FC2ブログ

第1576話「ユア・メモリィ」

どうもルイナです。

今、巷でホット(?)な映画「ドラゴンクエスト Your Story」を見に行きました。


この映画はRPG「ドラゴンクエスト5」を原作とした3Dアニメ映画であり、
あの「ドラクエ」の映画ということで非常に注目度の高い映画でした。

…が、封切られるやいなや、主にネットの評判では賛否両論が相次ぎ、
絶賛している人もいれば、おもっくそ叩いている人もおり、
それがまた両極端なため、私の初感は「なんやこの流れは…」という感じでした。
世の中、評判の常として、貶す声の方が大きく聞こえるものではありますが、
ネタバレ感想などをいくつか見てるとあまりにもあんまりな感想が多く、
私としては「これはむしろ実際に見ないとアカンやつでは…?」という思いが
ふつふつと沸き立ったのでした。



ぶっちゃけた話、私はこの映画の公開情報が出た時点で、
見に行くつもりは全くありませんでした。
どうあがいても自分の中のドラクエ5の思い出に勝てるわけがないという理由からです。

このサイトでも過去に何度か語ったことがあるんですが、
私は「ドラクエ5」が人生で最も好きなゲームです。
誇張なしに私の人生において最高のゲームだと今でも思ってます。
SFC版をリアルタイムでプレイしていたのはもう20年以上も前ですが、
周回した回数なんて覚えてないくらい何度も何度も繰り返しプレイしていて、
今で言う「縛りプレイ」としてスライム系のみでクリアするみたいなプレイもしてましたし、
当時流行った「同じ仲間モンスターが2体いれば裏技でレベルを最大まで上げられる」
というバグを使わず、スラリン(仲間になるスライムの1匹目の名前)のレベルを
99まで地道に上げようとするプレイ中に、レベル73でデータが消えてしまい、
ガチで泣いた記憶は未だに覚えていますし、その後もう一度やり直して、
レベル88まで上げたデータが再び消えてさすがに断念したりもしました。

また、このドラクエ5はPS2とDSでリメイクされており、こちらも当然プレイ済です。
リメイク版は会話システムがあるので人間キャラを各地に連れ回しまくってました。
DS版で嫁候補として追加されるツン成分97%のデボラを嫁にして、
ラスボスのフロアで会話したときのデレっぷりの破壊力たるや筆舌に尽くし難い。
今ではさすがにプレイしてはいませんが、ニコ動とかの実況プレイ放送とかはよく見てます。

ドラクエ5の素晴らしいところは、映画の「ユアストーリー」というサブタイトルにもありますが、
ゲームのプレイ経過がほぼ確実に「同じ結果にはならない」というところにあります。
ドラクエ5の目玉システムである「仲間モンスター」システムがその一端を担ってますが、
簡単に仲間になるスライム(確率1/2)とか、ある程度仲間になりやすくて、
それでいて強いことがわかっているスライムナイト(確率1/4)などは
ほとんどのプレイヤーが仲間にしてるでしょうが、はぐれメタルやキラーマシンなど、
非常に仲間になりにくいモンスターが仲間になる確率は1/256であり、
今で言うところのガチャゲーのSSRを引くような低確率なので、
他のモンスターは仲間にしたりしなかったり、使ったり使わなかったりで、
これだけでもプレイスタイルが千差万別になるのです。
攻略チャートがほぼほぼ固まっているRTAみたいなプレイはともかく、
通常プレイならばまさに「ユアストーリー」なプレイとなる。
それがドラクエ5の魅力の1つなのです。



とにかく、私にとって「ドラクエ5」というゲームはガチで人生に影響を及ぼしたゲームです。
そんな作品のメディアミックス映画なんて、
興味はあれども自分の中のイメージとのギャップが強すぎることになるだろうと思ってて、
見に行かないほうが精神の安定をはかれると思ってたのです。

ところがフタを開けてみれば賛否両論の荒らし…もとい、嵐です。
しかも批判する人はこれでもかってくらいボロックソにこき下ろしてるのです。
「艦これ」アニメのときと似たような状況を感じたんですが、こういうのって、
「叩いていい風潮になってるので便乗して叩いている」
という流れが往々にしてあるので、見るつもりがないところから一転、
「見ないといけないのではないか?見て自分の中での感想を確立するべきでは?」
という感覚になって、結局見に行くことを決意したのでした。


…というわけで前置きがアホみたいに長くなってしまいましたが、
以下に映画を見た感想を書いていきます。めったに使わない追記部分に感想を書くので、
トップページから見てる人は「続きを読む」をポチッと押してください。
もちろんネタバレ全開ですので!

それではどうぞ。


続きを読む »

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記