スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1523話「スイープ・メモリィ2013」

どうもルイナです。

本日が正真正銘2013年ラストの更新となります。
数年前までは大晦日は自分の書いたテキスト記事をまとめていたんですが、
今年に入ってからはもうほとんどテキストを書かなくなったため、
どないしたもんかと思いつつ、去年と同様に今年閃光のごとく一瞬だけ流行った言葉の
メモを残していましたので、それに解説をつけることで今年のスイープとします。





[1月の流行語]

・マクド60秒サービス
   …今年の初めにマクドナルドで行われたサービス。
    注文を受けてから60秒以内に商品を提供出来なければ
    ハンバーガーの無料券をプレゼントするという企画である。
    接客のスピードアップによって客がカウンター前で待機する
    時間を削減して回転率を上げようという目論見だったが、
    店員側としては何とか60秒で出そうとした結果、
    ハンバーガーの形が崩れたり中身がこぼれたりなど、
    商品が雑な感じになってしまうことが頻発し、
    サービスを提供する側としてそれは果たしてどうなのかという
    疑問が浮かび上がった。
    客側も「60秒サービスとかいらんから普通に接客して
    普通にバーガーを出してくれよ」という声が上がったとかいないとか。
    なお、60秒で商品を出せた場合でもコーヒーの無料券がもらえた。


[2月の流行語]

・丸坊主で謝罪
   …AKB48のメンバーのひとりである峯岸みなみさんが、
    写真週刊誌にとあるダンサーとのお泊りをスクープされ、
    その対応として頭を丸刈りにして謝罪したという騒動。
    峯岸さんは研究生に降格される処分を受けるのであった。
    アイドルの恋愛禁止の是非について紛糾したこともあったが、
    直後に丸坊主をあまり気にしてなさげな動画がアップされ、
    「結局はパフォーマンスだったのか?」という疑惑も浮かんだ。
    なお、今年の8月に峯岸さんはAKB48の正規メンバーに復帰。
    ホトボリというモノは半年で覚めるモノのようである。


[3月の流行語]

・いつやるの?今でしょ!
   …有名予備校の東進ハイスクールのカリスマ現代文講師として
    何年も前から名を馳せていた林修先生の決めゼリフから。
    このセリフ自体は何年も前から使われていたのだが、CMなどで使用されると
    瞬く間に世間に広まっていった。テレビの影響力たるや未だ衰えずである。
    挙句の果てには林先生自身もテレビ番組にどんどん出演していくようになり、
    他にもいる東進ハイスクールの名物講師とともに引っ張りダコとなっていった。
    その宣伝効果はもはや計り知れない。
    それにしても、「今でしょ!」があまりにも使われまくったせいで、
    もはや芸人の一発ギャグ的なノリに近くなっているような気もする。
    来年になってもこの言葉が生き残っているかどうかは非常に怪しいところ。
    まあ林先生自身は元々予備校の講師が本業でありそれで生計を立てているので、
    別にテレビの仕事がなくなろうがどうってことはないと思うが。
    …そういえば、昨年の芸人枠「ワイルドだろぉ~」はどうなった?
    一昨年の芸人枠「ラブ注入」はどうなった?
    3年前の芸人枠「ととのいました」はどうなった?
    なお、ネタとして「居間でしょ!」とか「暇でしょ!」みたいな変形もある。


[4月の流行語]

・激おこプンプン丸
   …とても怒っている様子を指す言葉。
    元々はギャル語で怒っている様子を指す「おこ」から来ており、
    「おこ」→「マジおこ」→「激おこプンプン丸」→「ムカ着火ファイヤー」の順に
    怒りっぷりのグレードが上がっていく。
    中でも激おこプンプン丸の微妙にリズミカルな感じがウケているのか、
    おこの活用形の中ではよく使われる言葉となっている。


・アベノミクス
   …日本経済が慢性的に陥っているデフレと景気低迷からの脱却を目的として、
    安倍内閣が掲げる経済政策の標語。
    由来は安倍首相とエコノミクスを合わせたという単純なものであるが、
    やけに語感が良くて使いやすい。
    主な政策としては「金融政策」「財政政策」「成長政略」の3つを柱としており、
    これらをアベノミクス3本の矢と呼んでいるらしい。
    1ドル70円台の超円高状態から一気に100円くらいまで円安になったのは
    アベノミクス効果なのかもしれない。違うかもしれない。
    なお「アヘノミクス」だと間寛平さんになってしまうのでご注意を。


[5月の流行語]

・従軍慰安婦発言
   …政党「日本維新の会」共同代表の橋下徹氏による一連の発言による騒動。
    「従軍慰安婦」とは旧植民地(満州とかあのへん)の女性が
    売春を強制させられた問題で、色んな意味でデリケートな話なのだが、
    橋下氏が「史実的にも(軍人に癒しを与える意味で)ソレは必要なモノだった」
    という旨の発言をしたため、まがりなりにも政治家が人権を蔑ろにするような
    ことを発言するなど言語道断という反応が相次いだ。
    この問題は橋下氏の発言もさることながら、
    そもそも従軍慰安婦の存在とその扱いにおける歴史上の真偽、
    アジア近隣諸国やアメリカとの外交上のあれやこれや、
    アメリカ軍人の日本での性犯罪や風俗業のあれやこれや、
    女性の人権問題(フェミニズム的なあれやこれや)、
    マスコミュニケーションの偏向報道、
    選挙に向けたパフォーマンスなど、
    とにかく色んな要素が入り混じりまくっており、
    非常に鬱陶しい…もとい、非常にややこしい問題である。


[6月の流行語]

・飛ぶ統一球
   …プロ野球にて用いられる公式球「統一球」の反発係数が
    こっそりと変更されていたことに端を発する一連の騒動。
    そもそも統一球とはWBCなどといった国際試合への対応、
    すなわち世界の野球への対応を念頭に置いて設定された。
    要するにプロ野球で使用される公式球を世界標準に近づけたモノである。
    低反発ゴムを使いアグリーメントにある反発係数の範囲の下限に近づけ、
    環境を近づけようと努力した賜物と言える球である。
    ところが、反発係数の下限に近づけようとした結果、製造時のバラつきで
    下限を下回るボールが多数生産されており、それが昨年、一昨年と使われてきた
    いわゆる「飛ばないボール」であった。
    それを受けて今季から(こっそりと)下限を下回らないように平均値を上げた、
    というのが日本野球機構(NPB)からの説明であった。
    ぶっちゃけた話、黙っていれば疑念はあってもバレないようなものだったが、
    なぜ露見したかというと、選手側も去年に比べて今年は打球がよく飛ぶなど、
    何か違和感を覚えたようで、選手会がNPBに詰問したところ、
    時のコミッショナーであった加藤良三氏がゲロったことで発覚した。
    当然ながら選手会側からは、選手生命に影響を与えるとか、
    出来高契約に影響があるなどといった批判が発せられている。
    …が、統一球が変わったと言っても、規定に反した球を修正しただけの話であり、
    そもそも全員横並びで去年の飛ばない統一球を使い、
    全員横並びで今年の飛ぶ統一球を使っているから、
    実は選手にとっては別に不公平でもなかったりする。
    ちなみに、今年は東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手が
    日本プロ野球のホームラン記録を塗り替える60本塁打を記録したが、
    ホームラン量産体制に入ったころ辺りから予想通りというかなんというか、
    この飛ぶ統一球の恩恵を受けているのではないか疑惑が浮かび上がった。
    とはいえ、それだったら他の選手も50本くらいボコスカ打ってても
    おかしくないはずであるが、特にそんなことはなく
    他の選手はだいたい例年通りのホームラン数に落ち着いている。
    影響が無いとは言わないが、結局は打てるか打てないかの話である。
    なお、時のコミッショナー加藤良三氏が記者会見の際に、
    「ボールの変更については知らなかった」とかいう旨の発言をしており、
    まがりなりにもNPBのトップに立つ人間がそんな大事なことを
    知らないわけが無いし知らされてないなんてことも無いだろうと、
    余計な燃料を振り撒き問題に拍車をかけてしまった。


[7月の流行語]

・パーナ
   …アイドルグループ「NEWS」のファンを指す。
    最初は普通に「NEWSガール」などと呼ばれていたが、
    シングル「チャンカパーナ」が発売されたのを機会に
    こう呼ばれるようになった模様。
    今年の7月にNEWSのライブが開催される予定だったところ、
    集中豪雨により中止となってしまい、地方から来たファンが
    路頭に迷ってしまった。中には過呼吸などの体調不良を訴える者も。
    そんなこんなで地方から来たファンは寝床を探すハメに陥ったのだが、
    Twitter等で情報が行き交った挙句、ガセ情報や犯罪紛いの勧誘など、
    情報が錯綜してえらい騒ぎになるのであった。
    ファン側もファン側で無茶な要求や寝床を提供してくれた相手に
    失礼極まりない発言をこれまたTwitterに投稿するなど、
    もうシッチャカメッチャカになるのであった。
    これら一連の騒動は「パーナさん事件」と呼ばれるのであった。


・艦これ
   …ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」の略称。
    旧日本帝国海軍の軍艦を美少女擬人化した「艦娘(かんむす)」を集めて育て、
    戦隊を編成し敵艦隊を撃沈していく基本プレイ無料のネトゲーである。
    艦これプレイヤーは「提督」と呼ばれている。
    現在も新規登録希望者が後を絶たず、運営によって登録者を制限しているほど
    盛況しているゲームである。(制限しないとサーバーがアッという間に落ちる)
    この手のゲームは「戦国コレクション」など挙げるとキリがないほど存在するが、
    艦これがやたらと盛況している理由としては、艦娘の可愛さはもとより、
    ネトゲーであるにもかかわらず対人要素がほとんど存在しないこと、
    課金しなくてもプレイ効率にさほど影響がないこと(やれば便利程度)、
    課金しなくてもレア艦がそこそこまともな確率で入手可能なこと、
    など、プレイ意欲を削がれる要素が比較的少ないことが挙げられる。
    現在ではヒットした美少女ミリタリー作品として、
    「空のストパン(ストライクウィッチーズ)」、
    「陸のガルパン(ガールズ&パンツァー)」、
    「海の艦これ(艦隊これくしょん)」という塩梅で並び称されている。
    なお、ネトゲーにしては珍しく私もプレイしている。
    名前はルイナでもjidai3でもない別のモノを使用しているが。


[8月の流行語]

・冷蔵庫に入る
   …コンビニのアルバイト店員がアイスの容器に入っている画像を
    Twitterに投稿するというふざけた行為が相次いで発生した。
    反社会的な行為にある種の武勇伝的な箔が付くと勘違いした若者が
    周囲への迷惑を顧みず行った行為である。
    当然ながら店や周囲に大迷惑を与えたことは言うまでもない。
    自らの行為が周囲に、また巡り巡って自分自身にどのような影響を及ぼすか
    本当に考慮してもらいたいものである。


・ファッキンホット
   …要するに「クソ暑い」という意味。
    元ネタは10年位前の「探偵!ナイトスクープ」のネタであり、
    外国人女性がめっちゃ熱い風呂に入った時の反応である。
    どこから持ってきたか謎であるがやたらとインパクトのある映像であり、
    文字通りクソ暑かった今年の夏にかけて貼りまくられた。


