スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1125話「オープニング・メモリィ Ver.2011・2nd」

どうもルイナです。

さて突然ですが、わたくしルイナさんは第2次スパロボZをプレイしまくっているため、
本日の更新は合間にちょくちょく見ていた2011年春アニメ感想記事となります。

追記にて前期(2011年春クール)私がちょっとでも見ているアニメの一言感想を書きました。
興味があればどぞ。

さーて、スパロボ続きやるか!GW終わるまでにはクリアするぞ!



次回予告!
忘れっぽい管理人!それは5秒前に連呼していたものですら放置するほどに!
そしてなんども自分に失望するが、一向に改善されないのであった!
次回、「13年越しの忘れ物」! じゃあ、次は…?

基本的に「(少しでも)見ているアニメ」しか挙げていません。
また、再放送のアニメ(「キスダム」とか)は見てても挙げていません。

それと、前期から継続しているアニメ(ゴシックとか…ってかゴシックしか無いが)は、
前回以前に付けた感想も引用として記述しています。



それでは以下から。





[げつようび]

・日常

今期のコメディ枠その1。

タイトル通りの日常系のほほんギャグ枠…なのだが、どこか常軌を逸したような
ギャグが盛り込まれていたりして、どんな日常やねんとツッコミを入れざるを得ない
内容となっている。…あの世界ではアレが日常だから間違ってはいないんだが。
面白い時とそうでない時との差がかなり激しいアニメだが、全体的には高水準。


・アスタロッテのおもちゃ!

今期のツンデレロリ枠その1。

タイトルが変更になったらしい。さすがにヤバかったのだろうか?
まあそんなことはどうでもいいが、内容は至って普通のツンデレ系コメディ。
要するに「今期の釘宮さん枠」である。
これだけ言えばどんなアニメかわかるってもんだろう。そういうアニメである。


・緋弾のアリア

今期のツンデレロリ枠その2。

ハンパにアーミーな世界観、二重人格な主人公など、いろいろな要素が混ぜ込まれている。
それをバリエーション豊富と取るかゴチャゴチャし過ぎと取るかは
個人の感性に委ねられるところではあるが。
まあなんにしろ、ラノベなテンプレに則って出来上がったアニメという感じか。
ヒロインがなかなかにツンデレな感じを醸し出しており、そこら辺も非常にテンプレ通り。
要するに「今期の釘宮さん枠」である。
これだけ言えばどんなアニメかわかるってもんだ(ry


・デッドマン・ワンダーランド

今期の血飛沫枠。

無実の罪で死刑宣告を受けた主人公が生き残りを賭けて奔走する、
なんかジョジョ第6部(ストーン・オーシャン)のような設定のアニメ。
主人公に宿った特殊な能力やヒロインの謎っぷり、刑務所内外の陰謀など、
まだ序盤だけに謎と伏線を散りばめている感じである。
そこからどう回収していくか、落とし所をどうするかで評価がなされるアニメだろう。
なので、現状では「面白くなりそう」としか言えないのが
この手のアニメの感想のツライところである。…私の感想記述力の問題でもあるが。


・花咲くいろは

今期の朝の連ドラ枠。深夜アニメだけど。

絵柄がかなり可愛いだけにブヒアニメかと思いきや、中身は意外とドロドロ系。
昼ドラほどギスギスはしてないが、単純な脳天気アニメではなかった。
だもんで、萌えだけを求めると火傷しそうな感じではあるが、
ストーリーはしっかりしているので、序盤の微妙な関係が解消されていくにつれて
面白くなっていく晩成型だろう。


・逆境無頼カイジ -破戒録篇-

今期のギャンブル枠。

主人公カイジがどん底まで叩き落とされながらも這い上がっていく様を描いたアニメ。
人間の感情と心理を事細かく描写しており、話自体は毎週そんなに進まないにもかかわらず、
手に汗を握らされる構成と語り(立木さんナレーション)は非常に巧みである。
まさかサイコロ振るだけであれほどまでに心拍数が上がってくるとは思わんかった。
今回は2期目であり、私は1期目を見てないのだが、
途中からの状態でも面白いと感じさせてくれたアニメである。



[かようび]

・世界一初恋

今期のロッティングガール向け枠。

しょっぱなからいきなり「愛の告白」(カッコ付けにした意図は察しろ)をかまして、
これからどうなるんだと戦々恐々したが、その後は意外と普通の出版社内情アニメに。
そのまま行けばまあ普通に見れるな…と思ってた矢先に結局アレな感じに。
私はこのアニメを直視し続けることが出来るのだろうか…?


