スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第975話「ルインズメモリィのイチオシ!」

どうも、押しに押されるルイナです!

って、そんなに押されてたら今ごろ有名人やっちゅーねん!



…というわけで、一人ボケツッコミを発動させつつ今回のネタ。

今、売れています!←売れてません 「茶速」

今回はこの2chスレをダシにして語るとします。

この話は何のことを言っているのかというと、
よくコンビニとかで見かける「人気NO.1!」みたいなポップアップのことですね。

人気であることを強調して、需要を喚起させる。
ヒトというものは長いモノに巻かれる性質を少なからず持っていますので、
人気がないと言われるよりは人気があると言われるモノの方に群がっていくものなのです。
ある種の集団心理というやつですね。

で、先の2chスレのタイトルの話になるんですけど、ヒネクレた考え方しかできない
わたくしルイナさんは、「人気NO.1!」っていうポップアップを見るたびに、
「ホンマに人気なんかこの商品…?」って思ってしまうのですね。

「人気NO.1!」ってなってる商品(パンとか)が私の好物であったためしがないんですよ。
むしろそれは選ばんやろみたいなモノばかりが人気。
まあ完全に個人的な好みでしかないんですけど。


そこで私は思うのです。

「人気NO.1!」とか「当店のオススメ!」ってなってる商品って、
店側が売り捌きたがっている商品ではなかろうか、と。

要するに、ほっといたらたいして売れないであろうモノを、
「人気商品」という集団心理を利用して宣伝しているのではないか…と思うのです。


…まあ別にそれがいけないことというわけではありませんし、
販売戦略として多少の誇張宣伝はあって然りだとも思いますけどね。

そもそも、私の感覚が常人とかけ離れてるだけかもしれないしな!w





次回予告ッ!
ヒトは何かしら内に抱えるものを持っているものである。
往々にしてそれには気がつかないものであるが、
それに気づいて神の領域に一歩近づく者も確かに存在するのであった!
次回、「何かを持っている管理人ルイナ」! 持つ者、持たざる者、モテざる者…

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。