スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1160話「140の境界」

どうも、端境に生きているルイナです。

いやぁ、ツイッターは本当に便利ですね…

…と、中途半端なミストさんネタを混ぜつつ、今回はツイッターとサイトのテキストについて。

2行前に言ったとおり、ツイッターって何かを発信するに当たって
なかなかどうして便利なんですよ。
テキトーに文字を打って、Postボタンを押せば発信完了です。

まあテキストを打ってサイトでうpするのもやることは一緒っちゃあ一緒なんですが、
精神的な気楽さはツイッターのほうが遥かに軽いように思えますね。
だからこそ、ツイッターではそこそこ出没していても、
サイトの更新が滞ったりするようなヒトもいてるわけですね。

で、この気楽さはどこから来るのかというと、「140文字に制限されている」からでしょうね。
おそらくこんなことはもう既に数年前から言われてることでしょうが、
140文字までしか文字を打てないからこそ、ポストするのに抵抗も少なくなるんでしょう。
140文字の制限がもたらした軽さの賜物ですね。


さて、ツイッターの制限140文字。この140文字に意味はあるのでしょうか?
なぜゆえに140文字という数字になっているのでしょうか?

ウィキペディアを紐解くと、

元々は字数制限は無かったのだが、携帯電話のSMS機能を利用した投稿が多かった為、そのSMS機能の字数制限160字から利用者名分の20文字を引いた字数を上限とする様に仕様が変更された。

とのこと。
でもって、この文章の中にある「携帯電話のSMS機能」もググると、

メールの本文がすべて半角の英数字なら160文字。それ以外のときは半角全角によらず70文字まで送ることができる。送受信の容量は140バイトである。(1バイト=8ビットとして計算)

ということらしいです。


…なんか結論が出てしまったけど、もうちょっと感覚的なところから解体してみましょうか。


ツイッターの文字制限は140文字ですが、いっぱいいっぱいまで文字を詰めて
ポストするヒトはそうそういてないですよね。
実際に使われているのは、およそ10~25文字くらいの、
まさしく「つぶやき」とか「ひとこと」くらいのポストが主でしょう。
(ちなみにこの数値は、私のタイムラインをテキトーに眺めるとこれくらいのポストが多かったから)

で、この概算10~25文字と、気軽さに関連性はあるのでしょうか?


私が思うに、この10~25文字というのは、

「息継ぎなしで喋りきれる文字数」

ではないかと思うのです。
実際は漢字が含まれるので、ひらがなに換算すると、概算で1.5倍して15~40文字というところですが。


喋るには息を吐かないといけません。
で、どんなに肺活量が多いヒトであっても、溜めておける空気には限界があり、
喋り続けるにはどこかで呼吸を置く必要があります。

もちろん喋る文字数が多ければ多いほど呼吸を置く回数も増えます。
文章にすると、だいたい15文字くらいで息継ぎしますね。
呼吸を置かずに長く喋り続けようとしても、40文字くらいがいいとこです。

ちなみに自分でやってみて、「いろはにほへと」を全部言うのでギリギリだったから、
一般的には長くても40文字くらいで呼吸を置くだろうという感覚です。

一呼吸で喋りきれる文字数だからこそ、気軽にポストできる…
こんな感覚があるんじゃないかと思うわけですよ。
所詮はウソ科学の域を超えないところではありますが。





本日の結論:「文字」がゲシュタルト崩壊した。






次回予告ッ!
名物はその土地の色を強く出しているものである。
それがあるからこそ名物として名を馳せるのであるが、
だからと言って別の地方のそれが名物たりえないということでもないのである!
次回、「本場の味」! 本場イコール頂点…ではない?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。