スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1459話「スイープ・メモリィ2012」

どうもルイナです。

本日が正真正銘2012年ラストの更新となります。
いつもなら大晦日の更新は自分の書いたテキスト記事の自選集をお送りしていたんですが、
今年はほとんどテキストを書いてこなかったため、どないしたもんかと思いつつ、
そういえば今年閃光のごとく一瞬だけ流行った言葉のメモを残していたことを思い出したので、
それに解説をつけることで今年のスイープとします。





[1月の流行語]

・ステマ
   …「ステルス・マーケティング」の略。「スマホ」とは何の関係もない。
     そもそもは第三者を装って自社商品を持ち上げる、または他社を貶める行為を指す、
     いわゆる「サクラ」という手法のことだが、ネットが普及した現代では、
     ステマを仕掛けたい側が影響度(アクセス数)の大きい芸能人やスポーツ選手に頼み
     ブログ等によって宣伝行為をしてもらうという手法が主流になってきている。
     この場合、あまりにも唐突に、何の脈絡もなく有名人のブログに
     ステマ商品が出てくるので、違和感バリバリになってしまう。
     他には、影響のある側が他人を装い炎上マーケティングを仕掛けて
     それをさも対岸の火事のように自分で採り上げるという手法も存在している。
     だいたい年の始めの言葉なんて年末には風化してしまうものであるが、
     ステマの息の長さはたいしたものである。
     それだけ世の中にステマが蔓延っているということなのだろうか。


[2月の流行語]

・十六茶消滅
   …アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」とローソンのコラボ企画で、
     まどマギのストラップ付きの十六茶が発売されたのだが、
     それ欲しさに後先考えず大人買いしていく大きなお友達が殺到。
     売り切れ店が続出し、ローソンから十六茶が消滅してしまうほどであった。
     ストラップが目当てのため、そもそもの商品であるところのお茶に関しては
     飲まずにドブに捨てるような輩も頻出するという事態に。
     食べ物飲み物を粗末にするのはダメ!ゼッタイ!


[3月の流行語]

・Anotherなら死んでた
   …由来はもちろんアニメ「Another」から。
     「Another」は、とある田舎を舞台に、不運かつ不可解な「事故死」が発生しまくる
     「死の現象」が蔓延している、という内容のアニメであり、
     なんてことのない些細な原因で死に至るシーンが多かったことから、
     アニメのシーンでシリアスシーン・ギャグシーン問わず、
     事故りかけたりダメージを受けたりどつかれたりした時に用いられた。
     たとえどんなシーンでも強引に「死んでた」につなげることが出来るという、
     ある意味で非常に汎用性の高い言葉である。
     ちなみにこのアニメにおける「死の現象」は、死に至る「原因」もさることながら、
     その「結果」である「死にっぷり」も非常にバラエティ豊かであり、
     凄惨で残酷かつグロい死に様もあればどう見てもギャグというかコメディにしか
     見えないような死に様まで多数取り揃えていた。
     特に首から落下してブリッジ状態で絶命するという微妙にシュールな死に様は
     「ブリッ死」と呼ばれたりした。


[4月の流行語]

・西武の中継ぎwww 西武の中継ぎ………
   …プロ野球埼玉西武ライオンズの中継ぎ投手陣は俗に「俺達」と呼ばれ、
     2軍での登板や1軍の敗戦処理においてはいかなる打者をも寄せ付けない
     無双状態の活躍を見せるのだが、リードを保った状態でリリーフされると、
     それまでの活躍がウソのようにフルボッコにされ先発の勝利投手の権利を
     ドブに捨てるという体たらくをほぼ毎回晒してしまうのだが、
     こと2012年前半戦の俺達は絵に描いたような俺達っぷりを見せ、
     西武ファンに「勝つには先発投手が9回完封するしか無い」とまで言わせたほど。
     先発がマウンドから降りた瞬間西武ファンの悲鳴と絶望の叫び声が聞こえたという。
     あまりにも炎上しまくっていたため、当初は俺達をネタにしていた他球団ファンも、
     だんだんシャレにならない雰囲気を感じ取り笑顔が消えていくのであった。


・手も足もDeNAい
   …プロ野球の横浜ベイスターズは親会社がDeNAに変わり、それに伴い球団名も
     今年から「横浜DeNAベイスターズ」に変わり心機一転、最下位からの脱出を目論んだが、
     フタを開けてみると例年同様最下位をひた走っていた。
     その上、負け方も打者は全く打てず、投手は全く抑えられずを繰り返していたため、
     文字通り「手も足も出ない」状態であった。


[5月の流行語]

・ズッ友
   …元々はケータイギャル語で「ずっと友達でいようね」と宣言する、という意味である。
     Twitterにてこの言葉を使った「走れメロス」のケータイ小説風コピペが作成され、
     色々と改変されつつ、ズッ友という言葉が一時的に流行した。


[6月の流行語]

・ナマポ
   …生活保護の略称。「生保」で「ナマポ」である。
     「ナマホ」じゃなくて「ナマポ」なのは、ネットでよく見られる
     「ヌルポ」とか「もうダメポ」とかの亜種扱いにされたからと思われる。
     そもそも生活保護制度は日本国憲法にある
     「健康で文化的な最低限度の生活を保障する」という条文に基づき、
     生活に困窮する経済的弱者に対して国や自治体が必要な保護を行い
     自立を助長するという制度であり、定職に就いている通常の国民には
     基本的に縁のない制度のはずであった。
     しかし今年の中頃に芸人の次長課長・河本さんの親族や
     キングコング・梶原さんの親族が生活保護を受給していることが発覚。
     売れっ子芸人が親族にいるのに生活保護を受けているという、
     一見すると不正受給をしているのではないかという疑惑が持たれたが、
     生活保護申請システムの網の目をすり抜けるがごとくに巧妙な手口で
     ぐうの音も出ないほど合法的に生活保護を受給していたことが判明した。
     そのあまりにも完成度の高い手口は「河本システム」「梶原システム」と呼ばれ、
     この2人はナマポの神と崇め奉られることとなった。
     ちなみに、この騒動の裏でブラックマヨネーズ・吉田さんのTwitterが炎上していた。
     吉田さんはナマポ不正受給疑惑とは全然関係無かったのだが、
     twitterでこの件に関して煽ってきた人に対して、
     「ありがとう、食物連鎖の一番下の人♪」などと煽り返していた。
     いらんことを言ってしまった結果ナマポ祭に余計な燃料を投下してしまい、
     吉田さんは巻き添えを食らってしまうのであった。ある意味自業自得ではあるが。


[7月の流行語]

・オスプレイ
   …アメリカの航空会社2社が共同で開発した輸送用ティルトローター機。
     正式なコードは「V-22」であり、オスプレイ(Osprey)は愛称である。
     ちなみにオスプレイは猛禽類のタカの一種「ミサゴ」のことである。
     また、ティルトローターとは、垂直(短距離)離着陸のための手法のひとつで、
     ローターを機体に対して傾ける(ティルトする)ことで垂直上下降できる航空機である。
     従来の輸送ヘリコプターに比べ、高速かつ航続距離にアドバンテージがあるため、
     日本においても米軍が従来機の代替機としてオスプレイの配備を進めようとしていたが、
     安全性の確保が不十分であるなどといった理由で反対の声が上がっており、
     やや過剰とも言える勢いでオスプレイ機の墜落事故が報道されたりした。


[8月の流行語]

・(北島)康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかなかった
   …ロンドンオリンピック競泳日本代表の松田丈志選手の発言より。
     競泳といえば北島康介選手が思い当たるが、
     ロンドン五輪では北島選手は個人競技でメダルにあと一歩届かなかった。
     そして競泳最終日の男子400mメドレー試合前に、
     北島選手を除く残り3人(入江陵介選手、藤井拓郎選手、松田選手)が
     「康介さん(北島選手)を手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と誓い、
     メドレーに臨み、見事銀メダルを獲得したのであった。
     ちなみに北島選手もメドレーの時は個人競技の時よりも速いタイムを記録した。


・ココロコネクトドッキリ事件
   …アニメ「ココロコネクト」のアニメ製作スタッフによる一連のドッキリ事件のこと。
     概要としては、アニメの製作スタッフが声優の市来光弘さんに対して、
     「アニメオリジナルキャラのオーディション」に呼び、それに合格したと告げて、
     アニメ放送前の先行上映イベントにスペシャルゲストとして参加させたのだが、
     そもそものオーディション自体がドッキリであり、市来さんは観客や他の声優の目の前で
     嘲笑じみた編集をされたオーディション映像を流された上に、担当するオリジナルキャラは
     存在しないことをその場で告げられ、挙句の果てにアニメの宣伝と称して
     全国を飛び回らされる仕打ちを与えられた、というものであった。
     この問題の本質としては、声優に架空のオーディションを受けさせ合格したと思わせてから
     嘘と言って叩き落とし、オーディションに受かるべく真剣に演技する様子をも
     馬鹿にするというアニメ製作側の行為と思慮の無さであり、
     市来さんがいじめられた事もさることながらこのドッキリ企画自体が問題視されている。
     ベテラン声優ですら良い演技を見せなければ役を貰うことができない声優業界において、
     若手声優ともなればより一層気合を入れて役を獲得しに行かなければならず、
     どんな役、どんなセリフであろうと必死になって演技するのは当然である。
     そんな声優の本気の姿を嘲笑うなど言語道断も甚だしい行為である。
     なお、この騒動により少なからず本作品の評価に影響が出たと思われるが、
     原作者の庵田定夏氏はこのドッキリ企画やイベントについて一切関与していない模様で、
     この事件の影響で作品を貶められてしまい、まさに風評被害を受ける格好となってしまった。
     さらには、製作スタッフはこの事件の前にも市来さんにドッキリを仕掛けており、
     そこでもオーディションでの小っ恥ずかしいセリフを暴露されていたらしい。
     ちなみにその時のオーディションの相手役として、
     声優の喜多村英梨さんのこれまた小っ恥ずかしいセリフが流されたらしく、
     その影響でドッキリ事件から飛び火し、喜多村さんのアカウントに迷惑ポストが殺到して、
     喜多村さんはツイッターを停止することを余儀なくされるという、
     これまた風評被害以外の何物でもない事態まで発生してしまった。


[9月の流行語]

・ガリポタ(ガリガリ君ポタージュ味)
   …書いて字のごとく、ガリガリ君のコーンポタージュ味のことである。
     基本的にアイスであるガリガリ君において、コーンポタージュという
     ホットで食す(飲む)のが当たり前であるモノをアイスにするというこの企画は
     どう考えてもイロモノとしか思えなかったが、いざ食べてみると
     これが意外にイケるということが判明した。
     それが評判を呼び、どんなものか食ってみようと考えたヒトが殺到。
     アッという間に店頭からガリポタが売り切れるのであった。


[10月の流行語]

・iPS細胞
   …京都大学の山中伸弥教授らによって作製された細胞。
     iPSは「induced Pluripotent Stem」の頭文字を取っている。
     どんな細胞にもなれる万能細胞であり、人類の医学進展において、
     新たな1ページを刻むであろう技術である。
     なぜ「i」が小文字で「P」「S」が大文字になっているかというと、
     「iPod」にあやかって一般にも親しみやすくしたとのことらしい。
     なお、山中教授が2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞した裏で、
     東大病院特任研究員の森口尚史氏(現在は懲戒解雇処分)が
     「iPS細胞による世界初の臨床応用を行った」と主張したものの、
     そのほぼ全てが虚偽報告(要するにウソ)だったという騒動があり、
     iPS細胞は斜め上のベクトルからも注目されることとなった。
     むしろこの騒動が大々的に報道されたことによって
     iPS細胞が広く一般にも知れ渡ったと言えなくもない。


[11月の流行語]

・サムゲタン祭り
   …アニメ「さくら荘のペットな彼女」のヒロインのひとり「青山七海」が
     風邪をひいて倒れたときに、介抱しようとした主人公の空太と三鷹が
     七海のために作ったのが薬膳料理のサムゲタン(参鶏湯)だったのだが、
     原作ラノベではこの部分は「シンプルなお粥」という描写であり、
     あまりにも唐突に、しかも改変する意味のないところで突然サムゲタンが出てきたため、
     原作既読者が面食らってしまった。
     しかも、その直後から各種メディアや芸能人のブログでサムゲタンを
     採り上げた内容が頻出したため、「サムゲタンのステマ」が疑われた。
     その上タチの悪い(?)ことに、サムゲタンが韓国料理だったため、
     「韓国側がサムゲタンを広めようとしてステマを仕込んでいる」などといった
     陰謀論が一部のアンチ韓国なヒトから出てくる始末。
     なお、シンプルなお粥をサムゲタンに改変したスタッフの弁解としては、
     「シンプルなお粥を映像で表現するのは非常に難しい」とのこと。
     確かに言われてみれば白いお粥を絵に描くのは難しいとも思うが、
     だからって何であえてサムゲタンをチョイスしたのかは謎である。


[12月の流行語]

・ペニオク(ペニーオークション)
   …毎回の入札毎に手数料が必要になる形式のインターネットオークション。
     入札手数料オークションとも呼ばれる。通常のオークションに比べると
     開始価格や落札価格は低額だが、入札ごとに手数料が必要なため、
     競り合って何回も入札した場合などには手数料を含め高額になることが多い。
     流行するに至った理由としては、とあるペニーオークションサイトにて、
     ボットによる自動入札によって参加者が落札できないようにし、
     手数料をだまし取るという詐欺行為が取り沙汰され逮捕者が出たのだが、
     これらのオークションサイトで商品を落札したとの内容を自身のブログに投稿していた
     芸能人が多数おり、いわゆるステマを行なっていた(かもしれない)疑惑が発覚。
     芋づる式に芸能人が釣りあげられ続々と謝罪していくのであった。





なんとか2012年中に更新できた…
即席だったので間に合うかどうかスピード勝負な感じでしたが。

とにもかくにもこれにて2012年の更新ラストです。
それでは来年またお会いしましょう。次の更新がいつになるかナゾですが。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1458話「テンカウント・メモリィ2012 Ver.A」

どうもルイナです。

いつのまにやら2012年も残り数日となりました。
さて、この時期になると「個人ニュースサイト10大ニュース」という
コーナーを毎回やっていたんですが、今年はやりません。

…だって、今年ほとんど更新してなかったし…
ニュース記事も採り上げた記事の数が少ないからどないしようもなかった。


で、今年は何をやろうかというと、いろんなところで更新されている
「TVアニメOP・ED10選」というのに乗っかろうと思いまして。
アホみたいにアニメを見るようになってしまった私としてはやってみようかしらと。

ってなわけで、今年に放送されたアニメのOPとEDをピックアップしてみようのコーナー!
今回初めてやるのでフォーマットとか定まってないし、アニメのキャプチャとか撮る技術ないし、
アフィリエイトとかなにそれおいしいの状態なので味気ないかもしれませんが。

ちなみに個人的ルールとして、

・同じアニメからは1つのみ選出
・同じ歌手からは1つのみ選出


しています。特に理由は無いですが。







[OP編]

・君の神話~アクエリオン第二章/AKINO with bless4
 「アクエリオンEVOL」


オソレー!!!