[9月の流行語]

・倍返し
   …ドラマ「半沢直樹」の主人公「半沢直樹」のセリフ。
    どこぞのガンダムパイロットの必殺技の決めゼリフからではない。
    派生として3倍返しだとかいう風にバリエーションも持たせられる。
    ただし現実社会で倍返しするのは非常にリスクが高いのでご利用は計画的に。
    バレンタインデーに対するホワイトデーでこの言葉が
    再び脚光を浴びるような気がするようなしないような。


・おこなの?
   …ブチ切れている対象に対して問いかける言葉。
    元々はギャル語で怒っている様子を指す「おこ」から来ており、
    その微妙な煽りとも取れる感じがウケているのかはわからないが、
    怒っているシーンでよく発言される。


・クッキーババア
   …ブラウザゲーム「クッキークリッカー」に出てくるクッキーを焼くおばあさん。
    転じてクッキークリッカーそのものを指す。
    毎秒数えきれないほどのクッキーを焼きまくっている。
    その単位は万や億では飽きたらず、恒河沙や那由多レベルに達し、
    日本の数の単位の限界に挑戦しているかのようである。
    クッキー増産とともにババアもどんどん進化していき、
    農家や坑夫などは序の口、異形の姿に変貌したり宇宙に適応したり、
    果てには反物質の存在にまで進化する。
    そして終いにはババアアポカリプスというファイナルモードを発動する。

    ゲームとしてはクリックしてクッキーを焼く。ただこれだけである。
    あまりにも単純極まりないゲームと呼べるかすら怪しいシロモノなのだが、
    凄まじい勢いで増えていくクッキーには妙な中毒性があり、
    まるでババアに取り憑かれたかのようにクッキーを焼くのをやめられないヒトが
    あふれかえる事態にまで発展した。
    ただしその爆発的な流行もまさに一過性のものであり、
    わずか数週間程度で一気に記憶の波に追い流されてしまい、
    既に現在では懐かしのコンテンツ扱いである。
    まさに流行り廃りの縮図といえる。


[10月の流行語]

・偽装表示
   …生産地、原材料、消費期限、賞味期限などについて、
    本来とは異なった表示を行ない流通、市販されてしまった問題のこと。
    食品偽装問題とも呼ばれる。
    特に今年に関しては阪急阪神ホテルズの偽装問題発表以降、
    芋づる式にホテルや旅館、デパートや飲食店にて問題が発覚していき、
    大きな社会問題に発展していった。
    それにしても、偽装問題が発覚した時にトップの謝罪が報道されるが、
    報道陣の追求に対して小学生の言い訳レベルの応対しか出来ないのは
    どないやねんと思わなくもない。エリートで賢いんとちゃうんかいと。
    もうちょっとマシな言い回しがあるんじゃないかと思ったり。


[11月の流行語]

・お仕置き部屋
   …ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」にて行われた、
    期間限定イベント「決戦!鉄底海峡を抜けて!」のマップにおける
    ボスルートから外れた先の行き止まりマスを指す言葉。
    特にイベント終盤の4マップ目と5マップ目でのそれを指す。
    ただでさえ道中の敵が強く攻略難易度が高いマップなのだが、
    ボス手前に分岐が存在し、ボスに向かわなかった先には
    ボスと同等かそれ以上の強さの敵艦隊が待ち構えているという構成である。
    それまでに消費した自軍艦隊にとってはまさに鬼畜といえる配置であり、
    挙句の果てには苦労して勝利しても艦娘のドロップは
    レアリティの低いラインナップであり、全くの骨折り損である。
    戦ってもオイシイことなど一切なく、多少の経験値と引き換えに
    自軍艦隊が壊滅状態に陥ることがほとんどなため、
    その姿はまさにお仕置きを受けているという表現がピッタリになってしまった。
    ボス前分岐は完全にランダムで行き先が決まってくるのだが、
    乱数の偏りがあるのかどうかは不明だが連続してハズレルートに行く場合が
    意識できるほどには多発してしまったため、
    ルートを外れた瞬間に提督(プレイヤー)の嘆きの声がこだました。


[12月の流行語]

・厳冬中日
   …プロ野球中日ドラゴンズの各選手の契約更改の結果を示す言葉。
    今季終了後、中日は監督も務めた落合博満氏をGMに据えた。
    落合氏の代名詞とも言える「オレ流」をもって大改革を進めた。
    その結果、選手たちは相次いで限度額を超える大減棒を提示され、
    最終的には総額で8億円近い減棒を達成した。
    今季の中日は4位に沈みAクラスを逃してしまったこともあり、
    落合氏は契約更改の場にて野球用具を持参して、
    「今年、このチームは何位だった?」と選手たちに問いかけたのであった。
    こんなことを落合氏に言われたら選手は何も言い返せないだろう。
    逆に言えばこんな交渉は落合氏にしか出来ない芸当である。
    他球団がこれを真似たところで絶対に上手くいかないだろう。






なんとか2013年中に更新できた…
即席だったので間に合うかどうかスピード勝負な感じでしたが。

とにもかくにもこれにて2013年の更新ラストです。
それでは来年またお会いしましょう。次の更新がいつになるかナゾですが。
来年更新するかどうかすら怪しいですが。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

閑話68「偽装表示疑惑によるルインズメモリィ中止のお知らせ」

つい出来心で偽装表示してしまったため、
本日のルインズメモリィは中止となってしまいました。

濡れ衣を晴らしクリスマスを迎えたい方はにゃんぱすーと(ry









以下、偽装表示疑惑によりお蔵入りを余儀なくされたクリスマスネタ





______________________________
|                     {:::}        __,,,,,、 ',::::ヽ.       |
|                     }:::ノ ,,,==ェェ ゝ '彡o,ゝ= Y )      |
| 以下                 ヽ::', "_ィ.o`>   `二´-`` ',ノ       |
| ウィキペディア創設者        ハ` 彡 ィ  ,   、    .|       |
| ジミー・ウェールズからの      ヽ,   / _ ,r'ハ   .|        |
| メッセージをお読みください      ヘ  イ:::::::::__,:_、::: }:::/       |
|                        ヽ::::(:ィ─=彡  ヾl::/|、       |
|                        ハ',::\:::::::"":: : ::/ ハ、.      |
|                    ,,、-'´ |\`ヾ::::::::::::ィ  / | ``ヽ─-、. |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







   ∧_∧ やあ
   (´・ω・`)       /          
  /∇y:::::::\   [ ̄ ̄]         
  |:::⊃:|:::::::::::::|   |──|         
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|    
    ∇ ∇ ∇ ∇      /./|   
    ┴ ┴ ┴ ┴     / / .|   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/   |   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |   
   (⊆⊇) (⊆⊇) (⊆⊇)      |
     ||    ||    .||       |   
   ./|\  /|\  /|\

ようこそ、ルインズメモリィへ。
このチョコはサービスだから、まず食べて落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。「※ただしイケメンに限る」って言うしね、
謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、今日という日が来たとき、君は、きっと言葉では言い表せない、
そう、「ドヤ顔」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、この記事を復活させたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。






      ________
  こ こ |´         __`丶_
続のの |     ,. ´: : : : : : : : :`.  、
け調調 |   /: : : : : : : : : :、: : : : : : : \
る子子 |  / : : : : ト、: : : : : ∧: :、 : : : :!⌒
でで で | /: : : ::∧ ,:|--\ : / ‐∨、\ : |
ゲ偽.ゲ.| |: : : : :|/、|oヽ  ` /.:oヽ|: V
ソ装 ソ |.| : : : : | {o:::::::}    {:::::0 }.Vハ
・ 表  .|| : :|: : :|  ヾ:::ソ    ヾ:::ソ  V|
・ 示   |.:ム:|∨:|.〃          /// }|
・. を    Oo。.: : l///   ,___,    ハ、
―――┘ヽ|: : :|           /: : : :\
 /: : : /: :/ : : ト ._  __ .  イ: :{ \:_:_: :ヽ
 : : : :、一': :_/: :x'⌒\l|`ヽ、: : ト、: ヽ    |: :|
  ̄/: : : :/: : / }}      } \ | }: : }   |: :└







        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V  僕と契約して産地を偽装してよ!
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__







       ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
       {::{/≧===≦V:/
       >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ      モッピー知ってるよ
. | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i     今夜は聖夜じゃなくて
  、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l      性夜だって事
   ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/
    ∧::::ト “        “ ノ:::/!
    /::::(\   ー'   / ̄)  |
      | ``ー――‐''|  ヽ、.|
      ゝ ノ     ヽ  ノ |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめぇがクリスマスを
                /(  )    迎えられると思ってんなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す






         ,、ヽr,
     / ̄ ̄.ヽγ ̄ヽ 
    / ///W`ヽヽ ゝ
  γ / / / //V\ l l .|
  l ル(● )W(● ) l リ ル  
  レV ⌒(__人__)⌒ レノ^) ゝ  
  |  l^l^lnー'´   V | /   アトリームにもクリスマスはありましたよ。
  \ヽ   L      /    それも地球のものとは比較にならないほど
     ゝ  ノ           イチャコラしてるカップルがいるものがね…
   /_/ \ヽ /ノ \






       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了  なにジョジョ?クリスマスは
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)    1人で寂しい?
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~    ジョジョ それは無理矢理
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ   誰かといようとするからだよ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   逆に考えるんだ
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |    「クリスマスは1人で祝うもの」と
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_    考えるんだ
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ






         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{   あきらめれば
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!   そこでクリスマスイブ開催ですよ…
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\






                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::、        私
        ク           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,__|::::::::::::\____ 減  の
        リ           |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |:∧:::::::::::::::::/ ら  寿
   中   ス           |:::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::/ァテ个ト| :::::| ̄   し  命
   止.  マ        /::::: :::::::::::::::::::: /:::::/ 弋しソィ) Y:::|      て  一
.   し   ス       /::::::::::::\::::::::::::::/|/"""",  ,. ´ リ:::;'     い  年
   ね.           ⌒ア:::::::::::::::>、::::::|、  , , / ,.イ::/     い
    |            // ̄ ̄´| |\| \__,,  イ、  {>|/        か
   か       /:::/  `ヽ   |     >く∧:::::〈三ニニ八        ら
   な        /::::::::{     . |  ∨\::::}∧::::|ヽ    `、
           :::::::::八     ' ¨¨アヘ { :::}_ハ:::| `、    `、
              | ::::/\∨     j く  ∨ :::| | |ノ   `、    ヽ
              |:::/   j人   -={  \ }::::::| トミ ー=ヘ.    `、
       ,r‐=ニ|/三三三|ヘ   ∨   Y ::::ノ∨  \  `ヽ.     }
       l|三o三三三三| ∧   )、__,L∠∠三三フ^¨¨⌒!  ,ノニ=-
       l|三三三三三.〈/_∧            )  'ノ-=ニ三三三ニ=-






      / ̄ ̄\
    /    ノ, \  
    |   ( ●)(●)  クリスマス
    |     (__人__) 
    |      |r┬| .}  いつやるの?
     |      | | | }  
   , -'ヽ     `ニニ }   今でしょ!                
  ./   ヽ、.,__ __ノ
 / i     ヽ、 /  _ノ´`ー -,,_ _
./ .|      .`ー-;f"  、    イ/ `i
   ヽ、      .テ    \xー.ォ、__ノ
    `ヽ、   r'   ` 、_冫y"
      /`ート、  ヽ,_ノ"ー'
          `ー、,_ノ






             ,、__
            /ヽ   ``ヽ
           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            | ̄,.レ,..、  )7   | 我に永遠に服従し、
            ! ''===i  /'.   < クリスマスにフライドチキンを食う
            ヽ `! !' ,//\_   | ことを誓うのだコノクソドモガ
         _,―イ>`'´‐< /  \_\________
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
    ト三∃|  / / _コ \\\     |
    !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |
    \_/ //   iニニ'´//  ! |    」
       |  |      `ー‐´V   | |_,,..::‐''´
       |  |           ̄ ̄// |
       |  |○           | i  |
       | i      ○      | |  |
       | |             | |  |
       | |             | |  |
       | i             | |  |
       `‐L_           _| | _,.:」
       |  | `――――――'' | | /
       `i |     `i       | |,!






