スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第987話「ポジティブシンキング・オーバー」

どうも、暴走気味のルイナです。

そろそろアレに対するカウントダウンが始まることから、
やらなければならないことを処理していかないといけないので、
しょーもない前置きは無しで本題行きまっせ!

ポジティブ教ってダルいな 「切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog」

ポジティブシンキングに対する斜め上というか穿ったというか、冷静な視線を送る記事。

ネガティブシンキングに凝り固まって沈みまくるのもよろしくないですので、
ある程度は楽観的というか、前向きな感覚を持つのは精神衛生上好ましいことですが、
やり過ぎるとウザったくなるというか、お腹いっぱいになるんですよね。

これはクスリ…ゲフン、薬と同じで、適量を処方すれば効果は覿面なんですが、
適量を越えて注ぎこみすぎると逆に体に毒になってしまうのです。

ポジティブシンキングというのは精神の薬みたいなものなのです。



…ちょっとマテ。なんかもうものすごくキレイにまとまったみたいなやったった感があるんだが、
まだ数行しかテキスト書いてへんがなw

とはいえ、もういいたいことは9割方言っちゃったので、
ここはいつもどおりに、元記事の項目に対する個人的ツッコミを入れまくるコーナーで
お茶を濁しまくるとしましょうか。





>#1:まず動く!

いやまあ初動が大事だとは私も思いますけど、だからっつって考えなしに動くのは
いかがなものかと思うのです。この言葉をかけてあげるべきヒトというのは、
「動こうという素振りを見せているのに動かないヒト」なんですね。

…それって私のことかw


>#2:苦労を楽しむ

これを一言で言うとドMってやつかw
苦労した経験は後に武勇伝に昇華する場合もありますが、
苦労してる最中はとっとと終わってくれと願ってやまないものです。


>#3:ストレスを正面から受け入れる

これを一言で言うとドMってやつかw(2回目)
ストレスを克服すると後に武勇伝として語れる場合もありますが、(これも2回目)
ストレスを受けている最中は地獄にも等しき状況に他なりません。


>#4:学習スタイルを矯正して不得意を克服する

言いたいことはわからんでもないけど(要するにニガ手な分野は学習の仕方を変えることで、
すなわち視点を変えることで道が開けるっちゅーことじゃない?)、
長年のスタイルというのは自分に最も合ったやり方でもあるから、
それを変えるとデメリットになる場合もままありますよね。


>#5:「イメージ力」を養って迅速性を高める

これも言いたいことというのは要するに「先読み力」のことだと思うんですが、
想像はあくまで個人の想像でそれが正しいとは限らないから、暴走しないようにね。


>#6:類推する力を高めて感性を磨く

これも言いたいことというのは要するに「先読み力」のことだと思うんですが、(また2回目)
元記事にもあるように、失敗するヒトってのは能力などが不足している場合もあるわけで、
類推すなわち先読みができないから失敗するというのは言いすぎでしょうね。


>#7:直感と論理的思考を使い分ける

マネージャーやゼネラリストの多くは直感を重視してるのかもしれませんが、
そうじゃないヒトはどうなのか?


>#8:視野を変えて思考を深める

言うのは簡単だけどやるのは難しすぎる言葉の代表例「視野を変える」いただきました。
他人のサポートがある場合ならともかく、自分ひとりだとなかなか視野ってのは変わらんもんですよ。
自分の世界の外側に踏み込むのは並大抵の労力では済まないのです。


>#9:集束力と発散力を複合的に発揮する



…???

…この項目は正直言ってよくわからんかった。


>#10:自分の失敗を深刻に考えすぎない

ナニクソと思う反骨心あふれる人間と、そうは思わない人間がいるということを忘れがちですよね。
叩けば出る杭もあれば叩いたらそのまま沈む杭もあるのよ。
沈む杭のことを無視して話を進めていっちゃうと、その先に待つのは鬱々ワールド。





まあ何事もほどほどが一番ってやつですよ。
そもそも人間なんてモンは一元的に語れるモンでもないし。



次回予告ッ!
数学とは奥が深い学問である。
方程式が織り成す無駄なき世界はまさに学問における芸術と言っても過言ではないであろう!
次回、「A×B≠B×A」! …アレ?

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。