始まる前はいったいどうなるんだろうという感覚がなきにしもあらずだったが、
いざ始まると曲も内容も非常にアクエリオンらしさがプンプンにじみ出ていた。
後期OPのゼッツボーテキニ(ry も捨て難いが、今回はこっち。


・Synchrogazer/水樹奈々
 「戦姫絶唱シンフォギア」


ワイルドアームズのアニメ化作品ッ! …ではありません。
しかしこの作品のスタッフと水樹奈々さんというシフトはまるっと「ワイルドアームズ5th」の
陣営そのままなのでやっぱりこれはワイルドアームズのアニメ化だった。
「カ・ディンギル」出てくるし。(以上自己洗脳)
ちなみに曲はやたらクチを動かさないとろくに喋れないくらいムズい。
シロウトがカラオケで歌おうとすると舌噛みそうになる。


・The Everlasting Guilty Crown/EGOIST
 「ギルティクラウン」


主人公「桜満 集」の半生(反省?)を描いたアニメといっても過言ではないこの作品。
歌詞も作品の雰囲気と集の振れ幅をそのまま書き表したような内容となっている。
ポジティブ・ネガティブとも、全てにおいて主人公にスポットを当てた作品だった。


・優しさの理由/ChouCho(ちょうちょ)
 「氷菓」


歌もさることながら、OP映像しょっぱなの波紋のようなエフェクトと相まって、
透明感というワードがぐうの音も出ないほどしっくりくる。


・太陽曰く燃えよカオス/後ろから這いより隊G(阿澄佳奈、松来未祐、大坪由佳)
 「這いよれ!ニャル子さん」


(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
テテテレテン(」・ω・)」れっつ(/・ω・)/にゃー!


…これ以上言うことがない。


・CHOIR JAIL/鈴木このみ
 「黄昏乙女×アムネジア」


後でも言うけど、おいろけアニメの主題歌は妙にカッコ(・∀・)イイ!!モノが
多いような気がする。アレか、視聴者層が基本的に大きなおとこのこだから
中二病的な要素を取り入れるからか?


・Go to the top/倖田來未
 「トータル・イクリプス」


ピロピロピロピロwwwwww
ゴーウィwwwゴーウィwwwヒカリッヘーwwwwww
ゴーウィwwwゴーウィwwwムカオッオーwwwwww


これ以上何を言えばいいんだ!
ちなみに後期OPは普通にカッコ(・∀・)イイ!!


・黎鳴-reimei-/黒崎真音
 「薄桜鬼 黎明録」


ロッティングなお嬢様方が好んで見られるであろうアニメの主題歌は
男性ボーカルでカッコ(・∀・)イイ!!モノが多いという勝手なイメージがあるんですが、
この作品は女性ボーカルでカッコ(・∀・)イイ!!感じに仕上がっていて、
なかなか珍しいんじゃないかと。いやそんなにお嬢様向けアニメ見てないけど。
…主人公?誰だっけ?土方?芹沢?


・Reason why XXX/佐咲紗花
 「だから僕は、Hができない。」


曲調も歌詞も映像もエロカッコ(・∀・)イイ!!としか言いようがない。
やっぱりおいろけアニメの主題歌は普通に聞いててテンションが上がる。


・ジョジョ~その血の運命/富永TOMMY弘明
 「ジョジョの奇妙な冒険」


その血の運命ェ!
ジョォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォジョォゥ!!!


これはもう選ばざるをえないと言っても過言ではない。
そもそも原作からして濃ゆい漫画なところに、その漫画をそのまま使ったかのような
濃ゆいOPアニメーション、そしてダサさを通り越して普通以上にカッコ(・∀・)イイ!!歌が
核融合反応を起こしてしまったかのような、それでいて胸焼けすることのない、
奇跡的な調合を果たしたOPといえよう。
最後のシャウトの長さは異常。アレやろうと思ったら波紋呼吸法を会得せんとムリや。



[ED編]

・SM判定フォーラム/青鬼院蜻蛉(杉田智和)
 「妖狐×僕SS(シークレットサービス)」


しょっぱなからいきなりヒドいの来たな!!!
いやもうホンマにヒドいとしか言いようがない。
たぶんアニメ史上でも5本の指に余裕で入ってくるほどのヒドさ。
歌詞にはピー音(しかも少しズレてる)、映像にはモザイク処理と、もはややりたい放題。
中の人である杉田智和さんの悪フザケここに極まれり。


・STUDY×STUDY/StylipS
 「ハイスクールD×D」


ノリの良いアップテンポな歌でテンションを上げていくも良し、
ED映像のポールダンスで(*´Д`)ハァハァするも良し。
StylipSは「この中に1人、妹がいる!」のOPもアニソンらしさ満載で捨て難い。


・ふわっふわのまほう/アミル(伊藤かな恵)、ネリス(相沢舞)、エアリィ(三上枝織)
 「シャイニング・ハーツ-幸せのパン-」


コネコネしよう(コネコネコネコネ)

歌詞でコネコネするも良し、
初期バージョンのED映像で狂気に陥るも良し(?)。
「キルミーベイベー」「這いよれ!ニャル子さん」とともに中毒主題歌の3狂…もとい、3強である。


・WHITE justice/飛蘭
 「機動戦士ガンダムAGE」


第3部キオ編のED。
いつもの飛蘭さんのエロカッコ(・∀・)イイ!!歌とはちょっと毛色を変えてきて、
普通にカッコ(・∀・)イイ!!歌に仕上がっている。
まあ夕方アニメで低年齢向け(?)のガンダムの主題歌でエロ風味を持たれても困るが。


・ジャージ部魂!/鴨女ジャージ部(石原夏織、瀬戸麻沙美、茅野愛衣)
 「輪廻のラグランジェ season2」


まさかのジャージ部が主題歌に正式採用。
1番2番3番がそれぞれピンでのラップになっている。
キルミーやコネコネ程ではないが中毒度は十分すぎるほどある。


・ニッポン笑顔百景/桃黒亭一門(ももいろクローバーZ)
 「じょしらく」


寿限無に始まりととのいましたーから一席設けるなど、
イロモノ的な歌かと思いきや落語アニメらしさ満載の1曲。


・INSIDE IDENTITY/Black Raison d'être(内田真礼、赤﨑千夏、浅倉杏美、上坂すみれ)
 「中二病でも恋がしたい!」


まさに中二病な主題歌と言っても過言ではないこの歌。
OPよりこっちの方がよりいっそう中二病チックである。
そもそもアイデンティティという単語自体が中二病っぽさ全開である(←偏見)


・割れたリンゴ/種田梨沙
 「新世界より」


作品の清濁併せ呑んだかのような内容とは一線を画し…ているかどうかはわからないが、
このEDは非常に清らかであり濁っている部分など無かった。
本編の濃ゆさを洗い流してくれるような余韻を与えてくれる。


・神様お願い/ハナエ
 「神様はじめました」


実は今回のコーナーをやるにあたって最後に採用した曲です。
あとひとつ何にしようかなーと思っていた時に、たまたま同時に「神様はじめました」の
録画を消化してたんですが、10話くらいのEDで鞍馬バージョンになって、
いつものローテンポなバラードとは真逆のロック調がいきなり聞こえてきて吹いてしまい、
その勢いでコレが選出されました。


・レッツゴーED/ゴールデン・イクシオン・ボンバー DT
 「イクシオンサーガ DT」


奴の命(タマ)をもぎ取れぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

最後もこれまたヒドいの来たな!
OPの「DT捨テル」も負けず劣らずのヒドすぎる曲だが今回はこっちを選出。
アニオタじゃないヒトらとのカラオケにて原曲(?)の「レッツゴーKY」の後に
コレを持ってきたら周囲はどんな反応をするだろうか。(←9割方ドン引き)







こうやって見てみるとOPはテンションの上がるカッコ(・∀・)イイ!!曲を中心に選んでますが、
EDはイロモノばっかやな…
「SM判定フォーラム」に始まり「レッツゴーED」に終わるとかどんな流れや。



テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

第1457話「他人に興味を持たなさすぎる管理人ルイナ」

どうもルイナです。



…前回のニュース更新は12月4日でした。実に23日ぶりのニュース更新ですよ!





…どうしてこうなった…?(←答え:スパロボのやりすぎ)







[他サイト様記事]

「相手に対する興味」を欠いたまま、「コミュ力」とかいうものを身に着けようとしてもあんまり意味ないんじゃないだろうか 「不倒城」
どうも、友人に「お前は他人に興味を持たなさすぎる」と言われたルイナです。
会話とかでも周りが喋っているのを聞いてる方が気楽ですね。
だからタイマントークがかなりニガ手になってしまうという。


男声・女声 - 同じアニメの中で男の子役と女の娘役を演じた声優さん
「さよならストレンジャー・ザン・パラダイス」
スパロボならよくあることですが、アニメでは確かに珍しいと思う。
そもそも近年は2役自体があまり無いですね。



[2chスレまとめ・ニュース系]

ボイジャー1号 「太陽系を出たと思ったらまだ太陽系だった」 「痛いニュース(ノ∀`)」
ボイジャー1号 「太陽系を出たと思ったらまだ太陽系だった」 「(*゚∀゚)ゞカガクニュース隊」
【宇宙ヤバイ】ボイジャー1号「太陽系を出たと思ったらまだ太陽系だった」
「ガハろぐNewsヽ(・ω・)/ズコー」
まだオールトの雲を超えられないというのか…!
ソーラーシステム恐るべし…?


【映画】ロボットアニメ「大空魔竜ガイキング」がハリウッド実写映画化!
「2chスポーツニュースナビ」
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工wwwwww
なんでまたよりにもよってガイキングをチョイスしたんwwwwww
他にもロボットアニメはくさるほどあるやろwwwwww


名古屋にシェンロンが現れたwwwwwww 「ニコニコVIP2ch」
これは確実にドラゴンボール7個集めたヤツがいるな…!
それはともかく、たまにこういうのを見つけると妙にテンション上がりますね。


【宇宙ヤバイ】土星の衛星で「パックマン」発見される 「うるるんロギー」
コレは完全にパックマンですわwwwwww



[2chスレまとめ・ネタ系]

ドラクエ5でがんばってホイミン仲間にする奴なんなの? 以下2記事、「オモテウラ」
オラクルベリー周辺の笑い袋の「仲間を呼ぶ」でホイミスライム呼ばせて、
それを狩りまくってサンタローズに行く前にホイミンを仲間にするのが
私のいつものプレイスタイル。
ちなみにサラボナに着いた時点で踊る宝石の「仲間を呼ぶ」でベホマスライム呼ばせて、
それを狩りまくって火山に行く前にベホマンを仲間にしつつ、
ついでにキメラを狩ってメッキーも仲間にするのが私のいつものプレイスタイル。

封神演義とかいう漫画
「異説・封神演義」の話とか「夢小路サトル」の話とかしようぜ!


もう続編は出ないだろうと思っているゲーム、アニメ 「カゼタカ2ブログch」
ワイルドアームズと幻想水滸伝のナンバリングタイトルはもう絶望的か…
サモンナイトみたいに奇跡の復活を遂げることは無いだろうな…


海老蔵が限りなくプーチンな件wwww 「ヴィブロ」
あかんまた市川AB蔵ネタが補強されてまうwwwwww


「月」を「尻」に変えてもその神秘性は失われない 「SLPY」
よおし…尻が見えた!


アニメタイトルの一部を「民主党」に変えると胡散臭くなる 「ブラブラブラウジング」
民主党オンライン







『英雄伝説 閃の軌跡』2013年度発売予定 PS3/PS Vita初のシリーズオリジナルタイトル
「萌えオタニュース速報」
劇的に進化! 軌跡シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡」PS3/PS Vitaで2013年度発売!
「うるるんロギー」
軌跡シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡」がPS3&PSVitaで発売決定! 「オモテウラ」

軌跡シリーズ新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

空の軌跡が空の秘宝(オーリオール)、零・碧の軌跡が幻の秘宝(デミウルゴス)と来たから、
次は確実に時の秘宝が来るでしょうね。ストーリー的にはどこまでやるのか。
碧の軌跡のエンディングを再現したりはしないんでしょうか?


3DSで『スーパーロボット大戦UX』が発売決定。 「ビッグムーンブリッジ」

携帯機新作版権スパロボキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ってSD三国伝はどう考えてもおかしいやろwwwwww
ガンダムはコレだけ出てるっていうならまだしも、普通にSEEDと00が出てるやないかwwwwww
PVでデモとボイスを目の当たりにしてもなおガセかと思ってしまうレベルやでこれwwwwww

ラインバレルはどうやら原作漫画版の設定もふんだんに採用されるみたい。
…あれ?そういえばマキナ「ラッシュバード」のファクターと加藤機関五番隊隊長がいないな…?