    _人人人人人人人人人人人人人人人_
    >      クリスマスうざい!      <
     ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
            __、、=--、、
           /    ・ ゙!
           | ・   __,ノ
          <>ヽ、 (三,、,
          <> /ー-=-i''
          <> |__,,/
          廿  〉  )   Σ二に⊃






           ☆      ☆ 
          
          ☆       ☆            ☆     
                       ☆   ☆ 
                            ★


       ∧_,,∧   12月24日になったら
      (,,    )   俺、あの娘と一夜を過ごすんすよ
       (    )   
       し―J
     ~"''"""゛"゛""''・、
 ""゛""''""""゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../ 







本日の更新
          _,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,,_
        ,.r'´,.    -┐   ':..,゙ヽ
       ,r' ,::;:'    ,ノ ヽ、    ゙:::.ヽ
      ,.' _.,:;:'___ _立_  ___;;ミ゙、          ̄ノ ̄| ̄
     .l厄巳厄巳厄 i王i ,.巳厄巳厄巳l           ,勹 .├‐''
     l´ , "´  ̄ ̄ ̄ `'''′  ̄ ̄ ̄`.:`{         ´_フ  ヽ、_,
     | l ;;:.,.   ::、.       ...   '゙|
    ,.-''、.,! ,.::'    ヽ、:.゙、 ;;.:' ''  ヽ | ,.、       __l__
   ./  、/ `ヾー─tッ-ヽ''  kーtr─ツ'´〕. ヽ.        |
  / {´i Y::::..   ` ̄ ̄´.: "i! ::. 、` ̄´ ゙:::.、} r、 l        i,____
  | ヾ_,,入;:::.. `'' " ´.::; .::i! ::..  ```  :. }ツl l
  \  ノ ヾ ;:::.   .:r'' :: ll! :ヽ;:..:.   .: j,ノ ,!       ┬‐┌,┴┐
    ヽ',,;l  ゙i ;::.. _ `ヽ、;;,,,,'.ィ'' _,, .::,;r'1,,,/           l__ ノl士
  ッジ::::::|  ゙ ,r'´:::;;;;;;;::>  弋´;;;;;::::ヽ'" |:::::゙'イィ      ノ凵 l土
 弍:::::::::::l  /:::;r'´ ,,..-ー…ー-、 ヾ;:::'、  |:::::::::::ヒ
  シ:::::::::::l   i':::,!  ´  __  ゙  l::::l:. |::::::::::ス       __ヽ__‐┬┐
  彡;:;:::::l  l:::l     ''''''''⇒;;;:,   l:::l  |::::;;ャ`        ニ メ ,ノ
  ,r', 广'`ヽl:::l ::::. .::     ゙::.   l::l ノ^i`、         l ̄l ハヽヽ
 ,イ(:::j    i::;ヘ  :;:.       .::   l::l'"  l:ヽヽ         ̄   ̄
 |;:ヽヽ   l::l  ヽ ;:.... ..  .. :  /l::l   ノ ,.イ
 |;:;:;:;\\ l::l   ', :;.:;::::::::::..::.  /  l::l,r'' /;:;:;|







ちなみに、AAは主に「2ch全AAイラスト化計画」さんのとこから拝借しました。

関連?
明日の……
どうして世界は私の心を追い詰めるのか 以上、「架空の妹があらわれた!」

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

第1522話「バズワード・メモリィ2013 Part5」

どうもルイナです。

本日のネタは今年5度目のバズワード・メモリィです。
もう毎年やってるので説明不要かもしれませんが、Part4のネタ元でもある
テキストサイト「karimikarimi」さんが自選したアニメの流行語ネタを
ニュース記事として採り上げたときに、私もノミネートをしていたのです。

…下半期は更新休止してた時期だったので採り上げていませんが、
選出自体はチマチマとやっていました。

というわけでせっかく自分でも選出したんだから、
自分で選んだワードの解説を自分で付けていきます。
特に順位を決めたりはしませんが。


【ノミネート】

・駄肉
・にっこにっこにー!
・俺の◯◯と◯◯が修羅場すぎる
・え、なんだって?
・ゲロイン

・ハナガサイタヨ
・快楽天ちゃん
・一人旅団
・コレハセツクス?
・\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!

・鬼畜こけし
・たやマ
・鯖
・伝説の不採用通知
・うずめタンク

・ウィアーメガネッブーゥーウーゥー
・ぎょぽーん
・二次元くん
・クレイジーサイコレズ
・猛虎弁



選出数は去年に比べるとかなり減らしています。
…いや、ていうか去年が多すぎたし…
今年は各クール5つ、合計20個という感じで選出しています。

以下、ノミネートワードの解説をどうぞ。


・駄肉
   …アニメ「まおゆう 魔王勇者」の主人公の1人である「魔王」のアレ。
    非常にデカい。とんでもなくデカい。しかもよく揺れる。
    まさに魔王クラスと言っても過言ではない。
    …にもかかわらず勇者を誘惑しきれていないため、
    メイド長から駄肉扱いされてしまったのであった。
    なお「シュークリーム」と表現すると別のキャラになるため注意。

・にっこにっこにー
   …アニメ「ラブライブ!」のユニット「μ's(ミューズ)」のメンバー
    「矢沢にこ」が自ら考案した自分自身のキャッチフレーズ。
    アイドルとしてアピールするために必要という考えから生まれたモノである。
    キャッチフレーズとして使う以外にも、都合の悪くなった時に
    ごまかすためにも使われたりする。
    にこ先輩はμ'sのメンバーの中でも年長者かつアイドル経験者で、
    μ'sのリーダーを任されている。
    …にもかかわらず、メンバーからもかなりイジられまくっており、
    先輩の権威もヘッタクレもない感じになっている。
    考えようによってはなかなかどうしてオイシイ立ち位置を手に入れている。
    そんなこんなでイジられキャラなにこ先輩なのだが、
    アイドルに対する造詣と想いは誰よりも強く真摯である。

・俺の◯◯と◯◯が修羅場すぎる
   …元ネタはアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」。
    当然ながら修羅場状態に陥った時に用いられる。
    ◯◯の部分にキャラの属性(後輩とか妹とか)を入れれば成立するので、
    非常に汎用性が高い。

・え、なんだって?
   …アニメ「僕は友達が少ないNEXT」にて主人公「羽瀬川小鷹」が
    恋愛沙汰を詰問された際に多用したセリフ。
    この作品に限らず男性主人公にヒロイン多数の構図を持つ作品では、
    女性キャラは主人公に好意を持つことが多かれ少なかれあるのだが、
    大体において主人公はその好意に気づいていないことが多く、
    女性キャラの主人公への好意を示したセリフに対して、
    これに近いセリフを発するのがもはやお約束、テンプレである。
    小鷹の場合はわざとすっとぼけていたため例外であるが、
    他の作品だと本当に聞きそびれて聞き返すというパターンが
    ほとんどなため、「難聴系主人公」と呼ばれたりもする。

・ゲロイン
   …身もフタもなく言うと、ゲロを吐いたヒロインを指す。
    2013年冬クールのアニメ作品ではゲロを吐いた女性キャラが
    なぜかやたらと多かった。
    「はがない」から「あいまいみー」のようなギャグアニメはもとより、
    「サイコパス」のようなシリアス路線のアニメでも嘔吐していて、
    何か示し合わせでもしたのかと思いたくなるほどだった。
    なお「はがない」の場合はあまりにもリアルなゲロだったため、
    さすがにちょっと引いてしまった。


・ハナガサイタヨ
   …アニメ「惡の華」のED「花」の歌詞の一部。
    変声機を使ったかのような声であえてリズムを外したかのように
    たどたどしく歌っており、音楽のおどろおどろしさも相まって、
    とてつもなく気味が悪い感じに仕上がっており、非常にインパクトがある。
    しかもこの歌は惡の華のアニメのために作られたわけではなく、
    10年以上前に既に世に出ていたというのだから輪をかけて恐ろしい。
    子供に見せたら確実に泣かれるだろう。

・快楽天ちゃん
   …アニメ「翠星のガルガンティア」のキャラ「サーヤ」を指す。
    「快楽天」とは成人向け漫画雑誌「COMIC快楽天」のことであり、
    ガルガンティアのキャラクター原案を担当した鳴子ハナハル先生が
    主に活動している雑誌である。
    漫画(もちろんR18のエロスい漫画)の掲載はもちろん、
    イラストレーターとして表紙絵も度々担当しているのだが、
    サーヤの容姿が鳴子ハナハル先生がよく描く女性キャラのパターンに
    酷似しており、まさに「快楽天に出てきそう」なため、
    この愛称が定着したのであった。

    なお、念のため言っておくが「翠星のガルガンティア」は
    深夜アニメではあるが全年齢向けのロボットアニメである。
    いくらサーヤや他の女性キャラがエロい容姿をしていようが、
    エロい展開になることは一切無い。…まあ薄い本は厚くなるだろうけども。

・一人旅団
   …アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」のメインキャラ「エルエルフ」の二つ名。
    非常に高い白兵戦能力と極めて明晰な頭脳から導く的確な判断力をもって、
    たった一人で一個旅団(陸上自衛隊3000人相当)に対して
    互角に立ち回った経緯から付けられた異名である。
    まさに「もうエルエルフさん一人いればいいんじゃないですかね…」
    地で行く存在である。
    なお「エルエルフ」とは本名ではなくコードネームであり、
    ドイツ語で「L-11」を示す言葉である。
    エルエルフの元同僚であるカルルスタイン機関のメンバー達も同様である。

・コレハセツクス?
   …アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」にて主人公「時縞ハルト」と
    ヒロインの1人である「流木野サキ」がキスをした際に、
    主人公機ヴァルヴレイヴ1号機のインターフェース「ピノ」が発したワード。
    この後、他作品においてキスシーンがあった際に用いられることとなった。
    なお、キスを目撃したピノはとりわけ性欲系統に強い興味を示すようになり、
    ハルトがサキに対し実際にやらかしてしまった時や求婚した際には
    やたらとテンションが上がるのであった。

