スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1162話「アセンブル・セッティング」

どうも、合流できないルイナです。

本日のネタは第1158話「シャッフル・セッティング」の続編というか、
似たようなネタでお送りいたしますよ。


前回の1158話では結婚式のようなセレモニーにてランダムで座席を配置されると
ポツーンとしてしまう危険性をはらんでいるのではないかという話でしたが、
今回はそんな格式張った(?)モノではなく、例えば飲み会などでの座席の話です。

飲み会では大概座席なんて決められてはいませんね。
まあ上座とか下座とかそういうマナー的なモノはありますけど、
ざっくばらんな飲み会ではそんなことをつっこまれることはありません。

で、会場に着いたらランダムに座席につくわけですけど、
何も決められていないと、逆に高確率で、
「仲良し同士で席に座る」傾向があるように思うわけですよ。
なんというか、コロニーを形成しているみたいな。

で、いったん席に座ると、そこが「自分の席」になるから、なかなか動きづらくなる。
自分が動いたとしても相手は居座り続けるから座席交換もままならない。
結局はいつもの集団でシマが出来てずっとそのまま進行していく…という感じでしょうか。


ランダムはランダムでキビシイ部分がありますし、固定は固定でキビシイ部分もある。
おそらくは参加者の人間関係に左右されるところなんでしょうね。
あとは性格にもよるか。

結婚式の2次会のように、参加者同士で知り合いが少ないパーティーの場合は
知り合い同士で固めてしまうほうが気分的にラクでしょうね。
逆に飲み会みたいな参加者同士がほぼ全員知り合いみたいな場では
完全に流動させるようなカタチにしたほうがいいのかも。




結論:私は結局宴会的なモノがニガ手だったということか…?




次回予告ッ!

…あ、あれ?巡回したのに記事がひとつも無い…?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。