スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1093話「ホールディング・セレモニー」

どうも、いろいろとマヒしているルイナです。

もう何が不謹慎で何が配慮なのか…わけがわからないよ。

…って、これ以上やるとそのうち不謹慎でネタに走りそうな(もうすでに走ってるような)
気がするので、えーかげんにしとこう。


さて、本日より春の選抜高校野球が開催されました。
開会式を大幅に短縮し、被災地への配慮を見せた大会となっております。
阪神淡路大震災が起こったのが16年前であり、その年に生まれた選手が
阪神甲子園球場の舞台に上がるというのも、何かの縁を感じるところです。

配慮という面では、開催自体を見送るという話も挙がっていました。
ですが関西は震災の影響がほとんど無く、関東のように電力が足りないというようなことも
ありませんので、自粛するよりは開催して高校生の元気な姿を見せたほうが
被災地へのエールになるということで開催に踏み切ったという顛末がありましたね。

…まあさすがに日本橋のストリートフェスタは中止になったんやけどな…
どうでもいいですが、ストリートフェスタがあるもんだと思い込んでいたので、
わざわざお仕事を早退(午後休)して日本橋に向かったら何もなかったというオチ。
よく考えなくても無いだろうことはカンタンに予測できたものを、
なぜかそこにアタマがまわっていなかったわたくしルイナさんでしたとさ。

って、そんなことは本当にどうでもよくて、
今回は地震発生後、迷走を続けているプロ野球のお話。

セリーグ開幕論争 「伝説のプレーヤー 日本プロ野球」
セ、予定通り25日=パは4月12日に延期-プロ野球開幕 「switch - pitcher's blog」
(元記事作成当時はセ・リーグは3/25開幕。現在は3/29開幕予定に修正)

いろいろと話題が紛糾しているプロ野球。
オープン戦開催中にして、開幕まであと半月といったところでの大震災、
これにより球史においても類を見ない混迷の真っ只中に陥っております。

まさしく被災地に本拠地のある楽天、関東にある西武、ロッテを含むパ・リーグは
早々に開幕を4/12に延期しましたが、セ・リーグは「球界の盟主」巨人の意向で
通常通りの3/25開幕を発表。延期はしないとしました。
しかしそこで文部科学省から通達を受ける事態になり、代案を出したのが3/29開幕。
1カードだけ遅らせるという、なんというか雀の涙のような代案をセ・リーグは出しました。

当然ながらセ・リーグの決定には文部科学省という国からの通達もありましたし、
選手側も、挙句の果てにはファンすらも疑問視しているという状況ですね。


感情論で語るならば、よく言われる「配慮がなされていない」ですとか、
「こんな時にやってる場合じゃない」という意見が出てくるところですが、
まずは「何故に『3月25日開幕』を貫こうとしたか」から切り込むべきでしょう。

言うまでもなく、プロ野球は「営利団体」です。慈善事業じゃありません。プロですから。
いわゆる「職業野球」というやつですね。
野球をやらなければ給料(年俸)を稼げないですし、
試合を開催しなければ興行収入を得ることも出来ません。
また、開幕を延期すればするほど日程が詰まってくる、または試合できる日がなくなってきます。
そうなると試合開催数に影響を及ぼすので、稼ぎが少なくなってくることに繋がるのです。

楽天のように本拠地が使いものにならず、試合開催そのものが不可能であればまだしも、
他球団はそこまでの惨状にあらず、やろうと思えば野球を開催できる状態です。
であれば、利益を追求することに基づき、開催するという運びになるのは
ある意味では当然の流れです。


上記の流れに関しては、もちろん「空気」は無視して話しています。
まあ私も何度か言っているように、「出来る状態にあるのにやらない」というのは
経済の回転を考えると好ましくない対応であると思います。
不謹慎とか言ったところで、停滞することが正しいということにはならないのです。