・\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!
   …アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」のOP「恋は渾沌の隷也」の歌詞の一部。
    2chやツイッター、ニコ動などで実況する際にこの一行AAが大量に投下される。
    元々は歌詞というよりは間奏の時にぶっ込まれる掛け合いみたいなものである。
    さすがに第1期OP「太陽曰く燃えよカオス」で大量投下された
    「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」ほどのインパクトは無いが、
    基本的にハイテンションなニャル子さんたちが歌うキャラソンなため、
    やたらと耳にこびりついて離れないワードである。
    なお、派生として「\(・ω・\)婚期!(/・ω・)/ピンチ!?」
    「\(・ω・\)30!(/・ω・)/ピンチ!?」というバリエーションがある。
    誰の婚期がピンチなのかは触れてはいけない禁則事項であり、
    誰が30歳間近でピンチなのかも触れてはいけない禁則事項である。


・鬼畜こけし
   …アニメ「きんいろモザイク」のメインキャラ「大宮忍」を指す。
    黒髪のおかっぱ頭であり、作中でもこけし扱いされたことがあった。
    それだけならただのこけしなのだが、
    周囲に対し天然でドSな言動を行うことが少なからずあり、
    その天然鬼畜っぷりからこう呼ばれてしまうのであった。

・たやマ
   …アニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」に登場するライバルキャラ
    「マリア・カデンツァヴナ・イヴ」を指す。
    マリアは「烈槍・ガングニール」のシンフォギアを纏い、
    ノイズを操る力をもって全世界へ宣戦布告をした新進気鋭の歌姫にして、
    第1期で響たちシンフォギア装者らと死闘を繰り広げた
    ラスボス「フィーネ」が輪廻転生した姿、という触れ込みだったのだが、
    目的のため非情になることが出来ず、シンフォギア奏者としての実力も
    適合系数が落ちて弱体化した翼と同等レベルであり、
    敵の大ボスという印象がどんどん剥がれていくのであった。
    その上、シンフォギアの能力を使えば使うほどフィーネとの同調が進み
    マリアとしての人格が消えていくという副作用を危惧され、
    戦線への出撃も同じシンフォギア奏者の調や切歌から止められてしまい、
    ついには飛空艇の操縦くらいしか出番がなくなってしまう。
    そして「フィーネの転生」という肩書きもただ組織を束ねるために
    演じていただけということが明らかになるのであった。
    その際に組織の首魁であるナスターシャ教授が
    「あなたはフィーネの魂など宿してはいない、ただの優しいマリアなのですから」
    と発言したため、「ただの優しいマリア」が抽出された挙句、
    それを更に短縮して「たやマ」と呼ばれるのであった。

・鯖
   …ここで挙げるのは魚のことでもなければサーバーのことでもない。
    アニメ「サーバント×サービス」を指す。
    「サーバント」の頭2文字を取って「鯖」というのが
    公式でも採用されているネタとなっている。
    なお、同時期に放送していたアニメ「Free!」の主人公「七瀬遥」の
    好物がサバだった。これはたまたまである。

・伝説の不採用通知
   …アニメ「ファンタジスタドール」におけるカードマスター失格宣言を指す。
    ドール側からマスターに対し宣告される。
    主人公「鵜野うずめ」と敵対した残念王子こと「吉良一成」に宣告された。
    吉良は自らのドールに対して八つ当たりをしたり、
    戦闘においてもドールの自爆技を用いた脅しを多用したり、
    「ドールなどただのデータである」と言い放ったりしたため、
    これらの非道な扱いに耐え切れなくなった彼のドール達は、
    うずめとの戦闘中に三つ指を突いて不採用通知を宣告したのであった。
    そして遠くのカフェで戦闘を実況(?)していたラフレシアの君は
    驚愕の表情で「あ…あれは…伝説の不採用通知!?」と叫ぶのであった。

・うずめタンク
   …アニメ「ファンタジスタドール」の主人公「鵜野うずめ」の戦闘形態。
    うずめと敵対するカードマスター「清水潔」と戦闘した際に、
    彼の用いるドール一斉攻撃に対抗するため、ささら達うずめのドール達は
    合体攻撃「協力カノン」を発動させようとしたのだが、
    協力カノンは発動までに時間がかかり崩されてしまうため、
    うずめは自らの下半身を戦車に変身させて時間稼ぎをするのであった。
    その防御力はささら達が一瞬でやられた一斉攻撃を1人で押し留めることが
    出来るほどであり、もはやマスター本人が戦えばいいんじゃないか状態である。
    そもそもなぜマスターであるうずめがカードによって変身出来たのかも謎である。
    なお、協力カノンはささらを大砲の弾丸として撃ち出す必殺技である。
    ささら以外必要無いとか南斗人間砲弾とか言ってはいけない。


・ウィアーメガネッブーゥーウーゥー
   …アニメ「メガネブ!」におけるキャッチフレーズ的な何か。
    CMにてほぼ毎回聞ける。またCM前後のキャッチでも差し込まれる。
    なんか知らんがやたらと耳に残るフレーズである。
    なお、同じようなノリで別のフレーズも存在している。

・ぎょぽーん
   …アニメ「ガリレイドンナ」に登場する金魚型飛空艇「ガリレオ号」の
    インターフェース「グランデロッソ」が多用するフレーズ。
    こちらもCMでほぼ毎回聞くことが出来る。

・二次元くん
   …アニメ「ゴールデンタイム」のキャラ「佐藤隆哉」のアダ名。
    主人公「多田万里(ただ ばんり)」と共に参加した新歓飲み会において、
    「魔境」と呼ばれる茶道部に引きずり込まれた結果「三次元の女性」に絶望し、
    二次元に生きることを宣言するのであった。
    EDのキャスト紹介においても「二次元くん」と表記されている。

・クレイジーサイコレズ
   …クレイジー(狂気的)でサイコ(病的)なレズ(女性同性愛者)を指す言葉。
    「ヤンレズ」や「ガチレズ」の上位互換である。
    あふれんばかりの愛(?)ゆえに執着しすぎてしまった結果至った境地である。
    何事も行き過ぎはよろしくないということを示す言葉ともいえよう。
    近作では、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」劇場版にて、
    メインキャラ「暁美ほむら」が取った行動が
    まさしくクレイジーサイコレズそのものであり、劇場放映を見終わった観客は
    口をそろえて「わけがわからないよ」と言ったトカ言ってないトカ。

・猛虎弁
   …要するに関西弁のこと。プロ野球球団の阪神タイガースに由来する。
    主に2chのなんJにて用いられることが多い用語である。
    2013年秋クールのアニメ作品では関西弁を喋るキャラがいる作品が
    なぜかやたらと多かった。
    関西弁を喋るキャラというのはそれなりに存在しているものなのだが、
    あまりにも多すぎたため何か示し合わせでもしたのかと思うほど。
    ナチュラルな関西弁もあれば不自然な関西弁もあり、
    関西人からするとなんとも言えない気分になったり。
    安易なキャラ設定として関西弁を用いるのはどうかと思うのだが…




毎年思うけど、やっぱこのコーナー疲れるな…
その労力分に見合うと思えるほどには楽しんでやってるから別にいいんだけども。


テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

第1521話「バズワード・メモリィ2013 Part4」

どうもルイナです。

本日のネタは今年4度目のコレ。

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」 「karimikarimi」

テキストサイト「karimikarimi」さんが自選したアニメの流行語10選です。
アホみたいにアニメを見るようになってしまったわたくしルイナさんとしては、
このネタをスルーするわけにはいかないと思っていたのでありました。

というわけで、流行語大賞(?)に選ばれた言葉に
テキトーにコメントをつけていくシリーズ第4章!
今年もこのネタは更新回数を稼ぐのにお役立ちやな…ありがたや…


・穏やかじゃないわね
   …アニメ「アイカツ!」のメインキャラ「霧矢あおい」の口グセにして決め台詞。
    事あるごとに多用されている言葉である。
    なお、微妙に意味が通じないような使い方をしている時もあるが、
    そこは生暖かい目でスルーしてあげるのが優しさというものである。
    それにしても、大体において「穏やかじゃない」と言うが、
    彼女にとっての「穏やか」ってどんな状況なんだろうか…

・にっこにっこにー
   …アニメ「ラブライブ!」のユニット「μ's(ミューズ)」のメンバー
    「矢沢にこ」が自ら考案した自分自身のキャッチフレーズ。
    アイドルとしてアピールするために必要という考えから生まれたモノである。
    キャッチフレーズとして使う以外にも、都合の悪くなった時に
    ごまかすためにも使われたりする。
    にこ先輩はμ'sのメンバーの中でも年長者かつアイドル経験者で、
    μ'sのリーダーを任されている。
    …にもかかわらず、メンバーからもかなりイジられまくっており、
    先輩の権威もヘッタクレもない感じになっている。
    考えようによってはなかなかどうしてオイシイ立ち位置を手に入れている。

・大洗町
   …茨城県東茨城郡に属する町。
    太平洋岸に位置しており、アンコウなどの水産物や
    アクアワールド(水族館)などの観光施設が有名である。
    アニメ関連で言うと、アニメ「ガールズ&パンツァー」にて
    大洗が舞台として選ばれており、地元ではタイアップもされていた。
    大洗町の一大イベントである「大洗あんこう祭」では一般客で賑わう中、
    いわゆる聖地巡礼で訪れたアニオタの皆さんが大挙してやってきて、
    とんでもない盛況っぷりを見せたトカ。

    なお、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」にて「艦隊のアイドル」という
    ポジションを得て確固たる人気を誇る軽巡洋艦「那珂(なか)」の
    名前の由来はここ大洗町を流れる「那珂川」である。
    よって大洗は陸と海の美少女ミリタリーモノが集う場という
    サブカル民にとって非常にたまらない場所となったのであった。

・一人旅団
   …アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」のメインキャラ「エルエルフ」の二つ名。
    非常に高い白兵戦能力と極めて明晰な頭脳から導く的確な判断力をもって、
    たった一人で一個旅団(陸上自衛隊3000人相当)に対して
    互角に立ち回った経緯から付けられた異名である。
    まさに「もうエルエルフさん一人いればいいんじゃないですかね…」を
    地で行く存在である。

・にゃんぱすー
   …アニメ「のんのんびより」のキャラ「宮内れんげ」の挨拶…というか口癖。
    開始早々に微妙にケダルそうな口調で言うのが特徴。
    アニメ「日常」の謎挨拶「スラマッパギー」と似たようなものかもしれない。
    ちなみに「日常」のアレはインドネシア語の挨拶である。
    なお、アニメ冒頭やCMではほぼ毎回聞けるのだが、
    原作においてはそれほど多用される言葉ではなかったりする。

・ハピなる!
   …アニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」の主人公「彩瀬なる」が歌う
    キャラクターソング「ハート❤イロ❤トリドリ~ム」の歌詞の一部。
    歌い出しやサビにあり、なかなかどうしてインパクトがある。
    ここからサブタイトルなどに使用されることになり、
    視聴者からは「綾瀬なるはハピなるかわいい」と言われたりもする。

・ロトスコープ
   …アニメーションの映像化における表現技法の1つ。
    モデルの動作を撮影し、それをトレースしてアニメとして取り込む手法であり、
    100年近く前から確立されている伝統的な技法である。
    近作ではアニメ「惡の華」にて用いられた。
    非常にリアリティのあるアニメ映像を作ることができる。
    …が、その半面としてあまりにもリアルすぎる仕上がりになるため、
    いわゆる「アニメらしい」ハッタリや誤魔化しが無く、
    視聴しててもアニメを見てる気分になりにくいのが玉にキズ。