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

閑話65「ペニーオークション出展疑惑によるルインズメモリィのクリスマス中止のお知らせ」

つい出来心でペニーオークションに手を出してしまったため、
ルインズメモリィにもステマサイト疑惑が浮上してしまいました。

濡れ衣を晴らしクリスマスを迎えたい方はえるたそ~と(ry









以下、ステマサイト疑惑によりお蔵入りを余儀なくされたクリスマスネタ






   ∧_∧ やあ
   (´・ω・`)       /          
  /∇y:::::::\   [ ̄ ̄]         
  |:::⊃:|:::::::::::::|   |──|         
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|    
    ∇ ∇ ∇ ∇      /./|   
    ┴ ┴ ┴ ┴     / / .|   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/   |   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |   
   (⊆⊇) (⊆⊇) (⊆⊇)      |
     ||    ||    .||       |   
   ./|\  /|\  /|\

ようこそ、ルインズメモリィへ。このチョコはサービスだから、まず食べて落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。「※ただしイケメンに限る」って言うしね、
謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、今日という日が来たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ドヤ顔」みたいなものを
感じてくれたと思う。殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい。
そう思って、この記事を復活させたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。





      ________
  こ こ |´         __`丶_
続のの |     ,. ´: : : : : : : : :`.  、
け調調 |   /: : : : : : : : : :、: : : : : : : \
る子子 |  / : : : : ト、: : : : : ∧: :、 : : : :!⌒
でで で | /: : : ::∧ ,:|--\ : / ‐∨、\ : |
ゲペ.ゲ.| |: : : : :|/、|oヽ  ` /.:oヽ|: V
ソニ ソ |.| : : : : | {o:::::::}    {:::::0 }.Vハ
・ オ  .|| : :|: : :|  ヾ:::ソ    ヾ:::ソ  V|
・ ク   |.:ム:|∨:|.〃          /// }|
・. を    Oo。.: : l///   ,___,    ハ、
―――┘ヽ|: : :|           /: : : :\
 /: : : /: :/ : : ト ._  __ .  イ: :{ \:_:_: :ヽ
 : : : :、一': :_/: :x'⌒\l|`ヽ、: : ト、: ヽ    |: :|
  ̄/: : : :/: : / }}      } \ | }: : }   |: :└







        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V  僕と契約してペニオクに登録してよ!
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__







       ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
       {::{/≧===≦V:/
       >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ      モッピー知ってるよ
. | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i     今夜は聖夜じゃなくて
  、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l      性夜だって事
   ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/
    ∧::::ト “        “ ノ:::/!
    /::::(\   ー'   / ̄)  |
      | ``ー――‐''|  ヽ、.|
      ゝ ノ     ヽ  ノ |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめぇがクリスマスを
                /(  )    祝えると思ってんなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す






         ,、ヽr,
     / ̄ ̄.ヽγ ̄ヽ 
    / ///W`ヽヽ ゝ
  γ / / / //V\ l l .|
  l ル(● )W(● ) l リ ル  
  レV ⌒(__人__)⌒ レノ^) ゝ  
  |  l^l^lnー'´   V | /   アトリームにもクリスマスはありましたよ。
  \ヽ   L      /    それも地球のものとは比較にならないほど
     ゝ  ノ           イチャコラしてるカップルがいるものがね…
   /_/ \ヽ /ノ \






       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了 なにジョジョ?クリスマスは
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)    1人で寂しい?
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~    ジョジョ それは無理矢理
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ   誰かといようとするからだよ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:}
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   逆に考えるんだ
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-~、 ) |    「クリスマスは1人で祝うもの」と
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_    考えるんだ
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ






         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{   あきらめれば
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!   そこでクリスマスイブ開催ですよ…
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\






                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::、        私
        ク           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,__|::::::::::::\____ 減  の
        リ           |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   |:∧:::::::::::::::::/ ら  寿
   中   ス           |:::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::/ァテ个ト| :::::| ̄   し  命
   止.  マ        /::::: :::::::::::::::::::: /:::::/ 弋しソィ) Y:::|      て  一
.   し   ス       /::::::::::::\::::::::::::::/|/"""",  ,. ´ リ:::;'     い  年
   ね.           ⌒ア:::::::::::::::>、::::::|、  , , / ,.イ::/     い
    |            // ̄ ̄´| |\| \__,,  イ、  {>|/        か
   か       /:::/  `ヽ   |     >く∧:::::〈三ニニ八        ら
   な        /::::::::{     . |  ∨\::::}∧::::|ヽ    `、
           :::::::::八     ' ¨¨アヘ { :::}_ハ:::| `、    `、
              | ::::/\∨     j く  ∨ :::| | |ノ   `、    ヽ
              |:::/   j人   -={  \ }::::::| トミ ー=ヘ.    `、
       ,r‐=ニ|/三三三|ヘ   ∨   Y ::::ノ∨  \  `ヽ.     }
       l|三o三三三三| ∧   )、__,L∠∠三三フ^¨¨⌒!  ,ノニ=-
       l|三三三三三.〈/_∧            )  'ノ-=ニ三三三ニ=-






                  ,!  \
           ,!\          !    \ クリスマス、マジでもういいから…
         i  \         l      \,,..__
          ,i′  ,\___,,--―l       \::゙'冖ーi、、
        i     :;\::::::::::..l              `'‐、、
       /__,..;:r---―-、,..__.     ,;'il:;}          .;:::`L__
   ,.:f''""゙゙゙´          、 ̄ヽ,//           ...::::::l;;;:;;::::
  _/       ......  、   \//、            ::::::::リ;;:::::::::....
//       ......:;::::::::::::. ヽ、\ ゙ヽ  ヘ    ●      ....:::::::::i';;;;::::::::::::
;;/    ::::::::::::;;;;;ノ ̄\:: 〉 〉゙'、 `ヽ_ノ       ......:::::::.;;;:ノ:;;;:::::::::::::
/    ..::::、__;;ノ;;;`ヽ_/: / /⌒)メ、_ノ/         .....:::::;;;/;;;:::::;;:::::::::
     ..:::イ;;.ヽ::;;;;;;;;;(__ノ /'"..:::::::::::::/  ...............:::::::::::;;;,;ノ;;::::::::::::::::
     :::::::l;;;;;;;;;\;;;;;;;,.(__ノ;.;:.\:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::;;;;;/;:::::::::::::::::
    ::::::::,!::;;;;;;;;;;:.`゙'-、、  ::: \_/::::::::::;;;___,.;-―''"::::::::::::::::::::::::
   ..::::::::::,!;;;;;:;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;`゙ ̄'''冖''―--―'";;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::








         _,.ィ竹艸棘冽t、
      ,ィ爰〆'゙´ ̄ ̄`V ̄`ヾ、
      仞尨 (´,_、 ≒===≠ 丐!
      批炒 〃、\   ,/ヾ、}!
     爿乳 {{{  ` \,人_/ コ}}l!        、誰がクリスマスなんか…
     /ムy'′ ヾ¬  ・ ハ{ ・ 、jjヤ!       小
     { 断 、   `=≠彡ヘ }7毛ツヾ      // }   イブの夜なんか
     込l! ヽ   _ノ´└^ー'┘ ヽ ,イ    ノ/  /}   羨ましかネェェェ!
      |  l   jjjiii㎜㎜iillltt | i    引 ,//
      |  l  刎Y^Y^Y^Y^l糺l   引 //
    ,ゥ彗、   豕!llllllllllllllllllllllll l! !、 引 //
  ∠竺寸rミ,、   j !´ ̄ヾ ̄`ヾ!、抃ゝ引 //
  l'´   `ヾ嵜k、 冫`ニニニ二ノ ,仞/引 //
  {      ⌒ヾ棗ヽ,_災_ノ卆イr┘`ヾ(
  V 、,     ` `ー─-、三彡犲iji!斥、ヽ 》,
   ヽ           `ーイlilirォt三っtY
   y''´ゝ、_二¬ー      liljilヒ!r三っiヨ
 __j_ ノノ§§`'ー─--rrr´ ゙̄ ̄ ̄'ミ彡ノ
{{ o {{⌒i§§§§§§山§§§§ )厂
`〒─″ l§§§§§§§§§§§ノi!






           ☆      ☆ 
          
          ☆       ☆            ☆     
                       ☆   ☆ 
                            ★


       ∧_,,∧   12月24日になったら
      (,,    )   俺、あの娘と一夜を過ごすんすよ
       (    )   
       し―J
     ~"''"""゛"゛""''・、
 ""゛""''""""゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../ 







 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< というお話だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/        =完 =






                   ,.-―っ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                人./ノ_ら~ | ・・・と見せかけて!
           从  iヽ_)//  ∠  クリスマス開始 !!!!
          .(:():)ノ:://      \____
          、_):::::://(   (ひ
          )::::/∠Λ てノし)'     ,.-―-、   _
______人/ :/´Д`)::   (     _ノ _ノ^ヾ_) < へヽ\
|__|__|__( (/:∴:::(  .n,.-っ⌒    (  ノlll゚∀゚) .(゚Д゚llソ |
|_|__|_人):/:・:::∵ヽ | )r'        ー'/⌒ ̄ て_)~ ̄__ イ
||__|  (::()ノ∴:・/|::| ./:/         /   ̄/__ヽ__/
|_|_| 从.从从:/ |__|::レ:/      ___/ヽ、_/
|__|| 从人人从 ..|__L_/      .( ヽ     ::|
|_|_|///ヽヾ\ .|_|_     /⌒二L_    |
────────       ー'     >ー--'







本日の更新
          _,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,,_
        ,.r'´,.    -┐   ':..,゙ヽ
       ,r' ,::;:'    ,ノ ヽ、    ゙:::.ヽ
      ,.' _.,:;:'___ _立_  ___;;ミ゙、          ̄ノ ̄| ̄
     .l厄巳厄巳厄 i王i ,.巳厄巳厄巳l           ,勹 .├‐''
     l´ , "´  ̄ ̄ ̄ `'''′  ̄ ̄ ̄`.:`{         ´_フ  ヽ、_,
     | l ;;:.,.   ::、.       ...   '゙|
    ,.-''、.,! ,.::'    ヽ、:.゙、 ;;.:' ''  ヽ | ,.、       __l__
   ./  、/ `ヾー─tッ-ヽ''  kーtr─ツ'´〕. ヽ.        |
  / {´i Y::::..   ` ̄ ̄´.: "i! ::. 、` ̄´ ゙:::.、} r、 l        i,____
  | ヾ_,,入;:::.. `'' " ´.::; .::i! ::..  ```  :. }ツl l
  \  ノ ヾ ;:::.   .:r'' :: ll! :ヽ;:..:.   .: j,ノ ,!       ┬‐┌,┴┐
    ヽ',,;l  ゙i ;::.. _ `ヽ、;;,,,,'.ィ'' _,, .::,;r'1,,,/           l__ ノl士
  ッジ::::::|  ゙ ,r'´:::;;;;;;;::>  弋´;;;;;::::ヽ'" |:::::゙'イィ      ノ凵 l土
 弍:::::::::::l  /:::;r'´ ,,..-ー…ー-、 ヾ;:::'、  |:::::::::::ヒ
  シ:::::::::::l   i':::,!  ´  __  ゙  l::::l:. |::::::::::ス       __ヽ__‐┬┐
  彡;:;:::::l  l:::l     ''''''''⇒;;;:,   l:::l  |::::;;ャ`        ニ メ ,ノ
  ,r', 广'`ヽl:::l ::::. .::     ゙::.   l::l ノ^i`、         l ̄l ハヽヽ
 ,イ(:::j    i::;ヘ  :;:.       .::   l::l'"  l:ヽヽ         ̄   ̄
 |;:ヽヽ   l::l  ヽ ;:.... ..  .. :  /l::l   ノ ,.イ
 |;:;:;:;\\ l::l   ', :;.:;::::::::::..::.  /  l::l,r'' /;:;:;|







ちなみに、AAは主に「2ch全AAイラスト化計画」さんのとこから使わさせてもらいました。

関連:
明日か……
今の気分を絵で表現してみた 以上、「架空の妹があらわれた!」

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

第1456話「バズワード・メモリィ2012(延長戦・後半)」

どうもルイナです。

本日のネタは今年4度目のバズワード・メモリィ…の後半です。

関連:
第1452話「バズワード・メモリィ2012(前編)」
第1453話「バズワード・メモリィ2012(中編)」
第1454話「バズワード・メモリィ2012(後編)」
第1455話「バズワード・メモリィ2012(延長戦・前半)」


本来ならば、延長戦は1話で全部やりきる予定だったんですが、
ちょっとノミネートの時点でアホみたいにピックアップしすぎたもんだから、
とんでもない分量になってしまったので、どうせなら上半期と下半期で分けようと思ったのです。

…こらそこ!分量がめっちゃ多いから2話に分けて話数を稼ぐとか本当の理由を嗅ぎ当てるな!


…げふんげふん、というわけでバズワード・メモリィ延長戦の後半です。
以下、ノミネートワードの解説をどうぞ。


・1巻、2巻、武道館!
   …アニメ「トータル・イクリプス」のBDの宣伝CMのキャッチフレーズ。
     発言するのは「イーニァ・シェスチナ」の中の人である能登麻美子さん。
     言葉の意味は、BDの1巻もしくは2巻に武道館イベントのチケット応募券が
     同封されているということである。
     前半でのCMはアニメの内容を紹介する普通のCMだったのだが、
     中盤から光線(レーザー)級の着ぐるみが佇んでいるだけの
     ともすれば手抜きと疑われかねないCMになってしまった。
     ちなみにレーザー級はBETA(第2次スパロボZの次元獣みたいな敵)の一種で
     超威力・超射程の必中対空狙撃レーザーを集団で連射するという、
     衛士(パイロット)にとって脅威かつ恐怖の象徴といえる最悪の敵なのだが、
     レーザー級そのものはレーザー発射口でもある目がとてもつぶらな瞳をしており、
     見た目はとても愛くるしい(?)フォルムをしている。
     製作スタッフもレーザー級のプリティさに味を占めたのか、
     一時期のCMではレーザー級がアホみたいに増殖しまくっていた。

・ジャージ部魂
   …アニメ「輪廻のラグランジェ」第2期のEDタイトル。
     1期にも「ジャージ部のうた。」という挿入歌があったが、
     2期に入って満を持して(?)ジャージ部がEDに採用されたのであった。
     もしラグランジェがスパロボに参戦した場合、
     主人公の京乃まどかの精神コマンドに「魂」が採用されるのはほぼ確定といえるだろう。

・もっと悪いことしたらお兄ちゃん先輩にコツンしてもらえるんですか!?
   …アニメ「この中に1人、妹がいる!」にて、主人公「帝野将悟」が
     ヒロイン(妹候補)のひとり「国立凜香」と生徒の風紀を取り締まった際に
     むしろ将悟に取り締まられたい女の子たちが口を揃えて言ったセリフ。
     このセリフの前にも後輩の女子生徒たちが将悟の前に殺到し、
     「悪いことしたらお兄ちゃん先輩に『めっ!』してもらえるんですか!?」
     などと発言していた。なんともアタマの悪いセリフである(ホメ言葉)。

