スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第952話「ダイエットは苦難の道?」

「人間ってのは、如何にラクができるかを常に考えているんだよ!!!」

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ (`・д´・ ;)




…というわけで、久しぶりにこんな入り方をしたルイナですが、
こういうスタートをするときは基本的に元ネタのないテキストになります。

さて冒頭の宣言(?)ですが、これはもうくつがえしようのない事実であるとともに、
人類の歴史そのものなんですよね。

たまに電気マンセーネタの時に言いますけど、もう我々現代人は石器時代には戻れないのです。
石器時代はおろか、20年前の生活水準にすら戻れはしません。

なんで戻れないかっていうと、それはもう「不便」の一言なんですよね。
便利であるということは、それだけ余計な労力を費やさなくて済む…
要するにラクができるということです。

人類は今現在よりも楽になりたいために、グータラしたいがために、
数々の発明を世に送り出していったのです。
楽にご飯が炊けるように炊飯器が作られ、楽に洗濯ができるように洗濯機が作られ、
楽に移動するために自動車・電車が作られていったのです。

これら生活必需品やインフラ・ストラクチャーが無い世界など、
もはや想像することもできなくなっているのです。あって当たり前、それが当然の世界です。
昔の生活水準に戻れると豪語するような人は今から1ヶ月間文明の利器を全て捨ててみてください。
あまりの不便さに発狂することでしょう。


…えらい長いこと前フリを語ってみましたが、要するに人間はグータラしたいのです。
何もせずに目的が達成できるなら、何もせずにいられるならそれが至上の喜びなのですよ。

…なんかニート万歳みたいなことを言ってるような気もしてきましたが、
本題はそうではなくて、人間はラクがしたいというところです。

そう、ラクに出来るのならそちらの方が明らかによろしいのです。
何が悲しゅうて苦行を受けなならんねん、というのが本音なわけです。


だからこそ、この世にはダイエット法が数限りなくあるのですよ!


ダイエットしようと思ったら、やるべきことはたった2つだけなんです。
食う量を減らして、とにかく長時間歩く(走る)。この2つだけです。明らかです。
この2つを徹底的に順守すれば絶ッ対にダイエットできます。断言できます。

でも、世の中のヒトたちはこの方法はあまり取りません。
この方法でダイエットする人は多くないのです。


それはなぜか?


答えはたった1つ。しんどいからです。


効果があるとわかっていたとしても、苦しいことはやりたくないのです。
苦しんでやるくらいなら、他の方法を探すのです。よりラクでかつ効果が出る方法を。
だからこそ、この世には数限り無く新たなダイエット法が生み出されてくるのです。
そのほとんどが、あまり苦しまずに出来るものなのです。

「食うな!走れ!」みたいな原始的方法はお呼びではないのです。しんどい時点で却下なのです。

世の中のヒトが求めるのは、「ラクにダイエットできる方法」なのですよ。

そして冒頭の結論に戻るのです。




次回予告ッ!
グータラがしたくてたまらない管理人!
しかしグータラしていたとしてもナゾの力によって
逃れようのない現実に引き戻される運命なのであった…!!!
次回、「ミステリアス・ユニバース」! ピラミッドパワー?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。