それでも、今回のセ・リーグの決定には批判が相次ぎ、国までもが動くことになりました。

それはひとえに「電力不足」という問題があるからですね。


大地震による福島原発の被害などにより、関東以北は絶対的に電力が不足する事態となっています。
また、これから春が過ぎ夏場を迎えるにあたり、さらなる電力使用が見込まれ、
非常に切羽詰った状態になっている現状です。

そこで、現在の電力不足を解消するため、また夏場・冬場のピーク時を乗り切るために
現時点からすでに「関東一円への計画停電」が行われています。

セ・リーグの巨人やヤクルトは東京に本拠地を構え、東京電力の影響下にあります。
球場をナイターでフル稼働させるとどうなるか?
当然、バカスカ電力を食ってしまうわけですね。せっかく節電しているのにもかかわらず。

問題視されるのはここなのです。

「開催すると、間接的に周囲の一般人に迷惑を掛けることになる」のです。

被災地への精神的な配慮が問題になっているのではなく、
計画停電区域内の住民の生活に負担を掛ける結果こそが問題となっているのですね。



以下は私の雑感です。

関西などの西日本では電力に関する問題はないので、
どうしてもやりたければ西日本で開催するしかないんじゃないかなーと思いますね。

事実、楽天は緊急措置としてほっともっとフィールド神戸(元グリーンスタジアム神戸)に
本拠地を一時的に移していますし、東日本での野球開催は付近の住民への負担が
かかることになるので、避けたほうがいいと思います。
球場の収益を考えると、試合をしないというのは大損益になってしまうでしょうが、
そこはもう後に補償するという形を取るしかないんじゃないかと思います。

…って言ってもね、なかなかそうはならんだろうなーとも思うわけですよ。
なんちゅーか、「東京こそが日本の中心だ!」っていう意識ってあると思うんですよ。
「何が嬉しくて西日本のような僻地に足を運ばねばならんのだ!」みたいな意識。
選手やファンはそこまで思わんでしょうが、「上層部」の人間は、ね…
特に対象になってるのが巨人でしょ?( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

144試合にこだわる必要も、私は無いと思っています。
ちょっと前までは130試合だった頃もありましたし、当時はそれで記録も残っていたんですから。
(安打数など試合数により記録に影響が出る項目もありますが)
交流戦も、いっそのこと今年は開催しないという手もあると思います。
…まあ、試合数が少なくなるとまた「収益」の話になってくるんですが。

選手やファンの心理としても、今年は気もそぞろな部分が出てくるんじゃないかと思います。
なかなかモチベーションを維持するのが難しいシーズンになるんじゃないでしょうか。







以下、黒に近い灰ルイナ。


選手会の会長してる新井選手が「ストライキはしない。悲しむのはファン」みたいなことを
言ってたけど、ぶっちゃけた話、ストライキしてもいいと思う。
ってゆーか、したら面白いことになると思う。

私は野球ファンですがストライキなんてことになったら正直(・∀・)ニヤニヤ が止まらんと思う。
あれですよ、乱闘騒ぎに+(0゚・∀・) + ワクテカ + するような感覚ですよ。
少なくとも悲しんだりはせんなぁ。完全にヤジ馬根性ですね。

また「たかが選手が!」って言われるんかなー?


あと、セ・リーグが3/25に開幕するって発言してからずっと言い続けてるんだけど、
やったらええと思うねん。ナイターで。フル活動で。計画停電なんて気にせずに。
そのかわり、いつもどおりに観客が入るとは思わんけどね。

ってゆーか「開催したのはいいけど全くの閑古鳥状態」っていうシナリオが
たぶん一番面白いよなー。国や住民に迷惑をかけまくった挙句に観客もいないみたいな。
そうなってくれたらもう大笑いするよ。まさにザマァ(AA略)みたいな感じ。

…選手からしたらたまったもんじゃないでしょうけど。





次回予告ッ!
混迷を極める大地。
今日もまたどこかで音もなく崩れ去っていくのであった…!!!
次回、「エムゼロ」! 漫画はかなり好きでしたよ。

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。