・GOSICK -ゴシック-

今期のミステリー枠その1&前期からの継続枠。

主人公の二つ名が「黒い死神」だったり、サブタイトルの命名規則から、
ものすごい「DERKER THAN BLACK」な感じがしたけど、まったく関係なし。
元がラノベってこともあるけど、軽めの推理アニメって感じ。
まあ難解なトリックとか仕込まれてもわけわからんくなって混乱したら本末転倒だし、
これくらいの比重のほうが見やすいのかもしれない。
あとは、ヒロインのヴィクトリカがやたらとむくれっ面になるのがなかなか可愛い。
ちなみに、私の家にはなぜか原作ラノベがほとんど揃っていて家族全員読んでますが、
私自身は読んだことがないのであった…。読みたいなーとは思ってるんだけども。

推理モノのアニメにもかかわらず、それほどトリックが難解というわけでもなく、
推理に重きを置いていないのだが、だからこそ見やすいアニメに仕上がっている。
巷からは「ヴィクトリカが可愛い」という評判ばかりだが、全体的なポイントは高い。
地味に、今期唯一の2クールアニメでもある。


巷でも言われているとおりヴィクトリカの可愛さは相変わらずだが、
このアニメは決してヴィクトリカが可愛いだけのアニメではない。
軽めのミステリーものとして非常に見やすく、かつ出来が良い。
高レベルを維持しているアニメである。


・Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)

今期のミステリー枠その2。

サブカル好き(ようするにヲタなヒトら)が反応せざるをえないようなネットスラングを頻出させ、
主人公の中二病っぷりを全開にしながらも、非常に奥深いストーリーを展開させている。
ネタとシリアスのメリハリがしっかりとしており、面白くかつ引き込まれる。
随所に伏線を張り巡らせているようなので、今後の展開が気になる大器晩成型のアニメである。


・C

今期のキャッシュカード枠。

視力検査ではない。アルファベットである。
内容としては手持ちの金を費やして勝負するカードバトルものといったところか。
独特の世界観を構築しているのでだんだん面白くなっていくタイプなのだろうが、
この枠、前回が「フラクタル」だっただけに、大丈夫なのかと若干心配になる。


・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

今期の夏の終わり枠。春アニメだけど。

離れ離れになったかつての友人たちが、とあるキッカケによって10年の時を経て再び交流し、
止まっていた時間が動き出す…というようなあらすじ。
「放浪息子」のドラマティック枠を見事に受け継いでいる。
…それにしてもこのアニメ、落とし所をどこに持っていくつもりなのかが気になる。



[すいようび]

・俺たちに翼はない

今期のコメディ枠その2。

主人公が3人いて、それぞれ別の場面で展開していくので、
ちょっとボーッとしてると話についていけなくなってくる。
その上、周囲にいるヒロインたちの言動がかなりブッ飛んでいたりして、
余計にワケがわからなくなってくる。
おそらくどこかで3人のストーリーがクロスオーバーしていくんだろうけど、
ストーリーを整理出来てるかかなり不安である。



[もくようび]

・Aチャンネル

今期ののほほん枠。

のほほんしているアニメ。これ以外に何も言いようがない。
可愛いキャラクターを眺めるだけのアニメ。それ以外を求めてはいけないだろう。
ハッキリ言って、中身はほとんど無い。
…それが良いか悪いかと言われると、そういう問題じゃないとしか言いようがなくなってくるが。


・Dororonえん魔くんメ~ラめら

今期のレトロ枠。

良くも悪くも「昔のアニメ」っぽさを醸し出しているアニメ。
それと随所にパロディやエロネタが散りばめられており、
「永井豪テイスト」を存分に味わうことが出来る。永井豪好きにはたまらんアニメである。

…で、「真マジンガー 衝撃!グレート編」の放送はまだですか?