・淫乱シュークリーム
   …アニメ「この中に1人、妹がいる!」のヒロインのひとり「鶴眞心乃枝」を指す。
     なかなかの巨乳キャラであり、生真面目な性格ながらも将悟に迫る際には
     自らの武器とも言えるシュークリーム(要するにおっぱい)を駆使して
     色仕掛けを行うことも厭わない性格の持ち主である。
     作中においても「私のシュークリームを食べてください!」などと言いながら
     将悟にアタックを掛けていたため視聴者からこう呼ばれることとなった。
     ちなみに心乃枝は将悟に「イチゴ」も食べて欲しいらしい。
     その意味は推して知るべし。

・ゲーッチュゲッチュ!ゲーッチュゲッチュ!
   …アニメ「ちとせげっちゅ!!」の主題歌にて連呼される合いの手。
     TVサイズだとおよそ半分がこの歌詞であり、
     本編の微妙なタルさと比べて妙に耳に残る言葉である。
     やはり繰り返しはギャグの基本ということだろうか。

・攻略組
   …アニメ「ソードアート・オンライン」の作中VRMMORPG「ソードアート・オンライン」を
     クリアするために前線にて命懸けで戦うプレイヤーたちを指す。
     主な攻略組は主人公のキリトやヒロインのアスナが該当する。
     他にはギルド「風林火山」のクラインやアイテム屋のエギルも攻略組に含まれる。
     ただしキリトの場合においては、作中エピソードにて、
     アスナを含めた様々な女性キャラクターたちと関わった際に、
     速攻で落とした(惚れられまくった)ため、「攻略組」という言葉はキリトを指す場合のみ
     「美少女攻略組」というギャルゲー的な意味も含まれることとなった。
     なお、2クール目の舞台であるVRMMORPG「アルヴヘイム・オンライン」においても、
     キリトはリーファ(リアルでの義妹)を始めとして、
     関わりあいになった女性キャラをことごとく落としまくっている。
     もう「落とし神」の称号を与えても良いと思う。

・もう殴る壁がない
   …アニメ「ソードアート・オンライン」の主人公にして「攻略組」のキリトは、
     メインヒロインであるアスナを完全攻略して結婚する(SAO内で)のだが、
     キリトとアスナは結婚する前からイチャコライチャコラしており、
     それを画面の向こう側から指をくわえて見届けるしか無い視聴者は、
     その名状しがたいフラストレーションを発散させるために壁を殴るしか無かった。
     これを「壁ドン」という(本来の意味とは違うが)のだが、
     キリトとアスナは結婚後もさらに輪をかけてイチャつきまくっていたため、
     もはや視聴者に殴ることができる壁は残されていなかった。
     完全敗北を喫した視聴者の嫉妬と羨望と諦観が込められた呪言といえよう。

・銅像
   …アニメ「ガンダムAGE」の第1部主人公「フリット・アスノ」の銅像を指す。
     最終回のエピローグにて、地球とヴェイガンとの戦争を終結に導いた
     英雄フリットの、その生涯の功績を讃えて作製されたものである。
     フリットは視聴者にとってはその行動や言動からツッコミどころ満載だったが、
     作品内では一貫して英雄扱いされ続けたキャラだった。
     様々な意味で「ガンダムAGE」という作品を象徴する銅像だと言える。

・ゆのさま
   …アニメ「ひだまりスケッチ」の主人公「ゆの」に敬称をつけた…わけではなく、
     4期目「ひだまりスケッチ×ハニカム」に出てくる銭湯の名前である。
     要するに右読みであり、普通に書くと「まさのゆ」となる。
     後輩2人(乃莉となずな)は一瞬かなり焦った模様。

・モリサマー
   …アニメ「中二病でも恋がしたい!」のメインキャラ「丹生谷森夏」の真名。
     もちろん中二病設定である。「鳳凰院凶真」などと同種である。
     由来は名前の「森夏(しんか)」の「森」を「もり」と読み、
     「夏」を英語の「サマー」に変えただけである。非常に安直である。

・出ますよ、ダモクレスの剣が
   …アニメ「K」冒頭にて赤の王の勢力と青の王の勢力とが正面衝突した際に、
     2人の王が全力で戦うことを予見した青の軍勢(セプター4)のメンバーのひとり
     「伏見猿比古」がつぶやいたセリフ。
     「ダモクレスの剣(つるぎ)」とは王が本気を出した時に現れる証のようなものである。
     どうでもいいセリフと言えばどうでもいいセリフなのだが、
     ただでさえスタイリッシュかつ奇怪な雰囲気を撒き散らしている中で、
     さらにかぶせるようによくわからない固有名詞を突然つぶやいたため、
     妙に耳に残る言葉になってしまった。
     ちなみに用例としては、何かを取り出そうとした時に使われることが多い。
     ズボンのチャックを下げようとした時には確実に使用される言葉である。

・や、やった!さすがディオ!おれたちにできないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれるあこがれるゥ!
   …「ジョジョの奇妙な冒険」第1部「ファントム・ブラッド」における、もはや説明不要の名言。
     一応解説すると、ディオがエリナに「ズキュウウウン!」した際に、
     その光景を見た取り巻きの子分が言ったセリフである。
     原作漫画の名シーンとして名高く、アニメにおいても完全再現されていた。
     なお、このセリフを見事に再現してくれたのは「ソードアート・オンライン」の
     主人公キリトの中の人である松岡禎丞さんである。
     それだけならそこまでなのだが、ディオの中の人は子安武人さんであり、
     子安さんは「ソードアート・オンライン」2クール目の
     ラスボス「須郷伸之(オベイロン)」も演じている。
     須郷はアスナの意識を「アルヴヘイム・オンライン」内に閉じ込めたり、
     現実世界でキリトの目の前でアスナをいじくり回したり、
     昏睡状態のアスナとの結婚を強行しようとしたりしていた。
     中の人同士の関係性を考えると、まさしく須郷はキリトにとって、
     「俺にできないことを平然とやってのけるッ!」状態であった。
     だからってキリトはそこにシビれたりあこがれたりはしないけれども。

・メメタァ
   …「ジョジョの奇妙な冒険」第1部「ファントム・ブラッド」における、もはや説明不要の効果音。
     一応解説すると、ツェペリ男爵が波紋の力をジョナサンに見せるために、
     カエルを殴って波紋を通し、その下の岩のみを破壊したときの効果音である。
     原作漫画の名シーンとして名高く、アニメにおいても完全再現されていた。
     なお、実際にこの効果音を耳で聞いてみると、なんとも名状しがたい、
     まさしく「メメタァ」としか表現できないような音であった。
     こんな無茶な音を見事に再現してくれたスタッフの迷い無き覚悟に喝采を。

・目には目を、歯には歯を、悪には悪を
   …アニメ「コード・ブレイカー」の主人公「大神零」の口癖。
     「目には目を、歯には歯を、悪には◯◯を」と言う形で
     大神だけではなく他のコードブレイカーも多用するセリフである。
     CMなどでもよく使用され、ほとんどキャッチフレーズとなっているが、
     コードブレイカー達が能力を使用する際、ほぼ毎回このセリフを言うため、
     視聴者からは「このセリフを言わなきゃ能力が使えないのだろうか?」という
     疑いさえ生まれてしまった。

・DT
   …アニメ「イクシオンサーガ DT」の主人公「火風紺」のこと。
     紺が異世界「ミラ」に転移した際に自らを「DT」と叫んでしまったため、
     ライバルのエレクたちにこう呼ばれ続けている。
     また、タイトルについている「DT」は「Dimension Transfer」の略である。
     「DT」というとどっかのロボットアニメのタキシードを着たボンクラ野郎を思い浮かべるが、
     とりあえずは関係ない。まあ紺もDTなんだけども。
     なお、OPにも「DT」が使われており、タイトルは「DT捨テル」。
     内容も非常にアレな感じであり、ジョジョとは別方向で凄まじいOPである。

・ED
   …アニメ「イクシオンサーガ DT」の主人公「火風紺」のライバルキャラ
     「エレクパイル・デュカキス」のこと。イニシャルが「ED」になる。
     「ED」というと病気のアレを思い浮かべてしまうが、
     作中においてもエレクは紺と戦った際に金的を2度も受けてしまい、
     両玉全摘という致命傷(?)を負ってしまう。
     このせいでエレクは「タマ」という2文字に過敏になってしまうのであった。
     なお、ED(エンディング)にも「ED」が使われており、
     タイトルは「レッツゴーED(エレクパイル・デュカキス)」。
     内容も非常にアレな感じであり、OPの「DT捨テル」とともに
     イクシオンサーガの主題歌はとてつもないインパクトを誇っている。

・乳首ピアス魔神
   …アニメ「マギ」にて、煌帝国の皇女「練白瑛」が召喚したジン(魔神)「パイモン」の姿が
     まさしくコレであり、大きなお友達がよく見る深夜のおいろけアニメにありがちの
     閃光やら湯気やら暗闇やらといった規制も全く無かったため、
     放送コード的に、しかも小さなお友達も見る日曜夕方アニメなのに
     「コレをさらけ出して大丈夫なのか!?」という視聴者の心配の声がこだました。
     なお、結論としては「人間サイズじゃなく、皮膚も青いからセーフ」と
     自らに言い聞かせるしかなかった模様。
     この結論に至る材料として、アニメ「新世界より」に出てくるバケネズミの女王がおり、
     完全に人外な外見かつデカかったため、着衣してなくても規制はかけられなかった。
     つまりはそういうことらしい。
     (単に人外という条件だけだと悪魔ヒロインとか死神ヒロインとかいるためNG)

・鷹嘴名人
   …アニメ「BTOOOM!」の作中ゲーム「BTOOOM!」の製作者「鷹嘴」のこと。
     鷹嘴の中の人は何を隠そうあの「高橋名人」であり、
     鷹嘴(たかはし)という名前から名人が起用されたようである。
     というか、そもそも「BTOOOM!」は「相手を爆弾で倒す」という内容であることから、
     モチーフはハドソンのゲーム「ボンバーマン」と考えられ、
     そのつながりで作中に名人をモデルとしたキャラを登場させたと思われる。
     ちなみに当の名人の演技は非常に軽い感じに仕上がっており、
     「BTOOOM!」の凄惨な爆弾バトルロワイヤルの雰囲気とは
     一線を画すかのようにひょうきんなノリである。
     そのギャップが非常に良い感じである。

・テラ子安www
   …言うまでもなく、声優の子安武人さんのことであり、
     子安さんが演じるキャラが登場した時に高確率で投下される言葉である。
     意味としては「子安さんキター!」とか「非常に子安さんな演技」とか
     「なんかもう言い表せないほど子安さん」とかいったニュアンスであり、
     決してバカにしているわけではない。むしろ賛辞の意味が大きい。
     2012年秋クールの子安さんは「ジョジョの奇妙な冒険」のディオや
     「ソードアート・オンライン」の須郷、「サイコパス」のタリスマンといった
     ボスクラスの大物キャラを多く演じており、
     そのどれもが怪演とも言える非常に素晴らしい熱演をしてくれている。
     特にディオの演技は「無駄無駄ァ!」やら「貧弱貧弱ゥ!」やら
     「WRYYYYYY!」などといった名言の数々を凄まじいテンションで演じており、
     アタマの血管が切れるんじゃないかと心配にすらなるレベルである。
     なお、2012年秋クールでは、アニメ「となりの怪物くん」の
     主人公(ヒロイン)「水谷雫」の父親の役も演じているのだが、
     これが他作品の濃ゆい子安さんキャラに比べてあまりにも普通すぎるため、
     「今期唯一の普通な子安」とか「今期最弱の子安」などと呼ばれている。

・サムゲタン
   …アニメ「さくら荘のペットな彼女」のヒロインのひとり「青山七海」が
     風邪をひいて倒れたときに、介抱しようとした主人公の空太と三鷹が
     七海のために作ったのが薬膳料理のサムゲタン(参鶏湯)だったのだが、
     原作ラノベではこの部分は「シンプルなお粥」という描写であり、
     あまりにも唐突に、しかも改変する意味のないところで突然サムゲタンが出てきたため、
     原作既読者が面食らってしまった。
     しかも、その直後から各種メディアや芸能人のブログでサムゲタンを
     採り上げた内容が頻出したため、「サムゲタンのステマ」が疑われた。
     その上タチの悪い(?)ことに、サムゲタンが韓国料理だったため、
     「韓国側がサムゲタンを広めようとしてステマを仕込んでいる」などといった
     陰謀論が一部のアンチ韓国なヒトから出てくる始末。
     なお、シンプルなお粥をサムゲタンに改変したスタッフの弁解としては、
     「シンプルなお粥を映像で表現するのは非常に難しい」とのこと。
     確かに言われてみれば白いお粥を絵に描くのは難しいとも思うが、
     だからって何であえてサムゲタンをチョイスしたのかは謎である。

・あんこう踊り
   …アニメ「ガールズ&パンツァー」にて主人公「西住みほ」が在籍する
     「県立大洗女子学園」が、強豪「聖グロリアーナ女学院」と
     戦車道の親善試合を行って惜しくも負けてしまった際に、
     みほがチームメイトとともに踊らされた罰ゲームである。
     クネクネした踊りであり、「恥ずかし過ぎて一生のトラウマになる」らしい。
     なお「大洗」とは茨城県に実在する地名である。さすがにあんこう踊りは実在しないが、
     「大洗あんこう祭」というイベントが毎年開催されている。
     今年のあんこう祭は「ガールズ&パンツァー」とコラボしたため、
     一般の観光客とガルパンに釣られて聖地巡礼したアニオタの皆さんがひしめきあって
     とんでもないカオス空間になっていたトカいないトカ。

・秋山殿
   …アニメ「ガールズ&パンツァー」のメインキャラ「秋山優花里」のこと。
     そのまんまといえばそのまんまである。
     名前を呼ぶときは相手が誰であろうと必ず「◯◯殿」と呼ぶため、
     いつしか彼女自身が視聴者から「秋山殿」と呼ばれるようになった。
     もちろん作中で優花里のことを「秋山殿」と呼ぶキャラはいない。
     なお、頻度としては憧れの存在でもあるみほの名前を呼ぶことが多い。
     そのせいか、みほも視聴者に「西住殿」と呼ばれるのが定着しそうである。