・クレイジーサイコレズ
   …クレイジー(狂気的)でサイコ(病的)なレズ(女性同性愛者)を指す言葉。
    「ヤンレズ」や「ガチレズ」の上位互換である。
    あふれんばかりの愛(?)ゆえに執着しすぎてしまった結果至った境地である。
    何事も行き過ぎはよろしくないということを示す言葉ともいえよう。

・FXで有り金全部溶かした人の顔
   …アニメ「あいまいみー」のキャラ「ぽのか先輩」が
    FXに手を出した結果有り金全部溶かしてしまい、脱力とも言いがたい、
    なんとも名状しがたい表情になっていた時の顔である。
    実際にそんな状態に陥った時のことを想像すると正直言って笑えないのだが。
    そんな顔を見たいと言ってのけるマイとミィはある意味すごい。

・何の成果も得られませんでしたぁ!
   …アニメ「進撃の巨人」第1話で壁外遠征から帰還した調査兵団の団長が
    一般市民に成果を尋ねられた際に返答した慟哭とも言える結果。
    巨人が跳梁跋扈する壁外への遠征はまさに命懸けであり、
    一度の遠征で帰還する調査兵団は2割程度と言われている。
    よって生きて帰ってくることこそが成果であるとも言えるのだが、
    当然壁内に住む一般人はそんなことは知る由もない。
    使い道としては文字通り何の成果もなかった時に使われる。
    日常生活で使うと許してもらえるかもしれない…いややっぱアカンやろ。



以下、惜しくもランキング入りを果たせなかった言葉たち。



・俺はフリーしか泳がない
   …アニメ「Free!」の主人公「七瀬遥」が心に誓う意思。
    要するに試合とか関係なく自由に泳ぎたいということである。
    競泳の試合においても4人目(フリースタイル)しかやりたくないという
    強い意志とこだわり(頑固とも言う)の表れである。
    いつもは無口なくせに泳ぎのことになると地味にテンションが上がり、
    このセリフをやたらとハッキリ言い放つ。
    
・カニカニカニカニ
   …アニメ「あいうら」のOP「カニ☆Do-Luck!」の歌詞の一部。
    まごうことなきカニである。そこに隠された意味など一切無い。
    当然ながらタイトルの元ネタは関西のカニ料理屋「かに道楽」である。
    とは言えキダ・タロー先生作曲のCMのアレとは全く異なるので注意。

・アイカツ!
   …アニメまたはアーケードゲーム「アイカツ!」における掛け声。
    もしくはアニメまたはアーケードゲームそのものを指す。
    「アイカツ」とは「アイドルカツドウ」の略である。
    「愛は勝つ」だと懐メロになるので注意。
    基本的には女児向けのアニメやゲームなのだが、
    例によって「大きなお友達」も少なからず存在している。
    そんな彼らは「アイカツおじさん」などと呼ばれている。
    ちなみに2012年のkarimikarimiさんのアニメ流行語大賞にも
    ノミネートされていたが、トップテンには選ばれなかった。
    今年も漏れたため、2年連続でトップテン入りを逃してしまった。

・\(・ω・\)婚期!(/・ω・)/ピンチ!?
   …元ネタは「\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!」であり、
    アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」のOP「恋は渾沌の隷也」の歌詞の一部。
    2chやツイッター、ニコ動などで実況する際にこの一行AAが大量に投下される。
    元々は歌詞というよりは間奏の時にぶっ込まれる掛け合いみたいなものである。
    さすがに第1期OP「太陽曰く燃えよカオス」で大量投下された
    「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」ほどのインパクトは無いが、
    基本的にハイテンションなニャル子さんたちが歌うキャラソンなため、
    やたらと耳にこびりついて離れないワードである。
    挙げられたワードは「SAN値」を「婚期」にもじったモノなのだが、
    誰のことなのかは触れてはいけない禁則事項である。

・ダイナミックCD挿入
   …アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%」にて、
    「ST☆RISH」のメンバー「神宮寺レン」の兄が見せた
    あまりにもスタイリッシュすぎるCD挿入モーションを指す。
    そのダイナミックさは挿入した際に腕をケガしてしまうほどであった。

・UC
   …アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズにおける年代「宇宙世紀」を指す。
    もしくは劇場版アニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」を指す。
    …ところで、上半期選出時になぜコレが選ばれたのか不明なんだけど…
    まさか缶コーヒーの方じゃないよね…?

・スピンゴー
   …アニメ「獣旋バトル モンスーノ」にて、決闘時に自らのモンスーノを
    召喚する際に叫ぶ掛け声。
    コアから射出する際にスピンさせるためこの掛け声が叫ばれる。
    なお、「マジンゴー」だとロボットアニメになるので注意。

・やっはろー
   …アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のメインヒロインの1人
    「由比ヶ浜結衣(ゆいがはま ゆい)」が多用する挨拶。
    「やっほー」と「ハロー」を掛け合わせた言葉である。
    本編における使用頻度は「にゃんぱすー」よりも高い。



今年も「股間の女房、佐伯昭志」みたいな、
「これkarimikarimiさんしか使ってないやろw」っていうような言葉がなかったですね。
当たり前と言われれば当たり前ではありますが。
せめて「高村アングル」が選出されていれば…



次回、「バズワード・メモリィ2013 Part5」に続く。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1520話「バズワード・メモリィ2013 Part3」

どうもルイナです。

さて、今回のネタもこちら。

『ネット流行語大賞 2013』『アニメ流行語大賞 2013』をそれぞれ発表! それぞれの今年の大賞は?

つい先日、2013年新語・流行語大賞が発表されました。
それとともにネット・アニメの流行語大賞も合わせて発表されました。
そこで前回に引き続きやります、流行語大賞に選ばれた言葉に
テキトーにコメントをつけていくのコーナー!
ある意味12月の恒例行事パート3!
今回はアニメ流行語大賞の解説をやります。

ノミネート全部やるわけにはいかないので、20位くらいまでを紹介します。



・にゃんぱすー
   …アニメ「のんのんびより」のキャラ「宮内れんげ」の挨拶…というか口癖。
    開始早々に微妙にケダルそうな口調で言うのが特徴。
    アニメ「日常」の謎挨拶「スラマッパギー」と似たようなものかもしれない。
    (なお「日常」のアレはインドネシア語の挨拶である)

・駆逐してやる
   …アニメ「進撃の巨人」の主人公エレン・イェーガーが心に誓う意思。
    少年期に巨人の侵攻に遭い目の前で母親を食い殺されたエレンは、
    普通の人間であればトラウマになるところを逆に生きる原動力とし、
    母親の仇である巨人を世界から一匹残らず殲滅することを誓うのであった。
    ところが初陣に挑んだ際に逆に巨人に捕食されてしまう。
    そのまま絶命したかと思いきや、エレンは自らを巨人化する能力に目覚め、
    巨人の力をもって群がる巨人を文字通り駆逐するのであった。
    それにしても、エレンは巨人を一匹残らず駆逐することを心に誓っているが、
    その対象は自らも含まれるのだろうか…?

・俺はフリーしか泳がない
   …アニメ「Free!」の主人公「七瀬遥」が心に誓う意思。
    要するに試合とか関係なく自由に泳ぎたいということである。
    競泳の試合においても4人目(フリースタイル)しかやりたくないという
    強い意志とこだわり(頑固とも言う)の表れである。

・\(・ω・\)SAN値!(/・ω・)/ピンチ!
   …アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」のOP「恋は渾沌の隷也」の歌詞の一部。
    2chやツイッター、ニコ動などで実況する際にこの一行AAが大量に投下される。
    元々は歌詞というよりは間奏の時にぶっ込まれる掛け合いみたいなものである。
    さすがに第1期OP「太陽曰く燃えよカオス」で大量投下された
    「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」ほどのインパクトは無いが、
    基本的にハイテンションなニャル子さんたちが歌うキャラソンなため、
    やたらと耳にこびりついて離れないワードである。

・にっこにっこにー
   …アニメ「ラブライブ!」のユニット「μ's(ミューズ)」のメンバー
    「矢沢にこ」が自ら考案した自分自身のキャッチフレーズ。
    アイドルとしてアピールするために必要という考えから生まれたモノである。
    キャッチフレーズとして使う以外にも、都合の悪くなった時に
    ごまかすためにも使われたりする。

・何の成果も得られませんでしたぁ!
   …アニメ「進撃の巨人」第1話で壁外遠征から帰還した調査兵団の団長が
    一般市民に成果を尋ねられた際に返答した慟哭とも言える結果。
    巨人が跳梁跋扈する壁外への遠征はまさに命懸けであり、
    一度の遠征で帰還する調査兵団は2割程度と言われている。
    よって生きて帰ってくることこそが成果であるとも言えるのだが、
    当然壁内に住む一般人はそんなことは知る由もない。

・イェーガー!
   …アニメ「進撃の巨人」のOP「紅蓮の弓矢」の歌詞の一部。
    なお、主人公エレンのファミリーネームも「イェーガー」だが
    とりあえずは関係ない。
    サビの盛り上がる部分で叫ばれる投げ込みであり、特に耳に残る。
    「紅蓮の弓矢」は中二病的な当て字満載で歌いにくいことこの上なく、
    さらにはこの曲をカラオケで歌おうとすると歌詞が表示されないらしく、
    何も知らずに選曲するとシッチャカメッチャカになることうけあいなのだが、
    この「イェーガー!」の部分さえ押さえておけば、
    「紅蓮の弓矢」の醍醐味の8割は堪能できるといっても過言ではない。

・胸のキュンキュン止まらないよ
   …アニメ「ドキドキ!プリキュア」のキャッチフレーズ。
    なお、「胸のドキドキ止まらないよ」では無いので注意。
    また、「キュン死に」まで行くと別の作品になってしまうので注意。

・カツドゥーン
   …アニメ「はたらく魔王さま!」の主人公「真奥貞夫」と
    同居人「芦屋四郎」の好物。要するにカツ丼のことである。
    魔王サタンこと真奥とその配下である悪魔大元帥アルシエルこと芦屋は
    異世界エンテ・イスラにて勇者エミリアこと遊佐恵美に敗北し
    ほうほうの体で逃走するのだったが、空間転移で逃げた先が
    日本の東京都渋谷区笹塚であり、直後に警官にしょっぴかれている。
    その時に取調室の定番であるカツ丼を食べた…かどうかは定かではないが、
    切り詰めた貧乏暮らしの真奥と芦屋にとっては、
    肉類の料理を食べることは非常に贅沢なことなのである。

・カニカニカニカニ
   …アニメ「あいうら」のOP「カニ☆Do-Luck!」の歌詞の一部。
    まごうことなきカニである。そこに隠された意味など無い。
    なお、タイトルの元ネタは当然ながら「かに道楽」である。
    とは言えキダ・タロー先生のアレとは全く異なるので注意。

・ハナガサイタヨ
   …アニメ「惡の華」のED「花」の歌詞の一部。
    変声機を使ったかのような声であえてリズムを外したかのように
    たどたどしく歌っており、音楽のおどろおどろしさも相まって、
    とてつもなく気味が悪い感じに仕上がっており、非常にインパクトがある。
    しかもこの歌は惡の華のアニメのために作られたわけではなく、
    10年以上前に既に世に出ていたというのだから輪をかけて恐ろしい。

