スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1262話「Chapter.11 存在証明のテスタメント」

どうもルイナです。

さて、本日はブログ企画「No Border」の第11回目のお題「もしあなたが余命1ヶ月を宣告されたとき、web上に何を残したいですか?」が1周しましたので、毎週恒例の「各参加者の回答を採り上げて好き勝手言ってやるぜ」のコーナーを開催します。





1.私が死んだら、このHDDを……

「COW BEAR」のななきさんの回答。

よくネタにされる「HDDには表に出すとヤバいデータが詰まっているので、
もし万が一のことがあれば、確実に処分してもらわなければならない」というアレですね。
しかしこの記事では逆にデータを全て公開して、自分という存在がどういう人間であったかを
示すという存在証明として処理するという形ですね。

…なんか、「どうせ死ぬんだからムチャクチャやってやるぜー!」的な
ヤケクソっぽい感じにも取れそうですが。


2.ネットにおける後継者問題

「まなめはうす」のまなめさんの回答。

まなめさんのニュースサイト「まなめはうす」の跡継ぎを作る気があるのかという問いに対する
回答という形をとっており、そこから余命の話につなげていますね。

…どうでもいいけど、「後継サイトを作る気があるのか」って質問されるっていうのも
なんとなくどんな状況やねんと言いたくなりそうな気がしないでもない。
なんの師匠キャラだ。


3.「総武線のそうちゃん」のお話

「不倒城」のしんざきさんの回答。

家族を持つ立場からの回答です。
子供をあやすためのテンプレートというものはなくて、
型にはまったモノからテキトーにでっち上げたモノまで様々ありますね。

おそらくは、それ自体が残るということはなくて、
それっぽいような、テキトーなお話が継承されていくんでしょうね。


4.全て消す。

「白い戯言」の白球さんの回答。

何も残さない、かなり潔い回答。
リアルの自分が死に至るにあたり、全て消すということは、
リアルとネットの双方で死ぬという結果になるわけですね。

半狂乱になるだろうというのは率直な感想ですね。
多分私もそうなると思う。


5.作者取材の為、今週は休載とさせて頂きます。

「煩悩是道場」のululunさんの回答は今週もアップされませんでした。


6.「自分の履歴書」と「未来の予想図」

「ワクワク人生のススメ!」の酒ねこさんの回答。

お題に対し、残すものは自らの遍歴とした回答。
人生とはその人独自のモノですので、この世にふたつとないモノになるわけで、
それを残すということはまさにその人が存在した証となるのです。
また、今後やりたかったことも書き残すことで、想像の余地も残していますね。


7.余命宣告されたいか、されたくないか。

「かみんぐあうとっ」のこもこさんの回答。

いきなり「余命宣告されたいか、されたくないか」と切り出していて、
ああ…またお題そのものに対してはスルーを決め込むのか…って思ったんですが、
今回は最後にしっかりと「お題に対する『回答』」を綴っていますね。

で、「そもそも余命ってなぜ宣告するのでしょう?」という問いかけですが、
これは実際のところどうなんでしょうか?
医者に聞いてみないとわからないか…


8.Chapter.11 「ネットに繋げられなくなった時点で、私という存在は観測不可となる。」

どうも私です。

ここでいろいろとエラソーなことを言っていてぶっちゃけるのもなんですが、
今回の反則枠は私です。完全に「お題の意図」からは外れていますね。
リアルの私自身が死の宣告を受けるという形ではなく、
ネットというツールを将来奪われることが確定したという形をとっています。

こうなってしまったのも、私自身が「1ヶ月後に死ぬ」という状況を
カケラも想像出来なかったからなのです。
要するに苦肉の策だったわけですね。


9.俺たちは死なねぇ!

「@nikutyせかんど」のnikutetuさんの回答。

実際問題として余命1ヶ月を宣告されるような状況ということは、
もはや末期症状なので行動も何もないというのが現実でしょうが、
それを回答とすると味気ないということで、色々と書き連ねていますね。

納得できるほどの存在証明足りえるモノを残せるかどうか。
おそらくは余命1ヶ月と言わず、常にそれを求めているのでしょうね。

…そして最後は安定のボトムズネタ。


10.最後の謎かけ

「ぷりどうぐ」のてらさんの回答。

自らが死ぬ前に仕込みを残しておくという回答。
なんか推理ゲーム的な作品に出てきそうな設定…って思ったけど、
これって「ONE PIECE」のゴールド・ロジャーみたいなもんですかね。
そして世は大ブログ時代に…なるか?


11.私が残しておきたいことをひとつだけ

「じゃがめブログ」のディービィーさんの回答。

残すものとして人生の遍歴を挙げるというのがおそらくメジャーな回答でしょうが、
こちらではその中でも「自分の失敗」を残そうとしています。
そうすることで、残された者、また後世の者がそれを糧にできるということですね。


12.web上の僕に花束を

「日日俺酔狂」の酔狂さんの回答。

出題者にして最後の回答者。

自分が死んだあともサイトが生き続けるように仕込んでいくという話ですね。
予約投稿を駆使すれば、ネタがある限り先まで設定できますね。
そういえば最近アップルのスティーブ・ジョブズが「向こう4年間のアイデアを残している」と
遺言を残していたらしいですが、それに近いかもしれません。

ちなみに、

自分が死んでも、電脳世界の上で生き続けたいと常々思ってます。まだ時代が追いついてないのが残念ですが。

これを見て、「ゼーガペイン」ネタで行けばよかったかなーとか思っちゃった。







今回のお題もなかなかどうして難しかったですね…
私の回答の感想にも書きましたが、どうしても「余命1ヶ月」という状況を
想像出来なかったもので、なかなか苦しいお題でした。
そもそも色々なモノ(漫画とか)の完結を見ないまま死んでしまうのは
非常にもったいないしイヤですし。

てなわけで私は反則的な回答をしたわけですが、
他の回答者はまともに自らが死ぬと宣告された場合を想定して書いていますね。
さすがです。



以上、「No Border」第11回「もしあなたが余命1ヶ月を宣告されたとき、web上に何を残したいですか?」でした。


関連:これまでの感想記事

第1208話「Chapter.1 怒髪天のサンダーシャウト」
第1214話「Chapter.2 水面下のアクティベート」
第1220話「Chapter.3 千差万別のシャングリラ」
第1226話「Chapter.4 三千世界のランダマイザー」
第1232話「Chapter.5 変革のアップルシード」
第1238話「Chapter.6 昇天のデザイア」
第1244話「Chapter.7 混沌理論のセブンスセンス」
第1250話「Chapter.8 臨界突破のテクノブレイク」
第1254話「Chapter.9 厚顔無恥のフェイス」
第1258話「Chapter.10 猪突猛進のブラインドラヴァー」

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。