・うわっ…私の年収…低すぎ…?
   …転職サイトのネット広告に表示されているフレーズ。
     このフレーズとともに、手で口元を隠すポーズをした女性の写真が掲載されている。
     意味としては、他社の年収情報を知り、現在の自分の年収とのあまりの差に愕然として、
     開いた口が塞がらなくなったのを手で覆い隠している、という状況を表している。
     ブログパーツとして貼られている頻度が高く、ネットに入り浸っていると
     色々なところでやたらと目に入る広告であり、表情も妙にシュールな感じのため、
     ネタとして非常に使いやすい素材となっている。
     アニメにおいても、驚いたりショックを受けたりした時に、このポーズを取るシーンが
     描かれることがそこそこあり、そのシーンが来るとほぼ確実にこのフレーズが使用される。





毎年思うけど、このコーナー疲れるわ…



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1455話「バズワード・メモリィ2012(延長戦・前半)」

どうもルイナです。

本日のネタは今年4度目のバズワード・メモリィ。

関連:
第1452話「バズワード・メモリィ2012(前編)」
第1453話「バズワード・メモリィ2012(中編)」
第1454話「バズワード・メモリィ2012(後編)」


本来は3部作(?)で終わらす予定だったのですが、後編のネタ元でもある
テキストサイト「karimikarimi」さんが自選したアニメの流行語10選ネタを採り上げたときに、
私もノミネートをしていたのです。(第1394話第1441話を参照)

というわけでせっかく自分でも選出したんだから、選ばれたワードの解説を付けていきます。
特に順位を決めたりはしませんが。


【ノミネート第1陣:第1394話より】

・やわらかーい!!!
・穴掘り兄弟
・平身低頭覇
・○(まるっ)
・防人(さきもり)
・どしたのワサワサッ
・Anotherなら死んでた
・ヴォイド王子
・うふふふふ
・待たせたな!我が肉便器たちよ!
・ひなだお!
・文学少女
・ラード神
・股枕
・キュアピースVSサザエさん
・わたし、気になります!
・こねこねこねこね
・(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
・ブリキライター
・スーパーパイロット



【ノミネート第2陣:第1441話より】

・僕の王の力がぁぁぁ!
・もっ先
・1巻、2巻、武道館!
・ジャージ部魂
・もっと悪いことしたらお兄ちゃん先輩にコツンしてもらえるんですか!?
・淫乱シュークリーム
・ゲーッチュゲッチュ!ゲーッチュゲッチュ!
・攻略組
・もう殴る壁がない
・銅像
・ゆのさま
・森サマー
・出ますよ、ダモクレスの剣が
・や、やった!さすがディオ!おれたちにできないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれるあこがれるゥ!
・メメタァ
・目には目を、歯には歯を、悪には悪を
・DT
・ED
・乳首ピアス魔神
・鷹嘴名人
・テラ子安www



【ノミネート第3陣:追加エントリー】

・サムゲタン
・あんこう踊り
・秋山殿
・うわっ…私の年収…低すぎ…?



以下、ノミネートワードの解説をどうぞ。


・やわらかーい!!!
   …アニメ「アクエリオンEVOL」の主人公「アマタ・ソラ」のセリフ。
     まあ色々あってロクに女の子に触れたことのなかったアマタが、
     とあるきっかけでヒロイン「ミコノ・スズシロ」の手に触れた際に、
     あまりにも興奮しきってしまい思わず叫んでしまった。
     このセリフがキーとなった…わけではないが、
     アマタは封印されていた「禁じられた男女機合体」を行い、
     主人公機「アクエリオンエヴォル」への合体を行ったのであった。

・穴掘り兄弟
   …アニメ「アクエリオンEVOL」のソウルブラザーを指す言葉。
     基本的には穴掘り能力を持つエレメント「アンディ・W・ホール」と、
     主人公のアマタの2人である。
     穴を掘って女子寮へ忍び込もうとしたアンディに付いて行けば
     ミコノに会えると考えたアマタだったが、
     出口の真上にたまたまミコノがいたため例によって興奮したアマタは
     飛翔のエレメント能力を発動させ、ミコノの股間に頭からダイブするという
     とんでもない離れ業をやらかしたのであった。当然ミコノはブチ切れてしまったが、
     アンディはアマタの勇気ある行動(?)に敬意を評したのであった。

・平身低頭覇
   …アニメ「アクエリオンEVOL」の主人公機「アクエリオンエヴォル」の必殺技。
     超高空に飛び上がり、猛スピードで降下して、着地と同時に膝をつき、
     地面に額をこすりつける必殺技である。
     女子のテリトリーに忍び込んだ際にミコノの穴を掘った(?)アマタが
     悩みに悩みぬいて発現させた必殺技であり誠意の証である。

     …必殺技と言ったが、要するに土下座である。DOGEZAでありorzである。
     当然ながらミコノ以外のヒトにとっては( ゚д゚)ポカーン極まりない行動で、
     アマタと一緒にアクエリオンに同乗していたカイエンやアンディからは
     大ブーイングを受けることとなった。
     なお、あまりにも規格外の必殺技すぎたため、シミュレーターが不具合を起こして
     停止してしまい、強制終了するという効果を発現した。
     スパロボに参戦したあかつきには是非とも必殺技として採用していただきたい。

・○(まるっ)
   …アニメ「輪廻のラグランジェ」の主人公「京乃まどか」の決めゼリフかつ決めポーズ。
     何かしら上手くいった時に使用していた。
     ノリとしては「マクロスF(フロンティア)」のヒロインの1人「ランカ・リー」の
     決めゼリフ「(ノゝ∀・)~キラッ☆」と似たような感じである。
     ちなみにOPでもまどかによる「まるっ!」というシーンが挿入されているのだが、
     ラグランジェのOPを歌っているのはランカの中の人である中島愛さんであり、
     マクロスFでランカが歌った「星間飛行」での「(ノゝ∀・)~キラッ☆」の
     タイミングとほぼ同じ所で「まるっ!」って言うもんだから、
     ものすごい既視感&既聴感があってなんともいえない感覚に襲われてしまった。
     なお、本編だけでなくCMでも使っていたりするが、
     ものすごく舌を巻きながら「まる」を連呼するという超必殺技(?)を披露していた。
     少なくとも私にはマネできない。さすがはプロの声優である。

・防人(さきもり)
   …アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」のメインキャラ「風鳴翼」のこと。
     ノイズ(第2次スパロボZの次元獣やダイ・ガードのヘテロダインみたいな敵)から
     人々を守る尖兵となる…という意味で防人を自称していた。
     そもそも翼さんは妙に古風な雰囲気を醸しだしており、
     他にも自分のことを剣(つるぎ)と言ったりしていた。
     ちなみに翼さんの見せ場に「絶唱」という、自身の能力を全開放する技があり、
     これを発動すると自身も大ダメージを受けて死にかける、いわゆる自爆技なのだが、
     発動後の翼さんは血涙を流しながらやたらと鬼気迫る表情になっており、
     とてつもなくインパクトのある顔になっていた。

・どしたのワサワサッ
   …アニメ「キルミーベイベー」のOP「キルミーのベイベー!」の歌詞の一部。
     このフレーズに対しては「なんでもナーミン」と返す。
     OPの中毒っぷりは「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」に匹敵する。
     ちなみにEDの映像でやすなやソーニャがダンスを踊っているのだが、
     これがあまりにも人体の構造を無視した動きをしており、
     「人類には再現のできないダンス」と恐れられたトカいないトカ。

・Anotherなら死んでた
   …由来はもちろんアニメ「Another」から。
     「Another」は、とある田舎を舞台に、不運かつ不可解な「事故死」が発生しまくる
     「死の現象」が蔓延している、という内容のアニメであり、
     なんてことのない些細な原因で死に至るシーンが多かったことから、
     アニメのシーンでシリアスシーン・ギャグシーン問わず、
     事故りかけたりダメージを受けたりどつかれたりした時に用いられた。
     たとえどんなシーンでも強引に「死んでた」につなげることが出来るという、
     ある意味で非常に汎用性の高い言葉である。
     ちなみにこのアニメにおける「死の現象」は、死に至る「原因」もさることながら、
     その「結果」である「死にっぷり」も非常にバラエティ豊かであり、
     凄惨で残酷かつグロい死に様もあればどう見てもギャグというかコメディにしか
     見えないような死に様まで多数取り揃えていた。
     特に首から落下してブリッジ状態で絶命するという微妙にシュールな死に様は
     「ブリッ死」と呼ばれたりした。

・ヴォイド王子
   …アニメ「ギルティクラウン」の主人公「桜満集(おうま しゅう)」のこと。
     集は「ヴォイド能力」という、人間の心を具現化したアイテム(武器)を
     取り出して使役するという能力を持っており、
     アニメ後半に入った頃にこの力を以って封鎖された学園にて覇権を握っていた。
     この時の政策(?)が個々のヴォイド能力によって待遇をランク付けする
     「ヴォイドランク制」を採用し、暴君として君臨していたため、
     低ランクの生徒や葬儀社の仲間だったアルゴたちにこう呼ばれることとなった。

・僕の王の力がぁぁぁ!
   …アニメ「ギルティクラウン」にて、主人公「桜満集」がヴォイド能力を
     敵に回ったかつての仲間「恙神涯(つつがみ がい)」に奪われた際に叫んだセリフ。
     集のヴォイド能力は右腕に宿っていたのだが、涯に奪われる時に
     右腕を切断されるという大ダメージを負ってしまった。
     このシーンから、他作品で腕が飛ばされたり能力が奪われたりした時には
     このセリフを叫ぶのがお約束になったのであった。

・うふふふふ
   …アニメ「あの夏で待ってる」のメインキャラ「山乃檸檬」の口癖。
     檸檬先輩はローテンションなミステリアスキャラであり、
     全てを見透かすような言動を何度も重ねていた。
     宇宙人であるヒロインのイチカよりもエイリアンじみてたような気がする。

・待たせたな!我が肉便器たちよ!
   …アニメ「妖狐×僕SS(シークレットサービス)」に出てくるドSド変態キャラ
     「青鬼院蜻蛉(しょうきいん かげろう)」が言い放つ非常にアレなセリフ。
     中の人は「カメンライダー ドラゴンナイト」でお馴染み(?)の杉田智和さん。
     誰か止めるヒトはいなかったのかと言いたくなるほどに、
     放送禁止スレスレどころか一足飛びでアウトくさいセリフを
     ガンガンぶっ込むため、登場するだけで作品とお茶の間の空気を豹変させていた。
     ちなみにこのアニメのEDはメインを張ったキャラのキャラソンになるのだが、
     蜻蛉メイン回のEDはアニメ史上稀に見るとてもヒドいものであった。
     まさに杉田無双である。

・ひなだお!
   …アニメ「パパのいうことを聞きなさい!」に出てくる、
     ヒロイン3姉妹の3女「小鳥遊ひな」(3歳)の自己紹介。
     「ひなだよ!」と言いたいのだが上手く言えずこうなった。
     これに限らず、ひなのセリフは3歳児らしく舌っ足らずな言葉になる。
     色々あって3児のパパとなる主人公の瀬川祐太のことは
     「おいたん」(「おじさん」がこうなってしまう)と呼ぶ。
     これのせいで視聴者にとって祐太は「おいたん」になってしまい、
     その流れで祐太の中の人である羽多野渉さんも、
     この作品でおいたんを演じてしまったせいで、別のキャラを演じても
     「中の人はおいたんか」などと言われるハメになってしまった。

・文学少女
   …アニメ「男子高校生の日常」に登場するキャラクター。
     どっかのライトノベルのシリーズとは全くの別物である。
     本名は不明であり、キャストでも「文学少女」でクレジットされている。
     ちなみに作中で文学少女は「ヤッさん」というアダ名で呼ばれていた。

・ラード神
   …アニメ「探偵オペラ ミルキィホームズ」に登場するラード好きキャラ「ブー太」が
     トイズ(特殊能力)にてラード(脂分)を取り込み続けた結果、覚醒した姿を指す。
     1期の初期から登場しているモブキャラに近いサブキャラだが、
     事件が起こるたびにミルキィホームズたちに犯人扱い(もちろん冤罪)され続けたため、
     2期の終盤でついに堪忍袋の緒が切れ、ラード神に覚醒したのであった。
     トイズ能力としては先述した「ラードを取り込む能力」なのだが、
     ラード神状態では世界中のあらゆる脂分を強制的に取り込む事が可能である。
     脂分を奪われた生物はカサカサのシオシオになってしまうので、
     地味に驚異的な能力と言えるかもしれない。

・股枕
   …アニメ「アマガミSS+plus」にて、ヒロインのひとり「七咲逢」ルートの時に、
     主人公の橘さんが七咲に寄りかかって寝ているシーンを指す。
     状況としては二人羽織みたいな状態で寝ているだけにすぎないのだが、
     橘さんの頭の位置がちょうど七咲の股間のあたりに来てしまったため、
     橘さんの紳士っぷりを称えると共にこの言葉が贈られたのであった。
     まあ橘さんは寝てただけなんだが。
     …とは言うものの、寝てても無意識の内に彼女の股間に頭を埋めるという
     斜め上の芸当が出来るあたり、やはり橘さんは紳士と言えるであろう。

・キュアピースVSサザエさん
   …言わずと知れた国民的アニメ「サザエさん」のサザエさんと、
     言わずと知れた少女向けアニメ「スマイルプリキュア!」のキュアピースとで
     毎週繰り広げられている真剣勝負。「日曜ジャンケン戦争」とも呼ばれる。
     キュアピースの中の人(?)である黄瀬やよいがキュアピースに変身する際に
     ジャンケンをする決めポーズがあり、プリキュアの放送が日曜日であることから、
     昔から次回予告でじゃんけんをしていたサザエさんとのジャンケン勝負が
     取り沙汰されることとなった。
     なお、現時点での勝敗は、キュアピースの10勝9敗15分である。
     放送時間帯の関係により、サザエさんがとてつもなく後出しになるため、
     サザエさんが圧倒的に有利なはずだが、戦績はキュアピースが勝ち越している。
     ちなみにキュアピースの変身バンクが無い場合は無効試合になるのだが、
     1度だけキュアピースが「グッチョッパー」の禁じ手(?)を繰り出したことがあり、
     この日も無効試合となるのであった。反則負けにならなかっただけマシである。

・わたし、気になります!
   …アニメ「氷菓」のヒロイン「千反田える」が事あるごとに言い放つ口癖。
     好奇心旺盛…と言っていいのかどうかはわからないが、謎に遭遇すると
     主人公の折木奉太郎に向かってこのセリフを言い、回答を迫ってくる。
     この時のえるはとにかく奉太郎にド接近するため、奉太郎はドン引きなのだが、
     傍から見るとキス直前に見えるため、奉太郎がとてもうらやましい。
     私にもド接近してくれる美少女はいないですかね?