・電波女と青春男

今期のピピピ電波枠。

青春の謳歌を目論む少年と、言動が非常にアレな母娘(?)の掛け合いアニメ。
「化物語」を彷彿とさせるセリフ回しの上手さが光る。
もちろんストーリーとしては意味不明な分類に入るが、
セリフの掛け合いが中心であり、話の転がし方は二の次なのだろう。


・星空へ架かる橋

今期のハーレム枠その1。

実にベッタベタなギャルゲー展開を見せるアニメ。これもそうとしか言いようがない。
特にヒネリを入れているわけでもないので、見やすいけど印象には残りにくい。



[きんようび]

・30歳の保健体育

今期のホニャララ枠。

30歳[ホニャララ!]と30歳[ジシュキセイ!]のちょっとエッチでピュアなラブコメディ。
ほぼ全編に渡り[ピー!]が全開である。あまりに多すぎてなんのこっちゃわからんくなるレベル。
まあそれでもアニメはどうにかこうにか見れるモノではあるが、
実写版である「いのこり!30歳の保健体育」が超絶的なカオスを撒き散らしていた。
かつてこれほどまでに15分(正味12分)が長いと感じた時はなかったであろう。
その内容は歴戦の猛者であるネット常駐アニオタ連中をも片手でヒネるほどの戦闘力。
視聴しているその姿は修行ではなく苦行と喩えられていた。

…あまりにもあんまりだったためか、実写版は1話限りで打ち切られてしまった(?)が、
無くなってしまうと、逆に物足りなくなってしまったのは気のせいだろうか…?
あの地獄の底での苦行に戦々恐々としながらも待ち構えるのがクセになっていたのかもしれん。


・神のみぞ知るセカイⅡ

今期のハーレム枠その2。

分割2クールの後半。
1期に比べて、主人公の桂馬のキチガイっぷりが若干ナリを潜めており、
ブッ飛んだ理論(桂馬語録とか)を見る楽しさは減ってしまったかもしれない。
とは言うものの出来としては相変わらず高いレベルにある。

…ところで、OPを見る限り、攻略するヒロインが3人しかいないんだが…
原作の半分にも届かないけど、3期もやるってことなのだろうか?


・そふてにっ!

今期の部活動枠その1。

ソフトテニス部を題材にしたエロコメ有りのゆるゆる系アニメではあるが、
思っていたよりもソフトテニスをしているシーンがあった。
インドア系部活動アニメ「けいおん」に対するアウトドア系部活動アニメになるのかもしれない。

…余談だが、私は学生の頃ソフトテニス部だったので、実はこのアニメをかなり楽しみに見ている。
ところどころに織り込まれているソフトテニスあるあるネタが楽しくてしょうがない。


・まりあ†ほりっく あらいぶ

今期の妄想戦士枠。

今期のロッティングガール向け枠のアレとは真逆のアニメ。
とはいえ、特にユリユリしているわけではなく、かなりコメディタッチに描かれているので、
気楽に見ることができる。



[どようび]

・TIGER&BUNNY

今期のヒーロー枠。

アメコミチックな造形のヒーローに、現実に存在するスポンサーロゴが
そのまま貼りつけられているのが印象的なアニメ。
いったいどれほどのマネーが動いているのか気になる。
一社だけ漢字である「牛角」の浮きっぷり…もとい、存在感もなかなかパない。
内容自体はなかなかどうしてベタなヒーローものの王道を進んでいる。


・DOG DAYS

今期のしょんぼり枠ファンタジー枠。

現実世界で日常を過ごす主人公が異世界に召喚されるという、
これまた王道なファンタジーもの。有名な声優さんをこれでもかとつぎ込んでおり、
「TIGER&BUNNY」とは別の意味でどれほどのマネーが動いているか気になってくる。
内容もファンタジーとしてはよくあるものではあるが、設定がかなりユルく、
どう視聴しても脱力せざるを得ない、ある意味とんでもないアニメになっている。
…戦争に負けたら「しょんぼりする」だけのアニメなんて初めて見たわ。

どうでもいいが、「TIGER&BUNNY」と同じく、劇中で実況しているアニメである。
わざわざ連続で放送することもなかろうに…


・よんでますよ、アザゼルさん

今期の魔人探偵枠。

魔界の住人と人間の女のタッグが依頼を解決していくという、
なんかどっかの謎を食べる魔人が出てくる漫画を彷彿とさせ…させるか?
15分コメディなので短くまとまっており、思っていたよりも見やすかった。
まあ内容はセクハラかつグロいが、次の15分枠より遥かにマシ。


・変ゼミ

今期の研究室活動枠。

下ネタ系エロコメディは「そふてにっ!」などもそうであるが、こちらはガチのド変態である。
ユルいっちゃあユルいんだが、変態ネタがガチ過ぎてリミッター超えておいおい…ってなる。
カテゴリーで言うと「30歳の保健体育」寄りか。


