スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1127話「ハイディング・メモリィ」

どうも、隠れ蓑を見にまとうルイナです。

いやーそれにしても、絶賛更新停止中のサイトが増えてますね~。
お気に入りに入れてても更新される気配がないもんだからどうしたもんでしょ~か?



…などと、かなり強引な感じで話を振っておりますが、
本日のネタは更新が止まっているサイトに付いてです。

今この時をおいても、新しいサイト・ブログはどんどん生まれているのですが、
それと同じように更新が止まってしまうサイト・ブログもあるわけです。

「サイト閉鎖します」というふうに宣言して停止するところもあれば、
前日まで何事もなく更新していたのに突然停滞するようなところもありますね。

で、更新が止まるにあたって、サイト・ブログの扱いには2通りあって、
本当の意味で閉鎖して、サービス自体を消去してしまうパターンと、
削除はしないけれども完全に放置するパターンがありますね。

削除してしまったらもう元には戻せなくなりますが、
放置しているだけであれば、いずれまた復活する可能性が残されているわけですね。
…そういう状態が延々と続くのが、タチが悪いとも取れてしまいますけど。


で、更新が停止したら、もちろんのごとく読者は来なくなります。
当たり前です。新しいエントリーが無く毎回同じ画面になるんだから、
余程の物好きで無い限り見切りを付けられてしまいますね。
それはアクセス数を見れば一目瞭然ですね。

それまでにヒットを放ち続けていてアクセスも山のように来ていた有名サイトでも、
更新がなくなればだんだん閑散としてきます。
そしてそのうちほとんどヒトが来なくなるわけですね。
その行く末は有名だろうが無名だろうが一緒です。


ただし、かつて有名だったところは、たとえ更新が止まってヒトが来なくなったとしても、
ひとたび更新すれば一瞬で元通りにたくさんヒトが来るというところなのです。
「更新再開した!キター!」みたいな感じでグオーッて。

それが強み、いわゆるネームバリューですね。
それまでの実績がモノを言っているわけです。

…そこで思うのは、「人気って思ったよりも不滅なモノなのかなぁ」ってこと。
というよりは、たぶん「思い出は美化される」ということでしょうか。
良い印象のまま停滞した場合、その状態がずっと続くわけですけど、
そこにプラスして過去の美化がエッセンスされてくるから、悪くなる理由がないのかも。


なんだか取り留めもない話になってきましたが、
「隠れたかつての人気サイト」ってのがたくさんあるのかなーとも思ったり。

どっか、今は更新してないけど昔には超人気サイトだったところで、
誰にもどこにもアナウンスせずにコッソリ更新再開してみてくれないかなぁ。
それでもかつての盛況を誇るんだろうか?

こればっかりは自分で実験、実証してみたくても決して出来ないコトですからね。
まず第一に「人気サイト」になれないし。




次回予告ッ!
いつも通りにワヤクチャな感じでテキストを書いている管理人!
その頃、東の地では異色の存在が場を席巻しているのであった!
次回、「横浜ミルキィーズ」! 本当にやりやがったw

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。