スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1174話「オリジナルVSイミテーション」

どうも、めんどくさがりなルイナです。

めんどくさいので前置きなんて書かなくていいよね…(/ω・\)チラッチラッ

…さてコチラ。

弱小ニュースサイターと自虐してるうちは何やってもダメだろうと思う話 「@nikutyせかんど」
有名無実、匿名有実? 「こんぷれいんつ・ぶろぐ(試験運転中)」

以前、第1166話「誰が言ったかその台詞」という記事を書いたのですが、
この文章ははてなの増田に投下して反応を見てやろうと思って作った文章で、
実はこれ数年前にほぼ完成させていて、あとはうpだけみたいな感じにしてたんですが、
投稿するタイミングを逸してしまって、そのままお蔵入りしてた文章だったのです。

で、最近テキストネタが尽きてきてしまってて、せっかくだからコレで1話やってやろうと思って
日の目を見ることになったのでした。

で、そもそもの計画としては、増田とウチ(ルインズメモリィ)に同時にうpして、
どちらのほうが反応が良いか、もしくは、まずは増田だけにうpして様子を見て、
「私が書いた文章だとわかるヒトが出てくるかどうか」を調査してみるか、
どちらかをやろうと思っていました。
…まあ後者はそれこそかなり名の知れたヒトがやらんと効果が薄いので、
私程度の知名度ではやってもムダだと思ったのでやらなかったというのもあるのですが。

まあ結局はネタに困って流用しただけだから、特に増田に投稿しようとは思わなくて、
「めんどくさいからやめた」となったわけですが、
まさかコピペされて当初の計画を実行することになってしまったとはw


ルイナ氏が書いたオリジナルの記事よりも、コピペした匿名ダイアリーの記事の方がレスポンスがある程度帰ってきているのよね。
「こんぷれいんつ・ぶろぐ(試験運転中)」様より引用)


まあ、ある意味予想通りの結果ではありますが。
僻みっぽく言うと、自分でサイト・ブログを作って記事を投稿するよりも、
既にある匿名の増田に名無しとして投稿するほうがレスポンスを得られるというのも
なんとも萎えてきそうな話ですよね。

で、私がかつて増田にコッソリうpしてみる計画を立てていたというのは上記のとおりですが、
最終的な目的としては、「増田を使って呼びこむ」というのがあったのです。

まずは増田に投稿して、自分のサイトへのリンクを張っておく。
リンク先には増田に投稿した文章とほとんど同じ文章を投稿しておく。
(まったく同じではなく、細部を微妙に変えておく)

増田を使って流れこませようとする、要は宣伝行為ですね。
まあもしかしたら既に使い古されている手法なのかもしれませんが。

結局はそこまでするのがめんどくさくなってお蔵入りして、現在に至る…
…となったわけなんですけどね。



あと、計画というか野望というか、ちょっと思っているのは、

「有名なサイトの中の人が、無名なサイトにテキストを投稿してみて、
 その人が書いた文章であると判断されるかどうか」


というのも考えているんですけどね。有り体に言えば替え玉更新。
これもずいぶん前から構想だけはあるんですけどね。




次回予告ッ!
この世には、ひと目で避けるべきモノと判断できることがままある。
しかしそういうモノに限って、圧倒的過ぎる存在感を放っているものであった!
次回、「穴があったら入りたい?」! なぜ見た。

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。