・FXで有り金全部溶かした人の顔
   …アニメ「あいまいみー」のキャラ「ぽのか先輩」が
    FXに手を出した結果有り金全部溶かしてしまい、脱力とも言いがたい、
    なんとも名状しがたい表情になっていた時の顔である。
    実際にそんな状態に陥った時のことを想像すると正直言って笑えないのだが。

・\ファンタジスタッドー/
   …アニメ「ファンタジスタドール」のOP「今よ!ファンタジスタドール」の
    歌詞の一部。冒頭のイントロとともに投げ込まれるセリフである。
    …特にこれ以上言うことは無いのだが。

・俺ガイル
   …アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の略称。
    なんだかソニックブームやサマーソルトキックを撃ちそうだが、
    とりあえずは関係ない…とは言うものの意識はしているかもしれない。
    ちなみに「まちガイル」という略称もある。

・アイ!カツ!
   …アニメまたはアーケードゲーム「アイカツ!」における掛け声。
    「アイカツ」とは「アイドルカツドウ」の略である。
    「愛は勝つ」だと懐メロになるので注意。
    基本的には女児向けのアニメやゲームなのだが、
    例によって「大きなお友達」も少なからず存在している。
    そんな彼らは「アイカツおじさん」などと呼ばれている。

・変態さんですね
   …アニメ「変態王子と笑わない猫。」のメインヒロイン「筒隠月子」が
    主人公「横寺陽人」に対し言い放つ身もフタもないセリフ。
    とはいえ、変態なヒトに対して美少女がこんなセリフを言っちゃったら、
    それは逆にご褒美に思われてしまうような気がしないでもない。

・穏やかじゃないわね
   …アニメ「アイカツ!」のメインキャラ「霧矢あおい」の口グセにして決め台詞。
    事あるごとに多用されている言葉である。
    なお、微妙に意味が通じないような使い方をしている時もあるが、
    そこは生暖かい目でスルーしてあげるのが優しさというものである。

・くたばれブリキ野郎
   …アニメ「翠星のガルガンティア」の主人公機「チェインバー」が
    ラスボス機「ストライカー」と刺し違える際に言い放った決めゼリフ。
    「ブリキ野郎」とは、元々はガルガンティア船団の修理屋ピニオンが
    チェインバーを呼ぶときの悪口のような愛称のようなモノである。
    それをストライカーに対して言い放つチェインバーのカッコ良さといったら
    筆舌に尽くしがたいレベルである。
    …それにしても、これをストライカーに対して言ったってことは、
    チェインバーは「ブリキ野郎」が悪口めいた呼ばれ方であることを
    理解していて、微妙に気にしてたってことだったんだろうか…?

・お外走ってくる
   …アニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」のメインヒロインの1人である
    「冬海愛衣」がテンパった際に言い放つ捨てゼリフ的なモノ。
    大体は照れ隠しの行動である。
    逆に嬉しさをストレートに表現する「愛衣ちゃん大勝利!」というセリフもある。

・さぁカメラが下からぐいっとパンしてタイトルロゴがドーン!…
   …3DCGアニメ「てさぐれ!部活もの」のOP「Stand Up!!!!」の
    映像差し替えMADの基本パターンを表したモノ。
    このOPがアニメのOPとして非常にテンプレ的なモノであることから、
    他のOP映像を差し替えるMADの温床地帯となった。




さすがに見てないアニメの用語の説明にはホネが折れるな…
知ったかぶりとはまさにこのこと。


次回、「バズワード・メモリィ2013 Part4」に続く。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1519話「バズワード・メモリィ2013 Part2」

どうもルイナです。

さて、今回のネタはこちら。

『ネット流行語大賞 2013』『アニメ流行語大賞 2013』をそれぞれ発表! それぞれの今年の大賞は?

つい先日、2013年新語・流行語大賞が発表されました。
それとともにネット・アニメの流行語大賞も合わせて発表されました。
そこで本日も続けてやります、流行語大賞に選ばれた言葉に
テキトーにコメントをつけていくのコーナー!
ある意味12月の恒例行事パート2!
今回はネット流行語大賞の解説をやります。アニメは次回。
…け、決して2分割すれば2回更新できると皮算用を立てたわけでは…

ノミネート全部やるわけにはいかないので、20位くらいまでを紹介します。



・いつやるの? 今でしょ!
   …ネット流行語大賞金賞は本家流行語大賞でも大賞に選ばれた、
    有名予備校の東進ハイスクールのカリスマ現代文講師として
    何年も前から名を馳せていた林修先生の決めゼリフから。
    このセリフ自体は何年も前から使われていたのだが、CMなどで使用されると
    瞬く間に世間に広まっていった。テレビの影響力たるや未だ衰えずである。
    挙句の果てには林先生自身もテレビ番組にどんどん出演していくようになり、
    他にもいる東進ハイスクールの名物講師とともに引っ張りダコとなっていった。
    その宣伝効果はもはや計り知れない。
    それにしても、「今でしょ!」があまりにも使われまくったせいで、
    もはや芸人の一発ギャグ的なノリに近くなっているような気もする。
    来年になってもこの言葉が生き残っているかどうかは非常に怪しいところ。
    まあ林先生自身は元々予備校の講師が本業でありそれで生計を立てているので、
    別にテレビの仕事がなくなろうがどうってことはないと思うが。
    …そういえば、昨年の芸人枠「ワイルドだろぉ~」はどうなった?
    一昨年の芸人枠「ラブ注入」はどうなった?
    3年前の芸人枠「ととのいました」はどうなった?
    なお、ネタとして「居間でしょ!」とか「暇でしょ!」みたいな変形もある。

・激おこプンプン丸
   …とても怒っている様子を指す言葉。
    元々はギャル語で怒っている様子を指す「おこ」から来ており、
    「おこ」→「マジおこ」→「激おこプンプン丸」→「ムカ着火ファイヤー」の順に
    怒りっぷりのグレードが上がっていく。
    中でも激おこプンプン丸の微妙にリズミカルな感じがウケているのか、
    おこの活用形の中ではよく使われる言葉となっている。

・倍返しだ!
   …本家流行語大賞にも選ばれた、ドラマ「半沢直樹」の主人公半沢直樹のセリフ。
    どこぞのガンダムパイロットの必殺技の決めゼリフからではない。
    派生として3倍返しだとかいう風にバリエーションも持たせられる。
    ただし現実社会で倍返しするのは非常にリスクが高いのでご利用は計画的に。
    バレンタインデーに対するホワイトデーでこの言葉が
    再び脚光を浴びるような気がするようなしないような。

・バカッター
   …Twitterにて炎上必至の投稿を行う人物を指す蔑称。
    バカとツイッターを合わせた言葉である。
    また、このようなバカな連中が釣り上げられるTwitter等のツールは
    「バカ発見器」とも呼ばれ、これをそのままバカッターと呼ぶ場合もある。
    反社会的な行為にある種の武勇伝的な箔が付くと勘違いした若者が
    周囲への迷惑を顧みず行うケースが多い。
    Twitterがオープンな場であることを認識していないことも
    問題の一因として存在していると思われる。
    自らの行為が周囲に、また巡り巡って自分自身にどのような影響を及ぼすか
    今一度考慮してもらいたいものである。
    (クローズドな場であれば何をしても良いと言っているわけではない)

・艦これ
   …ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」の略称。
    旧日本帝国海軍の軍艦を美少女擬人化した「艦娘(かんむす)」を集めて育て、
    戦隊を編成し敵艦隊を撃沈していく基本プレイ無料のネトゲーである。
    艦これプレイヤーは「提督」と呼ばれている。
    現在も新規登録希望者が後を絶たず、運営によって登録者を制限しているほど
    盛況しているゲームである。(制限しないとサーバーがアッという間に落ちる)
    この手のゲームは「戦国コレクション」など挙げるとキリがないほど存在するが、
    艦これがやたらと盛況している理由としては、艦娘の可愛さはもとより、
    ネトゲーであるにもかかわらず対人要素がほとんど存在しないこと、
    課金しなくてもプレイ効率にさほど影響がないこと(やれば便利程度)、
    課金しなくてもレア艦がそこそこまともな確率で入手可能なこと、
    など、プレイ意欲を削がれる要素が比較的少ないことが挙げられる。
    なお、ネトゲーにしては珍しく私もプレイしている。
    名前はルイナでもjidai3でもない別のモノを使用しているが。

・お・も・て・な・し
   …本家流行語大賞にも選ばれた滝川クリステルさんの言葉。
    国際オリンピック委員会(IOC)総会にて、2020年の五輪招致に向けて
    ファイナルプレゼンテーションに立った滝川クリステルさんが
    日本人が誇る心尽くしの精神を的確かつ簡潔に表現する際に用いた言葉である。
    この言葉に感銘を受けた…のかどうかは実際のところよくわからないが、
    東京が2020年の五輪開催都市として正式に決定したのであった。
    なお「か・わ・い・が・り」だと全く別の意味合いを含むことになるし、
    「お・も・て・な・し(意味深)」だと非常にイケナイ意味合いになるので、
    使用には注意が必要である。

・ブラック企業
   …常軌を逸した長時間労働やパワーハラスメントが跳梁跋扈する悪徳企業のこと。
    労働基準法などガン無視であり、従業員を使い潰すことに何の躊躇いも無い。
    潰れるどころか過労死の案件にも繋がるため本当にタチが悪い。
    しかし、この言葉自体は数年前からあるのだが、
    なぜ今年になって流行語として選出されたのかは微妙に謎である。

・ふなっしー
   …千葉県船橋市のご当地キャラ。…なのだが、自治体の公認キャラではない。
    船橋市名産の梨をモチーフとしたキャラクターである。
    語尾に「なっしー」とつけて喋るのが特徴である。
    今年の中頃から急にメディアへの露出が増えてきており、
    所構わず何かをキメているかのような表情で暴れ(?)まくっている。

・アベノミクス
   …日本経済が慢性的に陥っているデフレと景気低迷からの脱却を目的として、
    安倍内閣が掲げる経済政策の標語。
    由来は安倍首相とエコノミクスを合わせたという単純なものであるが、
    やけに語感が良くて使いやすい。
    主な政策としては「金融政策」「財政政策」「成長政略」の3つを柱としており、
    これらをアベノミクス3本の矢と呼んでいるらしい。
    1ドル70円台の超円高状態から一気に100円くらいまで円安になったのは
    アベノミクス効果なのかもしれない。違うかもしれない。
    なお「アヘノミクス」だと間寛平さんになってしまうのでご注意を。

・あっ…(察し)
   …書いて字のごとく、何かを察した時に使われる言葉。
    特に触れてはいけないようなものを察してしまった時に使われる。
    (察し)の部分は(確信)とか(すっとぼけ)など状況に応じて使い分けられ、
    なかなかどうして使い勝手が良かったりする。

