スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第93話「ストライクゾーンど真ん中は絶好球!!?」

おはようござんす、ルイナです。

現在私の脳ミソはとある人物にハッキングされておりましてマトモに回転しておりません。
ああ!なんてつみなひと!!!

…え?回転してないのはいつものこと?それをいっちゃあおしまいだよノビタくん(だれ)


まあそんな私の心情はともかく…


いやーしかしまーなんですな、この間なかなかすごいセリフを聞いてしまいましたよ。
正直そんなセリフはマンガだけやろと思うような。


先週のお昼の話です。


いつもどおり12時にこのブログの更新を完了させ、
お昼休みはウキウキウォッチングとしゃれ込んでいたのです。

で、いいとも!が終わるとにわかに腹の虫が啼き始め、
昼メシをかっ食らおうとしたワケですが、そのとき我が家には昼メシがぜんぜんなかった!

そこで普通の人ならば料理をするなりして昼ごはんを作ったりするでしょうが、
私は極度のめんどくさがりスキルを発動させてしまい、外食で済まそうとしたのです。
むろんジャンクフード。高級品など食えるフトコロは持ち合わせておりません。

これが全ての始まりだったのです…(あいかわらず前フリ長い)


私は近場のマクド(マックではない!マクド!)によりました。
そばにはミスド(ミスタードーナツの略)もあったのですが、マクドにしました。

で、「『Mド』って略したら『マクド』も『ミスド』もいっしょやなー」とかワケのわからん
とてつもなくしょーもないことを考えながらマクドに入り、注文して席に着いたのです。

私の視線の先には、地元の高校生とおぼしき制服姿のおにゃのこグループが
鎮座しておりました。(座った位置がそうだっただけで他意はまったくない)

それを見て私は「フッ…若いな…」とか「私にもあのようなうら若き頃があったのか…」とか
超絶的に年寄りくさいことを思っていたのですが…


そこで私が耳にしたセリフ。


女A「アカンわー、アカンねんってー。ムリムリー。」

女B「えー?なんでよー。カッコええやんー。」

女A「アカンねんって。カッコよすぎて!


コーラ吹きかけた。そんなセリフ、リアル世界ではじめて聞いたわ。


女C「なにそれー」

女A「カッコよすぎるからアカンわー。つきあえへんわー。ムリやってー」


…その後もこのようなトークが展開されてゆきましたが、ここで私は思ったのです。


ストライクゾーンに入らないと恋愛対象にはならないからもともと勝負にならんけど、
ストライクゾーンど真ん中だった場合、
打ち返されるからそれもダメなのか!!?
…と。


恋愛トーク、好みのタイプトークになった場合、
よく例えられるのがこの「ストライクゾーン」ですが、
基本的には打者の目線で見ているのですね。

で、ストライクゾーンを外れるボール球を放るような相手はタイプではなく、
ゾーンに入る球を放ってくる相手がタイプであると例えられます。
そのゾーンの広さは個人差があって、だだっ広い人もいれば
針の穴程度しかない人もいたり…です。

まあ恋愛ストライクゾーンの話はまた別の機会にするとして、
こういう例えで話すことが多いです。


しかし!先ほどの女学生Aのトークだとこの例えが当てはまらない!
なぜなら基本的に人間はカッコイイ・カワイイ人がゾーンに入るのだから!
(ブス専・ブサ専とかは今回割愛します)
カッコよすぎるようなオトコなんてゾーンど真ん中じゃないっすか!
それを敬遠するとは!ストライク取られただけやん!

…で、ここで私が思ったのは、
「今まで打者目線で考えてきたが、投手目線で考えるべきなのか!!?」と!

で、付き合えるかどうかというのは、相手からストライクを取れるかどうか!なのだと。

相手がモテまくるような人は例えるなら強打者、スラッガーであり、
ピッチャー目線で考えるととんでもなく脅威の存在になるのではないかと。

そんな相手からストライクを取るのは至難の業です。
しかもタイプだからってど真ん中の球を放るとカンタンに打ち返されてしまいます。
それでは負けです。敗北です。

だから「カッコよすぎてアカン」みたいなことになるのか…と。



…こんなどーでもよすぎることをチーズバーガー食いながら妄想していた、
恋愛スキルのまったく無いわたくしルイナさんでした。ピクルスうめぇ。

この説が正しいかどうかなんてまったくわかりません。
だってそんな経験したことないもの。グスン。



…てゆーか後になって考えてみると、投手目線なのは「告白するとき」の話であって、
「恋愛対象になりえるかどうか」の時は普通に打者目線のような気がするな…




次回予告ッ!
淡々と更新を続けている管理人。
ある日管理人はシゲキを求めて巡回に出かけたのだが、
とある撮影現場にて称号を賜るのであった!!!
次回、「お兄ちゃん、見ちゃダメ!」!よいこはオネンネのじかんだよ!昼だけど。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。