スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1072話「オーディナリィ・オブスキュリティ」

どうも、平々凡々なルイナです。

人生も平坦に進んでいきたかったんですが、どうしてこうなった…?
平穏に生きることの何が悪いんだよう!


…よくわからんグチりかたはともかく、本日(昨日?)のネタ。

平凡で無名な人が個人blogを続ける際の覚え書き 「hrkt0115311の日記」

この世の人間の99%は平凡で無名の存在です。
当然の如く、そんな人達がサイトを続けたところで有名サイトになれるはずもなく。
サイトの知名度は中の人の知名度とニアリーイコールなのです。

だからっつって、「意味が無いしムダだからやめろやめろ!」なんて言われる筋合いはないのです。
無名で何が悪い!というふうに、気にするこたァないのですよ。


さて、元記事ではいろいろ項目を挙げておられますが、ここでいつものコーナーである、
「元記事で挙げられている項目に対してコメントをつけていこうのコーナー」を開催しますよ!

てなわけで、イカから…もとい、以下から。





・長くblogを続けるなら意識すべき三つのこと

・blogが好きなこと
・「書く習慣」を身につけること
・blog界隈の話題に「いっちょかみ」する反射神経をつけること

好きでないモノを趣味とは言いません。
趣味とは好きであり、やってて楽しいと感じられるモノを指すのです。

そして3つ目の意識は、なんていうか「広く浅く」を心がけるということでしょうか。
深く考察するのも良いですが、ついてこれる人を選んでしまうかもしれませんね。


・エントリタイトルは、できるだけ本文と連動していた方がいい

ギャフン!!!

…い、いや、これでも本文の内容に準じたタイトル付けてるんですよ実は!
今回のタイトルみたいにあまり聞いたことのない英語を使ってる場合でも、
ちゃんと意味を考慮した上で付けてるんですから!

しかし、受け手に伝わらなければ何の意味もなかったのであった…


・書き手の得手不得手について

何が得意かって言われると、なんだろうなぁと頭をひねってしまいますね。
何が苦手かって言われると、やっぱ政治ネタは苦手ですね。

ニュースサイトやるんだったら政治ネタにもある程度明るいほうがいいとは思いますが…


・表現・文体について

基本的には「です・ます調」ですが、ところどころで「だ・である調」になりますね。
特に意味はないんですが、ツッコミ入れるときは後者になりますかね。

ちなみに毒舌口調ですが、これは相当上手く扱わないと評判悪くなるので要注意ですよ。
愛と説得力の無い毒舌はただの暴言なのです。


・集客について

大手ニュースサイトの中の人とネンゴロに…げふんげふん!!!
話題のネタ、流行りのネタに食いつけば検索でヒットする率が上がるかもしれません。
ただしかなり素早く動かないと効果は薄いでしょうね。


・「べからず集」

・どう読まれるかをコントロールしようとしない(できると錯覚しない)

どう読まれるかを考えるんじゃなくて、自分が何を言いたいかだけ考えとけばイーンダヨ!
究極的には、他人のことなんか知ったこっちゃないんですよ。
それを考えることで自分の持ち味が薄れてしまったらまさしく本末転倒なのです。


・訂正・謝罪をうやむやにしない

ネットもリアルもそこはいっしょ。


・自分の防御力を過信しない

防御力よりも回避力のほうが重要なステータスなのです。


・「関わらない」と決めた相手のコンテンツを見ない

関わりたくない相手にわざわざ関わりに行ってどうするよ?


・過去ログを消さない

昔の考えと今の考えが変わったって(・∀・)イイ!!んですよ。
素知らぬ顔して「あの時はそうだったけど今は違うんです」と言い切っちゃえばいいんです。
むしろ、永遠不変であることのほうが気味が悪い場合だってあるんです。

過去ログは積み重ねられた歴史ですが、所詮は過去の遺物でもあるのです。
それに囚われて現在の行動が縛られるなんてぶっちゃけアホらしいことなのです。


・「負の反応」が辛い時へ

ネガティブワードってすんげー尖ってるから恐ろしいですよね。
アレって凶器ですよね。目に見えないからそう思いにくいんだけど。
てゆーか、目に見えないからこそ、振り回すことに躊躇いがなくなってるんですよ。
もしも言葉の暴力を可視化(テキストではなく、3次元的に)できたなら、
もうちょっと言葉を選んでくれるようになるかもしれないと思うんですが。

話がズレまくってますが、ツラいなら逃げるのもひとつの手です。
熱りが覚めたら、また戻ってくれば良いだけの話です。





まあ結局は自分のやりたいようにやるのが精神衛生上よろしいでしょう。
もちろん他人に迷惑をかけるのは論外ですが。

そもそも平凡で無名な有象無象なんだから、あーだこーだと色々なパターンを想定したところで、
それが現実になる可能性は限り無く低い…ゲフンゲフン!!!



次回予告ッ!
最終的に暴言で締めた管理人!
そんなことをやっていると手痛い反撃を食らうだろうと予測した管理人は
守りを固めにいくのであった!!!
次回、「ダブル・シールド」! 盾を構えてそのまま突撃するのはれっきとした戦法。

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。