・こねこねこねこね
   …アニメ「シャイニング・ハーツ」のED「ふわっふわのまほう」の歌詞の一部。
     このEDはヒロイン3人のキャラソンであり、そういう意味では普通のアニソンだが、
     EDアニメーションではヒロイン3人の表情が完全に固定されていて、
     なおかつレイプ目っぽい瞳孔(三白眼?)をしており、
     その流れで極めつけとばかりにこのコネコネの歌詞が来ていたため、
     とてつもなく狂気じみたインパクトを持つEDに仕上がってしまった。
     中毒度では「キルミーベイベー」をも凌駕するEDである。
     ちなみにキャラ人気投票「シャイニング・ハーツ総選挙」が開催されたのだが、
     主人公のリックは3位以内に入れなかったため、主人公にもかかわらず
     BDのジャケットイラストに採用されなかった。合掌。

・(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
   …アニメ「這いよれ!ニャル子さん」のOP「太陽曰く燃えよカオス」の歌詞の一部。
     2chやツイッター、ニコ動などで実況する際にこの一行AAが大量に投下される。
     元々は歌詞というよりは間奏の時にぶっ込まれる掛け合いみたいなものだが、
     基本的にハイテンションなニャル子さんたちが歌うキャラソンなため、
     やたらと耳にこびりついて離れないワードになっている。
     ちなみにこのアニメにはちょいちょい作者(のAAキャラ)が登場している。
     「アクセル・ワールド」みたいに喋って視聴者をズッコケさせたりはしないが。

・ブリキライター
   …アニメ「アクセル・ワールド」に出てくるモブキャラのひとり。
     モブキャラなのだがセリフがあり、中の人は原作者の川原礫氏である。
     まあアニメ化の際に作者がモブの声をやるというのはよくあることなのだが、
     ブリキライターの場合、状況説明にかなり長いセリフが用意されており、
     なおかつ作者がそれをとんでもなく棒読みしちゃったもんだから、
     それを聞いたお茶の間が一斉にズコーってなってしまった。
     プロの声優じゃないからしょうがないんだけど。
     なお、BD・DVDでは修正されてプロの声優さんが声をあてた模様。
     当然といえば当然の処置なのだが、惜しいといえば惜しい。

・もっ先
   …アニメ「アクセル・ワールド」のメインヒロイン「黒雪姫」先輩のこと。
     この作品のキャッチフレーズは黒雪姫先輩のセリフでもある、
     「もっと先へ、加速したくはないか、少年」なのだが、
     公式サイトで「もっと先へ」が「もっ先へ」となる脱字があり、
     これが元ネタで黒雪姫先輩は「もっ先」や「もっ先輩」などと
     呼ばれるようになったのであった。
     ちなみに読み方としては上記のように2通りの呼ばれ方をしているため、
     「もっさき」でも「もっせん」でもどちらでも良いみたいである。

・スーパーパイロット
   …アニメ「機動戦士ガンダムAGE」で文字通りスーパーな活躍を見せる
     パイロットに与えられる称号。該当するのは第2部主人公「アセム・アスノ」と、
     第1部、第2部で活躍した「ウルフ・エニアクル」の2人である。
     ガンダムAGEの世界では「Xラウンダー」という、宇宙世紀ガンダムにおける
     「ニュータイプ」みたいな能力を持つパイロットが重用されていたが、
     アセムとウルフは2人ともXラウンダーの資質がない、
     いわゆる「オールドタイプ」のパイロットだった。
     通常ならXラウンダーの能力がある方が優秀な戦績を残せるのだが、
     アセムとウルフはXラウンダー能力に頼らず、自らの操縦技術のみで
     並み居るXラウンダー能力者を上回る活躍を見せたのだった。
     ちなみに「スーパーパイロット」と名付けたのはウルフ隊長である。
     もうちょっとシャレた名前をつけてもよかったんじゃないかな…




…アホみたいに多くなったので今回は上半期のみ紹介。下半期は明日更新します。


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1454話「バズワード・メモリィ2012(後編)」

どうもルイナです。

本日のネタは今年3度目のコレ。

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」 「karimikarimi」

テキストサイト「karimikarimi」さんが自選したアニメの流行語10選です。
アホみたいにアニメを見るようになってしまったわたくしルイナさんとしては、
このネタをスルーするわけにはいかないと思っていたのでありました。

というわけで、流行語大賞(?)に選ばれた言葉にテキトーにコメントをつけていくシリーズ第3章!
今年も3つに分割して3話稼いでやったぜ!


・Anotherなら死んでた
   …由来はもちろんアニメ「Another」から。
     「Another」は、とある田舎を舞台に、不運かつ不可解な「事故死」が発生しまくる
     「死の現象」が蔓延している、という内容のアニメであり、
     なんてことのない些細な原因で死に至るシーンが多かったことから、
     アニメのシーンでシリアスシーン・ギャグシーン問わず、
     事故りかけたりダメージを受けたりどつかれたりした時に用いられた。
     たとえどんなシーンでも強引に「死んでた」につなげることが出来るという、
     ある意味で非常に汎用性の高い言葉である。
     ちなみにこのアニメにおける「死の現象」は、死に至る「原因」もさることながら、
     その「結果」である「死にっぷり」も非常にバラエティ豊かであり、
     凄惨で残酷かつグロい死に様もあればどう見てもギャグというかコメディにしか
     見えないような死に様まで多数取り揃えていた。

・わたし、気になります!
   …アニメ「氷菓」のヒロイン「千反田える」が事あるごとに言い放つ口癖。
     好奇心旺盛…と言っていいのかどうかはわからないが、謎に遭遇すると
     主人公の折木奉太郎に向かってこのセリフを言い、回答を迫ってくる。
     この時のえるはとにかく奉太郎にド接近するため、奉太郎はドン引きなのだが、
     傍から見るとキス直前に見えるため、なんだか奉太郎がうらやましい。
     私も美少女にド接近されてみたいものである。

・(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
   …アニメ「這いよれ!ニャル子さん」のOP「太陽曰く燃えよカオス」の歌詞の一部。
     2chやツイッター、ニコ動などで実況する際にこの一行AAが大量に投下される。
     元々は歌詞というよりは間奏の時にぶっ込まれる掛け合いみたいなものだが、
     基本的にハイテンションなニャル子さんたちが歌うキャラソンなため、
     やたらと耳にこびりついて離れないワードになっている。
     ちなみにこのアニメにはちょいちょい作者(のAAキャラ)が登場している。
     「アクセル・ワールド」みたいに喋って視聴者をズッコケさせたりはしないが。

・ひなだお!
   …アニメ「パパのいうことを聞きなさい!」に出てくる、
     ヒロイン3姉妹の3女「小鳥遊ひな」(3歳)の自己紹介。
     「ひなだよ!」と言いたいのだが上手く言えずこうなった。
     これに限らず、ひなのセリフは3歳児らしく舌っ足らずな言葉になる。
     色々あって3児のパパとなる主人公の瀬川祐太のことは
     「おいたん」(「おじさん」がこうなってしまう)と呼ぶ。
     これのせいで視聴者にとって祐太は「おいたん」になってしまい、
     その流れで祐太の中の人である羽多野渉さんも、
     この作品でおいたんを演じてしまったせいで、別のキャラを演じても
     「中の人はおいたんか」などと言われるハメになってしまった。

・愉悦
   …アニメ「Fate/Zero」 のサーヴァント「ギルガメッシュ(アーチャー)」と
     その2代目マスター「言峰綺礼」が追求する生き様。
     2人を指して「愉悦組」と括られている。
     他人の精神を徹底的に痛めつけ、それを眺めて「愉悦」に浸るのである。
     まさしく「他人の不幸は蜜の味」を実践している。ドSの極みである。
     事実、バーサーカー陣営のマスター「間桐雁夜」に対し仕掛けた際に、
     綺礼は「酒の味が心から美味く感じられた」と語っている。
     お酒を美味しく呑めない方は「愉悦組」の活動を参考にしてみてはいかがでしょう?

・これは アニメではない、エヴァである
   …劇場アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のテレビCMにて宣伝された際のセリフ。
     なんともスタイリッシュでオシャレな言い回しのようにも聞こえるが、
     よくよく考えてみると…いや考えなくても意味はさっぱりわからない。
     しかし本番のアニメ…ではなくてエヴァの内容も意味がわからないどころの話ではなく、
     そういう意味では本番のアニ…エヴァをこれ以上無く端的に表した
     非常に秀逸なキャッチフレーズといえよう。

・オタなめんな
   …NHKのドキュメンタリー番組「クローズアップ現代」にて、
     アニメの舞台探訪、いわゆる「聖地巡礼」について特集が組まれた際に、
     一瞬映ったちゃねらーのカキコ。
     ちなみにこのセリフの直前には「あざとさを感じたらもうダメだわ」がある。
     特集としては、オタ向けの内容というよりは「聖地巡礼」ブームを解析し、
     これをファクターとした地方の活性化について語るという結構マジメな内容である。
     さすがは天下のNHK。

・舞台探訪(聖地巡礼)
   …上記の「オタなめんな」との関連。
     聖地巡礼自体は数年前からちょくちょく話題に挙がっている。
     しかし聖地巡礼による地方の活性化を図るのはいいが、
     それありきでアニメを作るのはいささか考えもののような気がしないでもない。
     それこそ「あざとさを感じたらもうダメ」である。

・デコる
   …装飾や飾付けを意味する英語「decoration(デコレーション)」を略し、
     それに動詞化する接尾語『る』をつけたもの。
     「中二病でも恋がしたい!」のキャラ「凸森(でこもり)早苗」のコスプレをする人ではない。
     一般的には携帯電話や手帳等にシールやプリクラ等といった装飾を施すことを指すが、
     アニオタの皆さんの場合は本格的な加工を行い自らの二次元嫁をデコっている。
     その最たるモノが「痛車」である。

・ラマンボ
   …む?これだけはよくわからんかったぞ?
     何かと思ってググッてみたらフランスの生菓子がヒットしたけどこれは違うか?
     もうちょっとググッてみると「しろくまカフェ」というアニメのEDが
     「ラマさんのラマラマンボ」というらしいので、これのことかな?と自己完結しておく。


以下、惜しくもランキング入りを果たせなかった言葉たち。


・○(まるっ)
   …アニメ「輪廻のラグランジェ」の主人公「京乃まどか」の決めゼリフかつ決めポーズ。
     何かしら上手くいった時に使用していた。
     ノリとしては「マクロスF(フロンティア)」のヒロインの1人「ランカ・リー」の
     決めゼリフ「(ノゝ∀・)~キラッ☆」と似たような感じである。
     ちなみにOPでもまどかによる「まるっ!」というシーンが挿入されているのだが、
     ラグランジェのOPを歌っているのはランカの中の人である中島愛さんであり、
     マクロスFでランカが歌った「星間飛行」での「(ノゝ∀・)~キラッ☆」の
     タイミングとほぼ同じ所で「まるっ!」って言うもんだから、
     ものすごい既視感&既聴感があってなんともいえない感覚に襲われてしまった。

・あの夏で余ってる
   …アニメ「あの夏で待ってる」のヒロインのひとり「谷川柑菜」を指す言葉。
     柑菜は主人公「霧島海人」のことが好きな幼馴染みというよくある設定のキャラであり、
     本作のメインヒロインである「貴月イチカ」先輩に海人をかっさらわれる(?)という、
     いろんな意味でお約束を外さない鉄板キャラである。
     それだけなら典型的な幼馴染みキャラでオリジナリティのカケラもないが、
     メインキャラの中では、恋愛事から切り離された位置にいる檸檬先輩を除いた5人の内、
     唯一カップルになれず取り残されてしまうのであった。
     すなわち「余った」キャラになってしまった。
     ちなみに、柑菜の中の人は石原夏織さんなのだが、
     他にも「だから僕は、Hができない。」の幼馴染み枠「大倉美菜」の中の人でもあり、
     やはり主人公の良介をメインヒロインであるリサラにかっさらわれる(?)ため、
     「石原夏織の幼馴染みキャラは敗北を約束されている」というジンクスが生まれてしまった。

・あざとい(キュアピース)
   …アニメ「スマイルプリキュア!」のプリキュアのひとり。
     変身バンクにおけるじゃんけんネタやその見た目、発言などがもうホントあざとい。
     なお勘違いしてもらっては困るが、これはホメ言葉である。

・これもゾンビですか?
   …アニメ「さんかれあ」を指す言葉。
     元ネタは当然ながらアニメ「これはゾンビですか?」なのだが、
     この2つのゾンビアニメがあろうことか同じクールで放映されていたため、
     「さんかれあ」に対してこの言葉が用いられた。
     ちなみに「これはゾンビですか?」は主人公がゾンビであるのに対し、
     「さんかれあ」はヒロインがゾンビである。

・中二病
   …元々は数年前にタレントの伊集院光さんが作り出した言葉であり、
     「中学二年生の頃にやっていた(やり始めた)ことを今でもやっている」という意味だったが、
     ネットでは「厨二病」とも表記され、意味が若干変貌し、
     「中学二年生が考えるような妄想を大人(高校生以上)になっても持ち続けている人間」
     を指す言葉として浸透した。
     14歳前後の多感さを忘れない…と言えば聞こえはいいが、
     傍目には非常に痛々しいことこの上ない。
     今年で言うとアニメ「中二病でも恋がしたい!」は、まんまこれを題材にしている。
     一口に「中二病」と言ってもその中身は多岐にわたるらしく、
     上記アニメの主人公「冨樫勇太」やメインヒロイン「小鳥遊六花」、
     アニメ「シュタインズ・ゲート」の主人公「岡部倫太郎」の場合は、
     「自らに特別な設定が存在していると思い込む」というタイプであり、
     これは「邪気眼」と呼ばれるモノらしい。

・~たり、~たり
   …アニメ「TARI TARI」のサブタイトルに付けられる語尾のようなモノ。
     広く一般的にも用いられる言葉なので特に解説するようなことはない。
     むしろ他のアニメなどでこういう言い回しがあった際に、
     「◯◯しTARI、◯◯されなかっTARI」という風に用いられる。

