がる高き困難な壁を越えられずして栄光など得られるものか!」

(`・д´・ ;)「おまえ自身も自分のお題で自爆しておいてよく言うわ…」




第8回「あなたのオナニー&セックス体験談」


( ゚д゚)「いやー、この回ではついつい調子に乗って[ホニャララ!]してもうたわー」

(`・д´・ ;)「いやもう『自主規声』はせんでもええやろ…
        ってか規制するほどのことなんて言ってないだろ…」

( ゚д゚)「アホかおまえ!もし全部オンエアされたらタイーホだぞ!」

(`・д´・ ;)「むしろタイーホされろ。されるもんなら。」

( ゚д゚)「しかしまあ一発ギャグ並みに無茶振りが来たと思ったもんだがな!」

(`・д´・ ;)「いやどう考えても一発ギャグのほうが無理ゲーだろ…」

( ゚д゚)「オナニーアイテム紹介記事はテレビでCM出来るほどのデキだったな…」

(`・д´・ ;)「ムチャ言うなよ…『あなたと合体したい』どころの騒ぎじゃなくなるぞ…」

( ゚д゚)「ジャパネットたかたあたりのテンションでやってほしいものだ!」

(`・д´・ ;)「おまえ…あのテンションでオナニートークしてるの想像してしまったぞ…」




第9回「あなたを崇める信者達に対してステージ上から語りかけてください」


( ゚д゚)「不毛だな!!!」

(`・д´・ ;)「いきなり何の話だよ…?」

( ゚д゚)「自分の持っていないハードを叩くとか不毛にもほどがある!」

(`・д´・ ;)「ゲハか…」

( ゚д゚)「子供ならまだしも、エエ大人がやってるのはショボすぎる!
     ってかゲーム機くらい買え!ゴルフクラブ揃えるよりは安いぞ!」

(`・д´・ ;)「比較対象がおかしい。」

( ゚д゚)「それはともかく、信者というものは厄介なものよのう!」

(`・д´・ ;)「…そうなのか?」

( ゚д゚)「正しかろうが間違ってようがお構いなしに狂信する姿を見たら
     ヤバいとは思わんか!?」

(`・д´・ ;)「穿った見方過ぎるような…」

( ゚д゚)「崇め奉るにも度合いがあるのだ!
     賛同するくらいであればまだ可愛いものだが、
     狂信するともはや視野狭窄を越えて盲目的と言える!」

(`・д´・ ;)「それ信者の悪い面だけを語ってないか?」

( ゚д゚)「崇め奉られる方も崇め奉られる方だ!
     プレッシャーに負けて言いたいことを言えなくなったら本末転倒である!」

(`・д´・ ;)「確かおまえはそういう回答をしたよな…」

( ゚д゚)「何事もほどほどが一番だぞ!」

(`・д´・ ;)「上手い事言ったつもりだろうが、それは何の変哲もないフツーの意見だぞ…」




第10回「あなたにとっての『愛』ってなんですか?」


( ゚д゚)「熱血閃き必中加速気合努力幸運…」

(`・д´・ ;)「スパロボネタはもういい。」

( ゚д゚)「味方ユニット全回復でネタにしようとしたけどムリだったな!」

(`・д´・ ;)「当たり前だろ…ってかもういいっつってんのに…」

( ゚д゚)「『愛』を覚えるキャラが『どういう愛か?』を語ろうともしたがな!」

(`・д´・ ;)「…なんのこっちゃ?」

( ゚д゚)「基本的には『恋愛』だが、中には『兄弟愛』とか『家族愛』とかから
     『愛』の精神コマンドを覚えるキャラもいるからな!」

(`・д´・ ;)「確かに…愛の形を語るという方向に持っていけそうではあるか…?」

( ゚д゚)「そして当然オチは『母星愛』だ!」

(`・д´・ ;)「ミストさん乙。」




第11回「もしあなたが余命1ヶ月を宣告されたとき、web上に何を残したいですか?」


( ゚д゚)「ボクは死にましぇん!」

(`・д´・ ;)「やかましい!」

( ゚д゚)「貴様…せっかく名言を言ってやったというのに…!」

(`・д´・ ;)「いっぺん死んでみる?」

( ゚д゚)「アホか!今死んだら後悔の念で地縛霊になるぞ!」

(`・д´・ ;)「それはたいそうめんどくさい存在になるな…」

( ゚д゚)「ワンピースもこち亀もスパロボOGも完結してないのに死んでたまるか!」

(`・д´・ ;)「おまえの人生に対するモチベーションはそれでいいのか?」




第12回「言葉」


( ゚д゚)「陰陽師の唯一にして最強の武器か…」

(`・д´・ ;)「だから何の話やねん…」

( ゚д゚)「まさか最後のお題が単語だとは…」

(`・д´・ ;)「お題らしいっちゃあらしいんだけどな…」