・遠隔操作ウィルス
   …2012年のネット流行語大賞にもノミネートされたサイバー犯罪。
    他者のパソコンをハッキングし遠隔操作することを目的とした
    コンピューターウイルスの一種である。
    これに感染させた後、ネット上の掲示板に襲撃や殺人などといった
    犯罪予告を行うというサイバー犯罪が発生した。
    ネット上に殺人予告などを行うことは当然ながら犯罪であり、
    書き込み時のログに残ったIPアドレスの捜査によって逮捕者が出たのだが、
     「犯人」として逮捕された容疑者のパソコンを調べると遠隔操作ウイルスに
    染していたことが判明。「真犯人」がいることが発覚した。
    このサイバー犯罪が大きく採り上げられることになった要因としては、
    犯罪予告を行ったとされた「犯人」は冤罪であり、
    無実の罪で逮捕されたのだが、警察の威圧捜査と思しき行為によって、
    容疑を認めさせられた容疑者がいたことにある。
    度重なる不手際や、容疑者の社会的地位の侵害などについて、
    警察へ数多くの非難が集められた事件である。
    なお、現時点で「真犯人」と思しき人物の身柄を確保しているようだが、
    容疑を否認しており、さらなる冤罪の可能性もある。

・くまモン
   …熊本県のご当地キャラ。こちらはふなっしーとは違い公認キャラである。
    行動目的は「サプライズを見つけて紹介する」ことらしいが、
    サプライズを表現したとされるくまモンの表情は
    これまた何かをキメてしまっているかのような名状しがたいものである。
    ご当地キャラはイロモノになる運命なのだろうか…

・食品偽装
   …生産地、原材料、消費期限、賞味期限などについて、
    本来とは異なった表示を行ない流通、市販されてしまった問題のこと。
    特に今年に関しては阪急阪神ホテルズの偽装問題発表以降、
    芋づる式にホテルや旅館、デパートや飲食店にて問題が発覚していき、
    大きな社会問題に発展していった。
    それにしても、偽装問題が発覚した時にトップの謝罪が報道されるが、
    報道陣の追求に対して小学生の言い訳レベルの応対しか出来ないのは
    どないやねんと思わなくもない。エリートで賢いんとちゃうんかいと。
    もうちょっとマシな言い回しがあるんじゃないかと思ったり。

・草不可避
   …笑いをこらえきれない様子を指す言葉。
    「草」とは笑いのネットスラングとしてよく見られる「w」のことであり、
    wwwと連打したモノの見た目が雑草っぽく見えることから草と呼ばれる。
    草を生やすことを避けられない、笑わずにはいられないことを表している。
    なお、これのさらに上位の言葉として「大草原不可避」というのもある。

・(震え声)
   …強気な態度を取ってはいるものの心の中ではビビっている様子を表す。
    震え声に限らず、心の声を表したい時にカッコを付けて使用される。
    例えば(アカン)とか(ニッコリ)とか(小並感)とか(微レ存)などがある。
    他項目で書いた(意味深)や(察し)なども派生の一種である。
    主になんJにて使われる頻度が高い…ような気がする。
    ちなみに「小並感」とは「小学生並みの感想」の略である。
    (こなみ)と省略して書かれることもある。
    ちなみに「微レ存」とは「微粒子レベルで存在する」の略である。
    こちらは(びれぞん)と書かれているのは特には見かけない。

・けつもんだ
   …タレントのみのもんたさんがやらかした不祥事(疑惑)を指す。
    事の次第は、朝の報道バラエティ番組「みのもんたの朝ズバッ!」にて、
    みのもんたさんが隣に立っていた女子アナウンサーの腰らへんに
    手を伸ばしていた映像が全国のお茶の間に放送された。
    放送直後からネットで「みのもんたが女子アナのケツを揉んでいた」などと
    まことしやかに囃し立てられ、公然わいせつではないかと取り沙汰された。
    そんなこんなで番組名も「けつもんだの朝ズボッ!」などともじられるハメに。

・やっとあえたね
   …アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」でのセリフ。
    …らしいのだが、正直言って私にはどういう状況のセリフなのか
    さっぱりわからないので解説のしようがない。
    おそらく今年放映された劇場版でのセリフだと思うのだが、
    私はテレビ放送は見たが劇場版は見てないのでどうしようもない。
    というわけで仕方がないのでこの項目はパス。

・駆逐してやる
   …アニメ「進撃の巨人」の主人公エレン・イェーガーが心に誓う意思。
    少年期に巨人の侵攻に遭い目の前で母親を食い殺されたエレンは、
    普通の人間であればトラウマになるところを逆に生きる原動力とし、
    母親の仇である巨人を世界から一匹残らず殲滅することを誓うのであった。
    なお、セリフだけ見ると非常に物騒極まりないが、
    エレン本人は努力家で仲間思いの好人物であり、主人公の鑑と言える。

・ほんとそれ
   …相槌の一種。相手の言動を肯定または同意する時に用いられる。
    「それ」とはすなわち相手の言動を指している。
    気の置けない友人同士が使うような砕けた言葉なので、
    オフィシャルな場で使用するのはあまりおすすめできない。

・日本ユニセフ
   …正式名称は「公益財団法人日本ユニセフ協会」。
    36の国と地域にある「ユニセフ国内委員会」のうちの1つである。
    国際連合児童基金 (ユニセフ) の日本事務所ではない。
    …と、これは日本ユニセフの簡単な概略だが、
    これがなんで今年のネットで流行ったのかさっぱりわからない。
    誰かがなにかやらかしたりしたんだろうか?

・クッキーババア
   …ブラウザゲーム「クッキークリッカー」に出てくるクッキーを焼くおばあさん。
    転じてクッキークリッカーそのものを指す。
    毎秒数えきれないほどのクッキーを焼きまくっている。
    その単位は万や億では飽きたらず、恒河沙や那由多レベルに達し、
    日本の数の単位の限界に挑戦しているかのようである。
    クッキー増産とともにババアもどんどん進化していき、
    農家や坑夫などは序の口、異形の姿に変貌したり宇宙に適応したり、
    果てには反物質の存在にまで進化する。
    そして終いにはババアアポカリプスというファイナルモードを発動する。

    ゲームとしてはクリックしてクッキーを焼く。ただこれだけである。
    あまりにも単純極まりないゲームと呼べるかすら怪しいシロモノなのだが、
    凄まじい勢いで増えていくクッキーには妙な中毒性があり、
    まるでババアに取り憑かれたかのようにクッキーを焼くのをやめられないヒトが
    あふれかえる事態にまで発展した。
    ただしその爆発的な流行もまさに一過性のものであり、
    わずか数週間程度で一気に記憶の波に追い流されてしまい、
    既に現在では懐かしのコンテンツ扱いである。
    まさに流行り廃りの縮図といえる。



それにしても、なんで今年の流行語?っていうのが増えたような気がしますね。
数年前からあったような言葉とか、前からずっと使ってるような言葉とか出てきてますし。


次回、「バズワード・メモリィ2013 Part3」に続く。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1518話「バズワード・メモリィ2013 Part1」

どうもルイナです。

さて、今回のネタはこちら。

新語・流行語大賞2013
2013年「新語・流行語年間大賞」発表 過去最多4語に決定

つい先日、2013年の新語・流行語大賞が発表されました。
そこでほとんどサイト更新しなくなってしまった今年もやっぱり懲りずにやります、
流行語大賞に選ばれた言葉にコメントをつけていくのコーナー!
ある意味12月の恒例行事!ネタに困らなくて(・∀・)イイ!!


・今でしょ!
   …今年は4つもの言葉が流行語大賞に輝きました。
     1つ目は有名予備校の東進ハイスクールのカリスマ現代文講師として
     何年も前から名を馳せていた林修先生の決めゼリフから。
     「いつやるの?今でしょ!」という形で使用される。
     このセリフ自体も何年も前から使われていたのだが、CMなどで使用されると
     瞬く間に世間に広まっていった。テレビの影響力たるや未だ衰えずである。
     挙句の果てには林先生自身もテレビ番組にどんどん出演していくようになり、
     他にもいる東進ハイスクールの名物講師とともに引っ張りダコとなっていった。
     その宣伝効果はもはや計り知れない。
     それにしても、「今でしょ!」があまりにも使われまくったせいで、
     もはや芸人の一発ギャグ的なノリに近くなっているような気もする。
     来年になってもこの言葉が生き残っているかどうかは非常に怪しいところ。
     まあ林先生自身は元々予備校の講師が本業でありそれで生計を立てているので、
     別にテレビの仕事がなくなろうがどうってことはないと思うが。
     …そういえば、昨年の芸人枠「ワイルドだろぉ~」はどうなった?
     一昨年の芸人枠「ラブ注入」はどうなった?
     3年前の芸人枠「ととのいました」はどうなった?

・お・も・て・な・し
   …流行語大賞2つ目はフリーアナウンサーの滝川クリステルさんの言葉から。
     国際オリンピック委員会(IOC)総会にて、2020年の五輪招致に向けて
     ファイナルプレゼンテーションに立った滝川クリステルさんが
     日本人が誇る心尽くしの精神を的確かつ簡潔に表現する際に用いた言葉である。
     この言葉に感銘を受けた…のかどうかは実際のところよくわからないが、
     東京が2020年の五輪開催都市として正式に決定したのであった。
     なお「か・わ・い・が・り」だと全く別の意味合いを含むことになるので
     使用には注意が必要である。

・じぇじぇじぇ
   …流行語大賞3つ目は岩手県三陸地方の方言から。
     驚いたり戸惑ったりするときに使われる言葉であり、
     意味合いとしては「マジで!?」とかと似たようなものと思われる。
     NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」にてこれでもかと多用されており、
     なんとも言えない響きからやけに強烈なインパクトをもたらした。
     言葉の意味はわからんがなんか耳に残る言葉である。
     ちなみに「げげげ」だと数年前の流行語になるので使い分けるように。

・倍返し
   …流行語大賞4つ目はドラマ「半沢直樹」の主人公半沢直樹のセリフから。
     どこぞのガンダムパイロットの必殺技の決めゼリフからではない。
     派生として3倍返しだとかいう風にバリエーションも持たせられる。
     ただし現実社会で倍返しするのは非常にリスクが高いのでご利用は計画的に。

・アベノミクス
   …毎度おなじみ流行語大賞政治枠その1。
     日本経済が慢性的に陥っているデフレと景気低迷からの脱却を目的として、
     安倍内閣が掲げる経済政策の標語。
     由来は安倍首相とエコノミクスを合わせたという単純なものであるが、
     やけに語感が良くて使いやすい。
     主な政策としては「金融政策」「財政政策」「成長政略」の3つを柱としており、
     これらをアベノミクス3本の矢と呼んでいるらしい。
     1ドル70円台の超円高状態から一気に100円くらいまで円安になったのは
     アベノミクス効果なのかもしれない。違うかもしれない。

・ご当地キャラ
   …その名の通り、各地方が推すキャラクターのことを指す。
     ひこにゃんのようなゆるキャラ、せんとくんのようなリアル志向から、
     ふなっしーのようなゲテモノ(?)まで多種多様である。
     地方に根付くヒーローもご当地キャラの一種かもしれない。

・特定秘密保護法
   …毎度おなじみ流行語大賞政治枠その2。
     日本の安全保障に関する情報のうち「特に秘匿することが必要であるもの」を
     「特定秘密」として指定し、取扱者の適正評価の実施や漏洩時の罰則などを
     定めることを目指す法案を指す。
     まあぶっちゃけた話、一般人にはさほど関わりのない言葉である。
     そもそも何が特定秘密にあたるのかイマイチはっきりしてなかったりする。
     相も変わらず曖昧な話である。実に日本の政治らしい。