・つまんねーこと言うなよ
   …元々の形は「つまんねーこと聞くなよ!」であり、
     これはアニメ「じょしらく」の主人公(?)「蕪羅亭魔梨威(ぶらてい まりい)」の
     口癖なのだが、これの派生として「つまんねーこと言うなよ!」が生まれた。
     文字通りつまらん事やどうでもいいような事柄に対して用いられる。
     どちらの言葉もあらゆる物事に対して使用することが可能であり汎用性は非常に高い。

・老害
   …高齢者たちが実権を握り、若者たちが充分に活動できない状態を指す言葉。
     また、企業や政治の指導者層の高齢化が進み、世代交代が円滑に行われず、
     組織の新陳代謝(若返り)が阻害されている状態とも定義されている。
     ネットにおいては高齢・壮年層に対するレッテル貼りであり蔑称である。
     ちなみに、この反対語として若年・青年層に対する「ゆとり」が存在する。
     アニメで言うと「ガンダムAGE」の第1部主人公「フリット・アスノ」がこれにあたる。
     艦隊司令の座に就いていた第2部の時はまだしも、
     司令を辞した第3部においても、「元司令」でありただの一般人の爺さんになっていながら
     現司令に意見したり艦長を差し置いて指揮を執る姿を見た視聴者から、
     「もはや老害以外の何物でもない」と総ツッコミを入れられたのであった。

・淫乱シュークリーム
   …アニメ「この中に1人、妹がいる!」のヒロインのひとり「鶴眞心乃枝」を指す。
     なかなかの巨乳キャラであり、生真面目な性格ながらも将悟に迫る際には
     自らの武器とも言えるシュークリーム(要するにおっぱい)を駆使して
     色仕掛けを行うことも厭わない性格の持ち主である。
     作中においても「私のシュークリームを食べてください!」などと言いながら
     将悟にアタックを掛けていたため視聴者からこう呼ばれることとなった。

・イジメコネクト
   …アニメ「ココロコネクト」のアニメ製作スタッフによる一連のドッキリ事件のこと。
     概要としては、アニメの製作スタッフが声優の市来光弘さんに対して、
     「アニメオリジナルキャラのオーディション」に呼び、それに合格したと告げて、
     アニメ放送前の先行上映イベントにスペシャルゲストとして参加させたのだが、
     そもそものオーディション自体がドッキリであり、市来さんは観客や他の声優の目の前で
     嘲笑じみた編集をされたオーディション映像を流された上に、担当するオリジナルキャラは
     存在しないことをその場で告げられ、挙句の果てにアニメの宣伝と称して
     全国を飛び回らされる仕打ちを与えられた、というものであった。
     この問題の本質としては、声優に架空のオーディションを受けさせ合格したと思わせてから
     嘘と言って叩き落とし、オーディションに受かるべく真剣に演技する様子をも
     馬鹿にするというアニメ製作側の行為と思慮の無さであり、
     市来さんがいじめられた事もさることながらこのドッキリ企画自体が問題視されている。
     ベテラン声優ですら良い演技を見せなければ役を貰うことができない声優業界において、
     若手声優ともなればより一層気合を入れて役を獲得しに行かなければならず、
     どんな役、どんなセリフであろうと必死になって演技するのは当然である。
     そんな声優の本気の姿を嘲笑うなど言語道断も甚だしい行為である。
     なお、この騒動により少なからず本作品の評価に影響が出たと思われるが、
     原作者の庵田定夏氏はこのドッキリ企画やイベントについて一切関与していない模様で、
     この事件の影響で作品を貶められてしまい、まさに風評被害を受ける格好となってしまった。
     さらには、製作スタッフはこの事件の前にも市来さんにドッキリを仕掛けており、
     そこでもオーディションでの小っ恥ずかしいセリフを暴露されていたらしい。
     ちなみにその時のオーディションの相手役として、
     声優の喜多村英梨さんのこれまた小っ恥ずかしいセリフが流されたらしく、
     その影響でドッキリ事件から飛び火し、喜多村さんのアカウントに迷惑ポストが殺到して、
     喜多村さんはツイッターを停止することを余儀なくされるという、
     これまた風評被害以外の何物でもない事態まで発生してしまった。

・\アッカリーン/
   …アニメ「ゆるゆり」の主人公「赤座あかり」を象徴する言葉。
     あかりは「黒子のバスケ」の主人公テツも真っ青のミスディレクションの使い手であり、
     その存在の消しっぷりは他のキャラの脳ミソから完全に抹消されるほどである。
     もしもあかりが「ロウきゅーぶ!」に出演していたら
     確実に「キセキの世代の幻の6人目(シックスウーマン)」になれたであろう。
     もしもあかりが「咲」に出演していたら確実に「ステルスモモ」のお株を奪ったであろう。
     原作漫画においてもありとあらゆる手段を講じてあかりをフレームアウトさせている。
     ただし、あまりにも不憫すぎる扱いを受けているためか、
     視聴者にとっては否が応でもあかりの存在を追いかけてしまうという副次効果が発生する。
     これぞまさしく「ミスディレクション・オーバーフロー」である。

     ちなみにこの言葉は2011年のkarimikarimiさん自薦のアニメ流行語大賞にも
     選出されており、トップテン入りを果たしている。2年連続のトップテン入りはならず。

・アイカツ
   …女児向けトレーディングカードゲーム、またはこれを原作としたアニメのこと。
     「アイドルカツドウ」の略である。
     女児向けと言われるとその裏に「大きなお友達」の影を感じてしまうが、
     私はこのアニメもしくはゲームに触れていないので実際どうなのかはわからない。



今年も「股間の女房、佐伯昭志」みたいな、
「これkarimikarimiさんしか使ってないやろw」って言うような言葉がなかったですね。
当たり前と言われれば当たり前ではありますが。



次回、「バズワード・メモリィ2012(延長戦)」に続く。


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1453話「バズワード・メモリィ2012(中編)」

どうもルイナです。

さて、今回のネタはこちら。


【速報】9万人が選んだ『ネット流行語大賞』 金賞はアノ言葉

つい先日、2012年新語・流行語大賞が発表されました。
それと同日、ネットの流行語大賞も合わせて発表されました。
そこで今日も続けてやります、流行語大賞に選ばれた言葉にコメントをつけていくのコーナー!
ある意味12月の恒例行事パート2!w


・ステマ
   …「ステルス・マーケティング」の略。「スマホ」とは何の関係もない。
     そもそもは第三者を装って自社商品を持ち上げる、または他社を貶める行為を指す、
     いわゆる「サクラ」という手法のことだが、ネットが普及した現代では、
     ステマを仕掛けたい側が影響度(アクセス数)の大きい芸能人やスポーツ選手に頼み
     ブログ等によって宣伝行為をしてもらうという手法が主流になってきている。
     この場合、あまりにも唐突に、何の脈絡もなく有名人のブログに
     ステマ商品が出てくるので、違和感バリバリになってしまう。
     他には、影響のある側が他人を装い炎上マーケティングを仕掛けて
     それをさも対岸の火事のように自分で採り上げるという手法も存在している。

・(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
   …アニメ「這いよれ!ニャル子さん」のOP「太陽曰く燃えよカオス」の歌詞の一部。
     2chやツイッター、ニコ動などで実況する際にこの一行AAが大量に投下される。
     元々は歌詞というよりは間奏の時にぶっ込まれる掛け合いみたいなものだが、
     基本的にハイテンションなニャル子さんたちが歌うキャラソンなため、
     やたらと耳にこびりついて離れないワードになっている。

・┌(┌^o^)┐ホモォ…
   …BL本を求めて4足歩行で徘徊する腐女子を表した生物。
     ツイッター等にて大量増殖した。特に名前は設定されていないらしいが、
     鳴き声の「ホモォ」や「腐り神」などと呼ばれているらしい。
     表情もさることながら微妙なキモさが良い感じを醸し出している。

・ナマポ
   …生活保護の略称。「生保」で「ナマポ」である。
     「ナマホ」じゃなくて「ナマポ」なのは、ネットでよく見られる
     「ヌルポ」とか「もうダメポ」とかの亜種扱いにされたからと思われる。
     そもそも生活保護制度は日本国憲法にある
     「健康で文化的な最低限度の生活を保障する」という条文に基づき、
     生活に困窮する経済的弱者に対して国や自治体が必要な保護を行い
     自立を助長するという制度であり、定職に就いている通常の国民には
     基本的に縁のない制度のはずであった。
     しかし今年の中頃に芸人の次長課長・河本さんの親族や
     キングコング・梶原さんの親族が生活保護を受給していることが発覚。
     売れっ子芸人が親族にいるのに生活保護を受けているという、
     一見すると不正受給をしているのではないかという疑惑が持たれたが、
     生活保護申請システムの網の目をすり抜けるがごとくに巧妙な手口で
     ぐうの音も出ないほど合法的に生活保護を受給していたことが判明した。
     そのあまりにも完成度の高い手口は「河本システム」「梶原システム」と呼ばれ、
     この2人はナマポの神と崇め奉られることとなった。

・(震え声)
   …強気な態度を取ってはいるものの心の中ではビビっている様子を表す。
     震え声に限らず、心の声を表したい時にカッコを付けて使用される。
     例えば(アカン)とか(ニッコリ)とか(小並感)とか(微レ存)などがある。
     主になんJにて使われる頻度が高い…ような気がする。
     ちなみに「小並感」とは「小学生並みの感想」の略である。
     ちなみに「微レ存」とは「微粒子レベルで存在する」の略である。

・ゴリ押し
   …強行的にプロモーションを仕掛けていくことを意味する言葉。
     この言葉自体は昔から存在しているが、流行語扱いになった要因としては、
     女優の剛力彩芽さんのここ最近のすさまじい押されっぷり挙げられるだろう。
     「剛力(ゴウリキ)押し」を略して「ゴリ押し」という意味も含有している。
     ゴリ押しの最たる例として、剛力さんは2013年1月から放送される予定の
     ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」の主役に抜擢されたのだが、
     原作の主人公の髪型はロングヘアー(いわゆる黒髪ロング)であるにもかかわらず、
     あろうことか髪型がベリーショートの剛力さんが採用されたため、
     「あまりにも原作のイメージからかけ離れすぎてるやろ!」という声が
     原作小説の期読者から相次いだ。

・強いられているんだ!
   …アニメ「機動戦士ガンダムAGE」第1部のキャラ「イワーク・ブライア」が発したセリフ。
     これだけでは何の変哲もない普通のセリフなのだが、
     何故かこのセリフを発したときに漫画でよくある集中線が使われるという
     謎としか言いようのない演出が施されたことがきっかけで一世を風靡することとなった。
     なお、イワークさんが登場するフリット編は2011年に放送されていたので、
     厳密に言うとコレは今年の言葉ではない。

・尖閣諸島
   …沖縄県石垣市に属する無人島や岩礁を含んだ諸島。
     ここでは「尖閣諸島問題」を採り上げている。
     尖閣諸島問題とは、日本の領地である尖閣諸島に対し、
     中国や台湾がその領有権を強固に主張していることに関する問題を指す。
     どうしてそこまでして無人島である尖閣諸島が欲しいのかというと、
     排他的経済水域という観点もあるが、主には石油資源が埋蔵されていることが
     近年の調査で判明したからというところが大きいようである。
     特に中国は最近に至っても漁船や海洋調査船、抗議船を周辺海域に送り込み、    
     武装監視船による威嚇や島への上陸行為を繰り返している。
     また、数年前にも中国漁船が海上保安庁の巡視船と接触するという事件が発生し、
     その瞬間の映像がネットで流出するという事件にも繋がった。
     なお、日本側の対応としては「尖閣諸島が日本の領土であることは明白なため、
     そもそも尖閣の領土問題など存在しない」というスタンスだが、
     日本政府の中国に対する及び腰が透けて見えてくるような対応のようにも感じられる。
     そんな中、東京都知事(当時)の石原慎太郎氏がこの問題に対して
     「国には任せてられん、東京が尖閣を買い取ったる!」みたいな発言をしたため、
     ただでさえややこしい話に余計な騒動が追加される格好となった。

・シャバドゥビタッチヘーンシーン!!
   …特撮番組「仮面ライダーウィザード」の変身ベルト「ウィザードライバー」の変身待機音。
     言葉の意味のわからなさは「仮面ライダー剣(ブレイド)」でネタにされた
     「オンドゥル語」にも匹敵するが、別に滑舌が悪くてこうなったわけではない。
     「ウィザード」の名前の通り、これは魔法を使うための呪文なのだが、
     ウィザードライバーはやたらと喋りまくる上にテンションがやけに高いため、
     中毒的にハマる視聴者が後を絶たない模様。

・テヘペロ
   …元々は声優の日笠陽子さんの持ちネタ。
     「テヘッ」とウインクをしながらペロッと舌を出す仕種を指す。
     要するに不二家のペコちゃんである。
     なお、この言葉は2011年ケータイ流行語大賞にもノミネートされている。

・つまんねー事聞くなよ!
   …アニメ「じょしらく」の主人公(?)「蕪羅亭魔梨威(ぶらてい まりい)」の口癖。
     文字通りつまらん事やどっちでもよさそうな事柄に対して用いられる。
     とは言うものの、どんな物事に対しても使用することが可能であり汎用性は非常に高い。

・遠隔操作ウイルス
   …他者のパソコンをハッキングし遠隔操作することを目的としたコンピューターウイルス。
     これに感染させた後、ネット上の掲示板に襲撃や殺人などといった
     犯罪予告を行うというサイバー犯罪が発生した。
     ネット上に殺人予告などを行うことは当然ながら犯罪であり、
     書き込み時のログに残ったIPアドレスの捜査によって逮捕者が出たのだが、
     「犯人」として逮捕された容疑者のパソコンを調べると遠隔操作ウイルスに
     感染していたことが判明。「真犯人」がいることが発覚した。
     このサイバー犯罪が大きく採り上げられることになった要因としては、
     犯罪予告を行ったとされた「犯人」は冤罪であり、無実の罪で逮捕されたのであるが、
     警察の威圧捜査と思しき行為によって、容疑を認めさせられた容疑者がいたことにある。
     度重なる不手際や、容疑者の社会的地位の侵害などについて、
     警察へ数多くの非難が集められた事件である。
     なお、現時点で「真犯人」の特定には至っていない。

・うははーこうしてやる~あはは~~~
   …周囲の視線をものともせず没頭している際に思わず口走ってしまう言葉。
     元ネタは2ちゃんねるにおけるカキコである。詳細は省略。知りたければググれば出る。
     ちなみに最初の伸ばし棒は「ー」で、残りの4つは「~」が正式な形である。
     間違えたところでどうでもいい話ではあるが。

・ワイルドだろ
   …今年の流行語大賞を獲得したお笑い芸人のスギちゃんのギャグが
     ネット流行語大賞でも13位にランクイン。
     だいたい通常の流行語大賞にノミネートされた言葉がネット流行語大賞にも
     ノミネートされることは少なく、特に芸人のギャグなんかは箸にも棒にも
     かからないことが多いのだが、さすがは流行語大賞受賞ワードというところか?
     毎度のことながらコレに選ばれてしまったことで来年の去就が気になってしまう。
     はたして生き残ることが出来るのだろうか?いろんな意味で。
     で、去年の芸人枠「ラブ注入」はどうなった?
     一昨年の芸人枠「ととのいました」はどうなった?

