スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第123話「ナンバー1よりナンバー2が似合う者」

どういたしました。ルイナです。

今回は2日前の記事『第121話「オンリーワン・クラッシュ」』の続編です。



前回私は「ナンバーワンもオンリーワンも目標でしかないッ!」とかぬかしました。

しかしオンリーワンはともかく、ナンバーワンはその名の通り
たった一人にのみ与えられる名誉です。

目標とは言うものの、その道ははるかに遠きこと…となる場合もあるでしょう。
ていうか大部分の人にとってはナンバーワンは遠い果てにあるものです。

身もフタもありませんが、ナンバーワンになれる者はやはり非凡な才能を持つものです。
そこらへんの一般ピープルがたどり着ける場所ではないことも多々あります。
先の見えぬ夢・目標に疲れ、撤退する人もいるでしょう。
真ん中らへんにたどり着いてよしとする人もいるでしょう。



ここで私が何を言いたいのかというと、前回の話とは逆で、


「ナンバーワンにもオンリーワンにもならなくてもいい」


という状況もあるということなのです。



この世からはとかく頂点に立つことを望まれるものですね。
学校や企業などでも「もっと上を目指せ!」と言われるものです。
転じて、あまりそのそぶりを見せない者に「向上心が無い!」みたいなことを
言われてしまうこともあるのではないかと思います。

人間は誰しも野望・野心や向上心は持っています。
ただ、その発露の度合いが違うのです。この話はまたいずれ。



実際に、頂点に立つということは併走するものもいないということになるのです。
マラソンはひとり突出して走るだけが目的ではないのです。

凡庸ながらも多くの人と力を合わせ、共に歩いてゆくことも大切なことだと思うのです。


エキストラがいないドラマは無味乾燥な印象を受けるものです。
エキストラを配置することで全体に現実味を帯びさせるのです。


だから、エキストラだって悪くない。

流れを起こさせるのは主役であり目立つ人ですが、
流れの本流はエキストラでありモブなのです。





…さて、こんなことをグダグダ語る私はどうなのか?
目標はデッカく持てとよく言われますが、自分の力量とも相談しないといけませんね。
ニュースサイトとして下克上かけようにも、なかなか上手くは運ばないものです。


ニュースサイトとしてを一旗挙げるためにはどうすればいいか?


ニュースサイト界ナンバーワンを目指す?
目標にしておくにはいいが、無謀としか言いようが無い!何年かかるねん。

ニュースサイト界オンリーワンを目指す?
これも方向性に据えるのはいいが、私にはオリジナリティなど皆無ッ!



やはりダメなのか…否ッ!まだ諦めるには早い!

ニュースサイトは見られてナンボ。ならば人気者になれば良いのではないか!?
しかし人気ニュースサイトになるのも至難の業!けして安穏たる道でなし!


どうすれば人気者になれるのか…


そうかッ!!!(キュピーン) 称号を持てばよいのではないのか!!?
そう、あの帝王陛下王子様のように!!!

考えようではないかッ!私のブログにふさわしい称号を!!!


既にニュースサイト界の帝王と王子は存在しておられる…
ならば私はニュースサイト界の「大臣」になろうか!



…なんやねん大臣て。私はそこまでトシくっとらんわ。しかも人気出なさそう!
まあなんにせよ、役職系の称号は信任を得られないので却下。



結局、ニュースサイト界の変態を名乗らねばならぬといふことか…
てかそろそろええかげん変態ネタに飽きてきたわ…もう。



…というわけで、2日にわたって展開してきた話を見事ぶち壊しにしたルイナでした。




次回予告ッ!
大手サイトだとか、メガニュースサイターだとか、
人の目も憚らず好きなようにウソッぱちを言いまくっている管理人!
そのうち天罰が下るぞ!!!
次回、「ライ・ライラ・ライ」!ちなみに体操は始まりません。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。