スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1089話「VOLUNTARY RESTRAINT」

どうも、空気を読むという社会生活必須スキルを微塵にも持ち合わせていないルイナです。

そろそろ1週間経った頃だし、ガシガシとアホ更新を吐き出していっちゃるぜ!


…とまあ、直接的な被害を全くと言ってもいいほど被っていないから言えるセリフなのですが。
不謹慎だ!と言われても何も反論できやしねぇでやんすよ。
慎みを持っていたらそもそもサイト更新してないわ!
…って意味のわからん逆ギレをしてみたり。

…まあどっかの最終個体のパチもんみたいな言い回しはともかく、
ここのところテキストが…っていうか更新自体がハンパになってましたね。
ムダに忙しかったり予定を取られたりして更新するヒマと体力が失われていたんですよ。


地震による自粛ムードは関西のウチの仕事場にも波紋を広げておりまして、
この1週間は全部強制的に定時上がりになりましたね。
平日の真っ只中に定時に会社を出るなんて少し前までは考えられませんでしたよ。

…ん?定時上がりなのにヒマがないってどういうこっちゃねんってか?
そりゃおまえ、ヘンに時間できたら「お誘い」が来ちゃったりするもんだよ。
別にヤラしいアレではないですけど。

それに根本的なところを言うと、強制的に定時上がりになったからといって、
仕事の量も自粛してくれるなんてことはないんですぜ。
むしろシワ寄せがアホみたいに寄りかかってきててんやわんやですよ。

だもんで、普段より早く家に帰ってるはずなのに、疲労度はいつもと変わらんどころか、
むしろ余計にしんどくなっているような気さえしますね。
そもそも仕事の量が多すぎるってところには誰もツッコまないのが現実世界ェ…

ただでさえ時間とヒトが足りてないのに、余計に時間を削られるとか
もうわけがわからないよ。…と、どっかの淫獣のごときセリフを吐いてみる。


…おっと、地震の影響の話だったな。

関西は被害が殆ど無かったこともあって、当然ライフラインが寸断されるなんてこともなく、
街並みはいつもと殆ど変わらない状態ですが、変わったところといえば、
募金活動をしている集団をそこかしこで見かけますね。
もちろん地震の被害に遭った人と地域のための義捐金を募っているわけです。

一箇所でならまあちょっとくらいは募金でもしようという気になりますが、
これがそこらじゅうで展開されると、ぶっちゃけツラいもんがありますね。
外を歩いていて、行き先に募金箱ばっかりあったって、それら全部に募金を出来るほど
フトコロはあったかくない…いや、やろうと思えば出来ますよ。
出来ますけど、それが行く先々で、そして毎日募られていたら
私のフトコロがそのうち枯渇するから、どこかではスルーしちゃうわけですよ。

で、スルーしたらしたで、今度はすごいバツが悪いような気分にさせられるのです。
罪悪感のような感覚ですね。自己嫌悪とも言えるかもしれない。
またそんな時に限って自分の前を歩いてる人が募金入れたりするから余計によう。

それに加えて、ヒネクレ者のわたくしルイナさんは、募金箱をもって声を張り上げてる
ボランティアの人とか小学生とかを見るにつけて、
「この子たちは純粋にボランティアとして自発的に立ち上がったのか、
 それとも先生とかに『やりましょう!』って言われたからやってるんだろうか?
 やりましょう言われてやらんなんて言ったら非国民的扱いだよな…」

なんてことを考えてしまうという不謹慎人物っぷりをいかんなく発揮してしまうのでした。


…言っちゃいけないことを言ってしまったような気もするが、次に行こう。

そろそろ民放各局もCMを打つようになって、番組も順次元通りになっていってますね。
テレ東系列のブレなさはもはや伝説的ですが、民放もいつまでも自粛してたら
経済活動や収入に関わってきますからね。どこかでは元に戻さないといけない。
いつまでも公共広告機構のCMばかりだと、最後の「エーシー♪」にイチャモンつけてくる
ヒトとかが出てきちゃいますからね。そういやアレいつの間にか言わんくなったよな…

前回のテキストでも書いたと思いますが、各局が横並びで地震報道ばかりだと
気が滅入ってくるというのもありますからね。
暢気と言われようとも、通常の放送をするというのは大切な事なのです。

そういう意味ではこの1週間は「異常」だったんですから。
特別報道番組をやっているというのは、状況から考えると当然ですが、
常態から考えると異常にほかならないんです。
…まあ、異常も慣れてくるとそれが常態になってしまったりもするんですけどね。


いまだに問題山積の福島原発の件もありますし、そもそも東北地方の太平洋沿岸部は
インフラ・ライフライン共に引き裂かれている最中ですから、
そうそう簡単なことではないんですが、一刻も早く元通りとは言わないまでも
問題なく日常を送れるようになってほしいところです。
…遠巻きにいる人間からはこの程度のあってもなくても変わらんような
しょーもないエールくらいしか送れないんですが。

なにはともあれ、早いところいつも通りになってほしいですよ。
そうじゃないとアニメが通常通り放送されないでしょう!!!
録画をミスらんように放送時間を把握するの結構大変なんやで!!!




次回予告ッ!
とんでもなくヒドいオチで締めた管理人!
いろいろな意味で中止にしたほうがいいんじゃないかという声が上がるのもムリはなかった!
次回、「後の祭り」! そもそも後がない?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。