戦国乙女~桃色パラドックス~

今期のトランスジェンダー枠。

有名な武将を女性にするという、どっかの三国志でもあったパターン。
半年前の「百花繚乱 サムライガールズ」を彷彿とさせるアニメ。
…っていうか命名規則までほとんど一緒やないか。
見た目は非常においろけアニメではあるが、内容はバカコメディといったところ。
規制の閃光もそれほど多くはなく、もちろん墨汁が飛び散るようなこともない。
タイプとしてはどちらかというと「Rio - Rainbow Gate!」の方に近いのかもしれない。



[にちようび]

・青の祓魔師(エクソシスト)

今期のジャンプアニメ枠。

原作の1話をアニメでは2話に分割して構築しており、
ストーリー導入としては非常に見やすくなった印象がある。
…まあそのせいで1話ラストで颯爽と登場した親父が直後にCMで死んでるという
とんでもないネタバレになってしまうことにもなったのだが。
原作での展開がどうにも遅いだけに、どこまでやるのか不明だが、
おそらくはハンパなところで終わりそうな気がしないでもない。



[番外編]

・もしドラ

今期の部活動枠その2。

正式名称「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
プレステのゲーム「やるドラ」とは何の関係もない。
経営学としての「マネジメント」を高校野球に反映させて、
野球部を「経営」することにより発展させていくという内容になっている。
あくまでマネジメントが主題の内容なので、スポーツアニメとして見てしまうと
若干物足りなく感じることになるかもしれない。

…ところで、もしもこの書籍の表紙があの絵柄じゃなかったとしたら、
はたしてベストセラーになっただろうか?
実情を知らんから言うのだが、どうにもラノベ的な売れ方をしているようにしか思えないんだが。
まあそれがどうしたっていう話なんだけど。






今期見ているアニメは27本。あ…アホみたいに増えとる…
前期の18本でも多い方だろうなーとか思っていたらこれだよ!
そりゃ途中で力尽きて寝オチもするわな…



最後に、今期アニメの現在の評価を10段階で表記してみます。
もちろん高いほど面白いと思っているアニメです。





番組名評価寸評
日常8.0どう考えても日常には存在しない日常アニメ。
アスタロッテのおもちゃ!6.6釘宮さんのツンデレロリ枠。
緋弾のアリア7.0釘宮さんのツンデレロリ枠。
デッドマン・ワンダーランド7.7特殊能力バトルモノになりそうな予感も。
花咲くいろは7.8夜に放送される朝の連ドラ。
逆境無頼カイジ -破戒録篇-8.6サイコロを振る!この緊迫感!(立木ボイス)
世界一初恋6.4はたしてこのアニメを最後まで見れるかどうか。
GOSICK -ゴシック-8.8ヴィクトリカが可愛いだけじゃないってば。
Steins;Gate8.5ネット好きのサブカル好きを狙い撃ち。
C6.9キャッシュカードでバトルする遊戯王?
あの日見た花の(ry8.1みんなのトラウマは晴れるのだろうか。
俺たちに翼はない6.5主人公は1人じゃないと処理しきれん。
Aチャンネル6.6これほどまでに内容のないアニメはそうそう無い。
Dororonえん魔くんメ~ラめら6.9永井豪ワールドをお楽しみください。
電波女と青春男8.5化物語に肉薄するかどうか。
星空へ架かる橋6.6ギャルゲーのテンプレそのものなアニメ。
30歳の保健体育6.8「いのこり!」なら9.5。(マイナスだが)
神のみぞ知るセカイⅡ8.3神にーさまの暴走が見たい。
そふてにっ!7.5ソフトテニス部だった私にはたまらんアニメ。
まりあ†ほりっく あらいぶ7.4男性キャラが出てこないわけではない。
TIGER&BUNNY7.9宣伝費用はおいくらでしょうか?
DOG DAYS8.2今期最強しょんぼりアニメ。(ホメ言葉)
よんでますよ、アザゼルさん7.1セクハラ下ネタグロネタを取り揃えております。
変ゼミ6.6ガチ過ぎる下ネタにお腹の具合が悪くなる?
戦国乙女6.7深く考えてはいけないアニメ枠。
青の祓魔師7.7テンポが良い。…原作のテンポが悪いだけ?
もしドラ7.0野球部経営アニメ。



それにしても、これだけ多いと感想をつけるのも一苦労やな…
削ったほうがいいんだろうけど、見れるアニメは見ときたいという感覚もあるしな…

まあこれでも削るところは削ってるんですけどね。
ユルアニとかスケットダンスとか見てないし。

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。