( ゚д゚)「しかし最後だからか、まとめっぽい回答が多かったな!」

(`・д´・ ;)「言ってるおまえもまとめ的な回答だっただろうが…」

( ゚д゚)「投稿する直前まで『言葉尻』を中心に据えたネタにしようか迷ってたがな!
     おっぱい星人VSおしり星人の血で血を洗う骨肉のバトルをな…!」

(`・д´・ ;)「どう考えても雰囲気ブチ壊しだ!」



( ゚д゚)「やっと終わったな…」

(`・д´・ ;)「おまえの暴走もようやく終わるな…」

( ゚д゚)「毎日の更新もしつつお題の回答も作るのはなかなか体力が必要だった…」

(`・д´・ ;)「週1で休んでたやないか。終盤は週3で…」

( ゚д゚)「そこは伏せておくところだろうが!」

(`・д´・ ;)「ま、これで本当に閉幕か。」




おまけ:これまでの感想記事タイトル命名ウラ話


第1208話「Chapter.1 怒髪天のサンダーシャウト」

「サンダー」は「雷」ではなくて「振動」「震え」から。
怒りの叫びで身震いするというイメージ。
ちなみに13個つけた中でも一番「上手い事言えた」感がある。


第1214話「Chapter.2 水面下のアクティベート」

「アクティベート」は「活性化」という意味。
活性化させるために水面下で暗躍するというイメージ。


第1220話「Chapter.3 千差万別のシャングリラ」

「シャングリラ」は「理想郷」。「エデン」や「ユートピア」もあったが
「シャングリラ」を採用。「ベストプレイス」を「理想郷」に見立てた。


第1226話「Chapter.4 三千世界のランダマイザー」

「ランダマイザー」は「ランダム」からの造語。(あるRPGの魔法の名前でもある)
「三千世界」は仏教用語で、要するにたくさん集まった世界のこと。


第1232話「Chapter.5 変革のアップルシード」

「アップルシード」はアニメから取ったわけではなく、あるRPGから取った。
ただしアニメの方もRPGの方も元ネタは同じ。「リンゴの種を撒く開拓者」。


第1238話「Chapter.6 昇天のデザイア」

「昇天」はテーマが「女子力」だったため「昇天ペガサスMAX盛り」から。
「デザイア」は第8回で使えばよかったかなーとか思ったけど、
第8回は第8回でちゃんとハマッたのでよしとする。


第1244話「Chapter.7 混沌理論のセブンスセンス」

「混沌理論」はそのまま「カオス理論」から。
「セブンスセンス」は「第6感を超越した『第7感』」。
「直感を超える途方も無いボケにより引き起こされる超カオス」というイメージ。
ちなみにとある漫画のは「セブンセンシズ」。


第1250話「Chapter.8 臨界突破のテクノブレイク」

「テクノブレイク」はオナニーのしすぎでショック死してしまう現象に当てた造語。
「臨界突破」は「限界突破」と迷ったが、「臨界」の方がリミットを越えて
放出するイメージに沿っていたかなーと思った。


第1254話「Chapter.9 厚顔無恥のフェイス」

「フェイス」は「顔」ではなく「信仰」から。
しかし「厚顔無恥」にある「顔」と引っ掛けたタイトルにした。


第1258話「Chapter.10 猪突猛進のブラインドラヴァー」

「ブラインド」と「ラヴァー」を合わせて「ブラインドラヴァー」。
盲目の愛は視野狭窄になり突進あるのみ。


第1262話「Chapter.11 存在証明のテスタメント」

「テスタメント」は「遺書」という意味。ちなみにあるRPGだと「聖典」。
「死して何を遺すか」というテーマから「存在証明」をイメージした。


第1268話「Chapter.12 黎明のワールドワイドワード」

「ワールド」「ワイド」「ワード」と、似た「言葉」を3つ連ねたタイトル。
「黎明」は「夜明け」であり、「始まり」をイメージする「言葉」である。
「終わり」というイメージで行くなら「黄昏」だが、
「終わりによる始まり」というイメージを尊重して「黎明」にした。


第1274話「Chapter.13 延長線上のファイナライズ(前編)」

「ファイナライズ」は「まとめる」という意味。「終了させる」という意味も持つ。
「延長線」は「延長戦」をイメージしてもじったもの。



-最後に-


NoBorderについて振り返ってみる 「不倒城」


(`・д´・ ;)「おまえもこういうエントリーを書けよ。」

( ゚д゚)「やめろ!ミジメな気分になるだろうが!」


テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。