・PM2.5
   …毎度おなじみ流行語大賞自然現象枠。
     午後2時半ではなく、粒子径が2.5ミクロン以下の微粒子の総称を指す。
     何が問題かというと、容易に呼吸器・循環器系に入り込んできてしまい、
     健康を害することが危惧されているというところ。
     光化学スモッグや中国からの黄砂もこれに該当するっぽい。

・ブラック企業
   …常軌を逸した長時間労働やパワーハラスメントが跳梁跋扈する悪徳企業のこと。
     労働基準法などガン無視であり、従業員を使い潰すことに何の躊躇いも無い。
     しかし、この言葉自体は数年前からあるのだが、
     なぜ今年になって流行語として選出されたのかは微妙に謎である。

・ヘイトスピーチ
   …直訳すると「悪意を持った演説」。
     要するに、集団や個人を憎悪して差別したり貶したりする発言のことを言う。
     韓国における反日発言や日本における嫌韓発言などもこれに該当する。
     たとえ冗談であっても、特定の個人をバカにするような毒舌的な発言も
     場合によってはヘイトスピーチとなり得るので注意を払うべし。


・被災地が、東北が、日本がひとつになった 楽天、日本一をありがとう
   …今年のプロ野球日本シリーズはパ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスが
     創設9年目にして初のリーグ優勝と日本一を達成。
     未だ東日本大震災の爪痕が残る東北に活気をもたらした。
     …と、これはこれでいいのだが、どう考えてもこの言葉が
     巷で流行していたとは思えない。
     少なくとも私は実生活でこの言葉を使ったことも無ければ
     使っているヒトを見たことも無い。
     よく見ると「選考委員会では、この活躍を、歴史を証明する事象として
     後世に残したいと考えた。」とあり、 
     正直言ってさっぱり意味がわからないがなんか残したかったらしい。
     だったらたまには「がんばろうKOBE」とか思い出してあげようよ。



個人的感想を言うと、毎年半分くらいは( ゚д゚)ポカーン?ってなる言葉があるんですが、
今年はそれなりによく耳にする言葉が多く選ばれていたような気がしますね。
とはいえ、大賞候補を4つも選出しておいて、そこから選びきれないから
4つとも大賞にしましたっていうのはいくらなんでも手抜きが過ぎると思うんですが。
せめて2つくらいにまでは絞れよと思う。



関連:
2013年新語・流行語大賞について、いつにも増してブツクサと言う回
「ま総研2000(まどの総合研究所ver.5.0)」



次回、「バズワード・メモリィ2013 Part2」に続く。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1517話「the SIX Filling Archive of Ruins Memories」

今からちょうど6年前のあの日…

前も後ろも右も左もナナメもわからない状態でこのサイトがピギャーと産声(奇声?)を上げました…



というわけで、本日12月1日は!

このブログ「るいんずめもりぃ」の開設日です!

すなわち今日はこのブログ6周年という記念中の記念な日なのですよ!


…っていう感じで気合入れても、毎年毎年こんな感じだからなー。
もうこのコピペも6回目ですよこれ。ギャグの基本は天丼って言うけど明らかにやりすぎ。



さて、本日は6周年記念、そして1517話というキリの良い…って、あれ?
…なんか自分で言っててなかなかどうして寒々しいな…
本当は1600話くらいになる予定だったんですが、今年はてんでダメダメでしたね…
1550話にも届かなかったとは…


もう既にコピペ的なところが崩れまくっている感が否めませんが、
ここから再びコピペな内容に戻ります。
もちろん内容はいつものアレですね。このサイトの誕生秘話です。別に隠してないけど。


私がこのサイトを始めたのは、最近は全く語ってすらいませんが、
「Lingua furanca.」(通称りんふら)というブログに迷い込み、そこを経由していろいろな
面白いサイト・ブログに巡り会ったことで、こんなに面白くて楽しいことを
私もやってみたいなーと漠然と思い始めたところが発端となるのです。

それがだいたい6年前の夏ごろで、それから約半年ほどやりたいなーと思いつつ、
生来のチキンハートがたたってどうにも踏ん切りがつかなかったわたくしルイナさん。
年の暮れも近づく12月1日にようやく始めることとなりました。


当時の私は大学院生でした。しかも修士2回生で学生生活も残りわずか、
実験も佳境に差し掛かり、その上修士論文が控えているという、
サイトをやっていくには障害が多すぎ(むしろ何やってんだ状態)で始めたのです。

これについてはかつて何度かサイト中にて語ったこともありますが、
あえてこの時期を選んだというのもありまして、ヒマなときに始めるのではなく、
ある程度忙しい時期にやってみることで、社会人になって忙しくなったとしても、
サイトを続けていけるようにしたい、というちょっとした理由もあるのですよ。
どうせやるならずっとやっていきたいですからね。
それに忙しいことを理由に続けないというのはなんかヤですし。

…なんてことを言っていたのももはや在りし日の記憶的な感じになってまして、
忙しいから更新しないどころかもうほぼ放置状態ですが。
更新どころか巡回すら覚束なくなってますし…

ともかく、当初は毎日更新しようなどとは微塵にも思っていなかったのです。
まあいいとこ週に3~4記事くらい更新できたらいいなーと思っていた程度です。
それがいつの間にか毎日更新するようになって…
…そしていつの間にか週に2~3回、挙句の果てに月に1回あるかないか…
着実に凋落の道を歩んでいる気しかしない。

まあ凋落はとりあえず置いといて、記事の数自体は最初から1日1記事と決めていました。
意味はあまりないのですが、1日に何度も更新するよりは1日1回と決めていたほうが
わかりやすくてやりやすいかなーと思った程度です。
たくさん更新してもどーすんねんっていう感覚もありましたし。

更新形態としては、かつてはニュース更新とテキスト更新を交互に行っていましたが、
(今は気が向いた時しか更新しなくなってしまいましたが)
これはサイトを始める前からこの形式にしようと思っていました。
理由はもちろん、上記のりんふらでニュースサイト・テキストサイトの面白さを
両方とも味わってしまったからです。これは両方ともやるしかない!って思いましたね。
りんふらの管理人軍団がニュースサイターとテキストサイターだったことが私の運のツキか…

ニュースサイトとして記事をピックアップするのも面白いし、
テキストを書き連ねるのも面白い。だから両方やっちゃおうっていう感じです。
…まあぶっちゃけた話、現状は更新自体が出来てないんですが。

それはそうとして、サイトを2つに分けなかったのは、単に分けるのが面倒だったのと、
当時の私は今以上にネットについて無知でしたので、ややこしいことはようやらんかったのですよ。
まあ複数運営をやったところで、把握できずに片方が滞るみたいなことになりそうですし。
その最たる例がフェイスブック。最初に登録して以来ログインすらしてねぇな…


そして私のブログの唯一のアイデンティティ(!?)でもある「次回予告」について。
最近は予告?なにそれ美味しいの?状態ですが、一昨年くらいまでは毎回やってたアレです。

これはまったくもって「たまたま」生まれたコーナーなのです。

私はゲームや漫画、アニメが好きという、ご他聞に漏れずサブカルチャー要素が好きな、
ある意味でごくごく標準的なブロガーであるわけです。
だから、どうせブログをやるならそういう感じというか、
漫画やアニメっぽく1話ずつ進めていったろうと思い至ったわけですよ。

だいたい漫画とかアニメとかって、サブタイトルに「第○話」って出るじゃないですか。
これに倣って、私のブログも話数をカウントしていったら面白いかなーと思って
記事タイトルに「第○話」を入れるようになったのです。
…まあ、これに関しては先達(1000話までの「Coin toss」さんとか)が既にいたんですけどね。

話を戻すと、最初の「第1話」を更新した直後に私は思ったのです。
「話数を入れるなら予告がいるよな…」と。アニメと同じようなノリで。

で、どうせ予告するならこの際本当に次の更新内容とタイトルを予告してやろうと思って
生まれたコーナーなのですよ。たまーに変化球的にウソ予告も交えつつ。
まあそのせいで速報することに意義があるはずのニュース更新にすら次回予告がつくという、
ある意味で非常に本末転倒な感じになっちゃったりもしましたが。
速報という言葉からはまったく無縁になってしまった瞬間でしたね。
このニュースは次回に回そうとかやっちゃってますし。

しかしまあ、ニュースサイト一本で行ってたら次回予告なんてできようはずもありませんし、
(やろうと思えば出来ないことはないが、だから今次回予告できてないんだけど)
ニュースとテキストを交互に更新する形式だからこそ、次がニュース更新であっても
1日分の猶予があるので、次回予告をすることができたという感じで運ぶようになりましたね。
まさに偶然の産物ってヤツですね。
ニュース記事も2日分だから、採り上げる記事が少なすぎるってこともないですし。

…アレ?めっちゃ少ない時もあるな…まあいっか!


まあそれにしてもこれまで何度も言っていますけど、て何遍も言ってますけど、
よくここまでサイトをやってこれたなーという思いが強いですね。

忙しくなっても続けてゆきたいとはいったものの、やっぱり続けられなくなって
フェードアウトする可能性はもちろんあったわけですが、何とかここまで続けてこれましたね。
まあここ数ヶ月はほぼフェードアウト状態だったんですが。
昔の情熱とか、テキスト・コメントのエネルギーとか、今では再現できないもんなー。
安定期に入ったみたいな感覚ですかね?もしくは老後?


傍から見ればここ数ヶ月のこのサイトは完全に死んでる状態だったと思いますが、
私個人としては死んだつもりは全くありません。バリバリで生きてるつもりです。
今でも更新すること自体は面白いと思っていますよ。



最後に…

今回のタイトル「the SIX Filling Archive of Ruins Memories」について。

もともと「ワイルドアームズ アドヴァンスド サード」というRPGから
サイトの名前を決めたということもあったので、○周年のエントリーには
ワイルドアームズのタイトルに因んだモノをつけています。

今回は6周年なので6作目の「クロスファイア」から持って来ました。
タイトルの意味は特に無いんですが、「six」の「x」と「filling」の「f」で
「XF(クロスファイア)」というネタをやりたかっただけですね。
もしくは、ここのところ全然更新してなくてアーカイブが全然埋まっていかないので、
それを埋めていきたいという願望があるかもしれません。
…なんにせよもうだいぶ苦しいですが、サイトの状況も苦しいのでこんなもんです。
もちろん頭文字を取ると「ARM」になるようにしてますよ!


…こらそこ!どんな言葉を持ってこようがRとMは一緒とかバラすんじゃない!



…ってなわけで、本日の記事は1年前の記事の焼き増しというか、セルフパクリでした。
ちょいちょい書き足したり修正したりしてはいるけど、構成はまったくいっしょです。
ヒマなら毎年の記事と見比べてみて間違い探しみたいなことをしてみるのもオツかも?
そんな奇特なヒトがいるとは到底思えませんが。
まあ今回はサイトが瀕死になっていることもあって、書き足しや修正が結構多めになってます。



…どうでもいいけど、来年以降のタイトルどうしよう…ワイルドアームズのタイトル使いきったぞ…
新作が出る気配はもはやゼロに等しいしな…
こうなったら次はアニメから取るか…?アレとかアレとか…


テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。