FC2ブログ

第1197話「オフライン・デッド」

どうも、オフの日は基本的にグータラしているルイナです。

オフと言ってもオフ会ではありません。オフ会でグータラしてたら失礼やで。

グータラしていると更新も忘れてしまいますね。
っていうか今日なんかまさにボケーッとしてたら更新するのを忘れてて今に至るみたいな。

ここのところでいうと、1週間に1日のペースでサボってますね。
なかなか毎日ずーっと続けていくのは体力が持たなくなってきているということでしょうか。
最近だと3日前の更新はサボりましたし。

しかし、3日前は更新しようとしてたんですよ。サボるつもりはなくて記事も作ってました。
でもできなかった。なぜゆえに?

その日はネットにまったく繋げることが出来なかったのです。
特に何もイジッてないのにもかかわらず、完全にオフライン状態。
これでは記事を作ることが出来ても更新することが出来ない!
というわけで、物理的に更新が出来なかったということでした。

ネットに生きる存在にとって、「ネットに繋がっている」というのは
絶対にして必要な条件ですね。
逆に言えば、ネットに繋げることができなくなったら死んだも同然になってしまう。
ネット上での生死にを決定づけるのは。ネットに繋げることが出来るかどうかに
かかっているわけですね。

要するに、ネットに繋げられなかった3日前の私はインターネット上において
1日だけ死んでいたということになるのでしょう。




次回予告ッ!
過去の遺産は価値がある。
過去の遺産は有限である。
そして過去の遺産に想いを馳せることは甘い微睡みである。
次回、「エンシェント・エステイト」! だったら今は?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する