・わたし、気になります
   …アニメ「氷菓」のヒロイン「千反田える」が事あるごとに言い放つ口癖。
     好奇心旺盛…と言っていいのかどうかはわからないが、謎に遭遇すると
     主人公の折木奉太郎に向かってこのセリフを言い、回答を迫ってくる。
     この時のえるはとにかく奉太郎にド接近するため、奉太郎はドン引きなのだが、
     傍から見るとキス直前に見えるため、なんだかうらやましいような気がする。

・ネトウヨ
   …「ネット右翼」の略。「熱湯浴」の略ではない…が隠語としてそう表記されることもある。
     もともと右翼とは国粋主義を掲げる保守的な集団のことであり、
     伝統的な社会秩序や地位を維持することを目的として行動する一派を指すが、
     これがネットに来ると、特に中国や韓国、北朝鮮が主張している
     「歴史観において日本を不当に批判する行為」に対して強く批判する勢力となる。
     また「シー・シェパード」の行為といった、外国による日本への威力行為に対しても、
     日本の国権、国としてのメンツを侵害するとして、排斥すべしと声を上げている。
     さらには現状におけるマスコミや左派政党(公明党・民主党・社民党・日本共産党)の、
     あからさまに中韓に媚び諂い自国を貶めなすがままに平伏する自虐外交を取る姿にも、
     日本としてのプライドを侵害する、売国行為であると主張し強烈に批判を行なっている。
     ここまでは主義主張としてのスタンスを示したが、実際のネトウヨにおいては、
     思想の話だけではなく、単純に「自らの意にそぐわない相手」に対して見境なく批判する
     人物を揶揄して付けられるレッテルのようなものにもなっている。

・Anotherなら死んでた
   …由来はアニメ「Another」から。
     「Another」は、とある田舎を舞台に、不運かつ不可解な「事故死」が発生しまくる
     「死の現象」が蔓延している、という内容のアニメであり、
     なんてことのない些細な原因で死に至るシーンが多かったことから、
     アニメのシーンでシリアスシーン・ギャグシーン問わず、
     事故りかけたりダメージを受けたりどつかれたりした時に用いられた。
     たとえどんなシーンでも強引に「死んでた」につなげることが出来るという、
     ある意味で非常に汎用性の高い言葉である。

・iPS細胞
   …京都大学の山中伸弥教授らによって作製された細胞。
     iPSは「induced Pluripotent Stem」の頭文字を取っている。
     どんな細胞にもなれる万能細胞であり、人類の医学進展において、
     新たな1ページを刻むであろう技術である。
     なぜ「i」が小文字で「P」「S」が大文字になっているかというと、
     「iPod」にあやかって一般にも親しみやすくしたとのことらしい。
     なお、山中教授が2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞した裏で、
     東大病院特任研究員の森口尚史氏(現在は懲戒解雇処分)が
     「iPS細胞による世界初の臨床応用を行った」と主張したものの、
     そのほぼ全てが虚偽報告(要するにウソ)だったという騒動があり、
     iPS細胞は斜め上のベクトルからも注目されることとなった。
     むしろこの騒動が大々的に報道されたことによって
     iPS細胞が広く一般にも知れ渡ったと言えなくもない。

・カイエン青山
   …プロ野球北海道日本ハムファイターズ所属の斎藤佑樹投手のこと。
     当然ながらネット上にて蔓延した蔑称である。
     斎藤投手は一般的には「ハンカチ王子」という愛称で呼ばれ、
     高校野球や大学野球で活躍し、甲子園では優勝投手となる輝かしい経歴を誇っており、
     ルーキーイヤーの2011年には6勝(6敗)、防御率2.69と、
     新人の先発投手としてはまずまずの好成績を残しており、
     2012年では開幕投手を務め、オールスターではファン投票1位で選出された。
     そんな順風満帆の中、とあるドキュメンタリー番組にて密着取材された際に、
     斎藤投手は「カイエン乗りてぇ」「青山ってすげぇオシャレだと思うんですけど」
     「青山に土地買うのってやばいっすか?」などと発言していた。
     取材時は怪物級とまでは言わないまでも、それなりに成績を残していた斎藤投手だったが、
     2012年シーズン中盤からみるみる調子を落としてしまい、
     後半戦においては2軍落ちしてしまい、その上調整目的のはずの2軍の試合においても
     ことごとくメッタ打ちにされてしまうという醜態を晒してしまった。
     まさしく「2年目のジンクス」に嵌ってしまった格好となったが、
     もともと野球ファンや対戦相手からは「なぜこの程度で抑えられるのかわからない」と
     言われていたこともあり、2軍に落ちたのは当然という見方もある。
     2軍に落ちた際に、ネットにおける野球ファンから「ついにメッキが剥がれた」やら、
     「『持っている』じゃなくて『盛っている』だったか」などと揶揄され、
     しまいには「斎藤」と「最低」をかけて「さいてょ」などと呼ばれる始末となってしまった。
     ちなみに「さいてょ」という言葉そのものはファンの応援プラカードに
     「SAITHO」と書かれていたことが発端で生まれた言葉である。(正しくは「SAITOH」)
     そんなこんなで、かつて順風満帆だった頃のドキュメンタリーがピックアップされ、
     「カイエン」や「青山」に関するコメントから「カイエン青山」と呼ばれてしまうこととなった。



関連:
ネット流行語大賞2012のまとめ&解説 「背負子む」





…普段政治ネタを採り上げないから、調べるのに苦労するな…
なんか無駄に長くなったような気がする。もうちょっと簡潔にまとめられんもんかなぁ。



次回、「バズワード・メモリィ2012(後編)」に続く。



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1452話「バズワード・メモリィ2012(前編)」

どうもルイナです。

さて、今回のネタはこちら。


新語・流行語大賞2012
【2012新語・流行語】年間大賞はスギちゃんの「ワイルドだろぉ」

つい先日、2012年新語・流行語大賞が発表されました。
そこで今年も懲りずにやります、流行語大賞に選ばれた言葉にコメントをつけていくのコーナー!
ある意味12月の恒例行事!w


・ワイルドだろぉ
   …今年の流行語大賞は毎度おなじみ流行語大賞芸人枠から。
     お笑い芸人のスギちゃんのギャグ。
     毎度のことながらコレに選ばれてしまったことで来年の去就が気になってしまう。
     はたして生き残ることが出来るのだろうか?いろんな意味で。
     で、去年の芸人枠「ラブ注入」はどうなった?
     一昨年の芸人枠「ととのいました」はどうなった?

・iPS細胞
   …京都大学の山中伸弥教授らによって作製された細胞。
     iPSは「induced Pluripotent Stem」の略である。
     どんな細胞にもなれる万能細胞であり、人類の医学進展において、
     新たな1ページを刻むであろう技術である。
     なぜ「i」が小文字で「P」「S」が大文字になっているかというと、
     「iPod」にあやかって一般にも親しみやすくしたとのことらしい。
     なお、山中教授が2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞した裏で、
     東大病院特任研究員の森口尚史氏(現在は懲戒解雇処分)が
     「iPS細胞による世界初の臨床応用を行った」と主張したものの、
     そのほぼ全てが虚偽報告(要するにウソ)だったという騒動があり、
     iPS細胞は斜め上のベクトルからも注目されることとなった。

・維新
   …現大阪市長の橋下徹氏による地域政党「大阪維新の会」より。
     大阪の変革を掲げ、ひいては日本の変革を目指し活動している。
     なお、国政に乗り出した際に「日本維新の会」と名乗ったが、
     後になってドクター中松氏が既にこの名称を商標登録しようとして
     出願をしていたことが判明した(結果は拒絶査定)。
     名称を巡っていろんな意味で微妙な騒動が勃発したのであった。

・LCC
   …格安航空会社の頭文字より。LCCとは「Low-Cost Carrier」の略である。
     サービスや運航コスト、人件費などをできる限り節減することで
     格安の航空輸送サービスを提供することを可能とした。
     通常便とLCC便のどちらにメリットがあるかというと、
     結局のところ一長一短なので、コストを取るかサービスを取るか、
     求めるものによるとしか言いようがない。

・終活
   …自分の人生の最期を自分の望むように自分で準備すること。
     例えば「遺言状」なんかはコレにあたると思われる。
     あくまで準備することを指しており、自分で人生を終わらせるわけではない。
     それだと自殺になってしまう。

・第3極
   …毎度おなじみ流行語大賞政治枠その1。
     要するに第3勢力を意味しており、政治業界的に言えば民主党、自民党の
     2大政党の次に続くと目される政党のことを指している。
     それを狙ってのことかどうかは分からないが、
     ここのところ新政党が湯水の如くに成立しまくっている。
     そんなに増えたところで雲散霧消するだけのような気がするのだが…

・近いうちに…
   …毎度おなじみ流行語大賞政治枠その2。
     今年の8月頃に野田首相が衆議院解散を仄めかした際に、
     「近いうちに信を問う」と発言したため、「近いうちっていつやねん」とか
     「なんやかんや言って結局任期満了までやるのか」とかいった風に、
     かえって火種を撒き散らしてしまう結果に。
     具体的な表現をしないという政治家の常套手段(?)の最たる例である。

・手ぶらで帰らせるわけにはいかない
   …ロンドンオリンピック競泳日本代表の松田丈志選手の発言より。
     競泳といえば北島康介選手が思い当たるが、
     ロンドン五輪では北島選手は個人競技でメダルにあと一歩届かなかった。
     そして競泳最終日の男子400mメドレー試合前に、
     北島選手を除く残り3人(入江陵介選手、藤井拓郎選手、松田選手)が
     「康介さん(北島選手)を手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と誓い、
     メドレーに臨み、見事銀メダルを獲得したのであった。
     ちなみに北島選手もメドレーの時は個人競技の時よりも速いタイムを記録した。

・東京ソラマチ
   …東京スカイツリーの周辺地域を指す言葉。
     スカイツリー開業による経済効果を見込んでいる模様。
     しかし流行語とか言われても地方に住んでいるヒト…
     …っていうか東京周辺住んでないヒトにとっては
     流行りもクソも無いと思うのだが。

・爆弾低気圧
   …毎度おなじみ流行語大賞自然現象枠。
     急激に発達する温帯低気圧を指し、その勢力は台風並みである。
     台風のように軌道予測を立てられるようなものでもないため、
     場合によっては突然暴風雨に見舞われ被害を受けるということもあった。



個人的感想を言うと、毎回毎回半分は( ゚д゚)ポカーン?ってなる言葉があるんですが、
特に今年は初めて聞くような言葉も多かったような気がしますね。
どこで流行っててどういう使われ方をしているのかご教授願いたい。
この中で私が「流行っているかな?」と思うのは…まあ「ワイルド」かなぁ…
来年もコレを使ってたり耳にしたりするのだろうかと勝手に不安になってたりしますが。



関連:
2012年新語・流行語大賞について一応思ったことを書いておく回
「ま総研95(まどの総合研究所ver.4.0)」



次回、「バズワード・メモリィ2012(中編)」に続く。


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1451話「違うブログサービスならもっとアクセスが増えたとかはない」

どうもルイナです。

FC2がヤバイというウワサがチラホラと聞こえてきますが、
今更どっかに移行するのもメンドイのでたぶんこのまま続けていくと思いますね。

…何がどうヤバイのかさっぱり知りませんが。







[他サイト様記事]

RPGは変わった(20年前に) 「やまなしなひび-Diary SIDE-」

考えてキャラを育てないと取り返しの付かないことになってしまう(中略)
各作品ごとに独自の成長システムを採用していますから、新しい作品を始める度に一からそれを覚えなきゃいけないし、その上で「どうキャラを育てていくか」を考えなきゃならない―――

なんで「育て方をミスると取り返しがつかないことになる」と思ってしまうのか?
それはおそらく「効率的な育て方を外部情報で知った」からではなかろうかと。
知らなければそれが自分にとって最も効率的な育て方だったハズなのに、
情報として仕入れてしまったから口惜しさとともに非効率っぷりを恥じるという
思考の渦に飲み込まれてしまうのではなかろうか。



[2chスレまとめ・ニュース系]

三浦大輔「違う球団ならもっと勝てたとかはない」 「日刊やきう速報@なんJ」
三浦大輔「違う球団ならもっと勝てたとかはない」 「ぐう速」
これはまぎれもなくぐう聖。ぐう聖・オブ・ザ・ぐう聖。


「グイン・サーガ」 (物語は未完だけど)電子書籍完結 全153冊
「【2ch】ニュー速クオリティ」
私の中ではグイン・サーガは94巻で最終回を迎えたと思っています。
95~130巻はオーバーラン。余談みたいなもんです。
95巻以降は「どうせ200巻までもたないだろうからもういつ終わってもいいや」みたいな
達観がありましたね。



[2chスレまとめ・ネタ系]

西武の中継ぎwwwwwwスレオブ・ザ・イヤー 2012 in なんJ
「僕自身なんJをまとめる喜びはあった」
やっぱ大相撲甲子園場所のおしだし君が面白すぎるwwwwww
俺達記念日や俺達VSわし達も捨て難いけどwwwwww


【中二病でも恋がしたい!】モブキャラの名前がすごいことになってる
「まんはったん!」
『中二病でも恋がしたい!』 六花のクラスメイトの女子の苗字が凄すぎるwww
「JAMぐる」
これって地名から取ってるんじゃなかったっけか?
聞いたことがあるのがちらほらと。さすがに子子子子さんは初めて見たけどw


ロボに乗ったらまず言いたいセリフ 「ぶる速-VIP」
流派東方不敗は(ry







いかん…スパロボばっかやってて更新どころじゃないな…


テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

第1450話「the fifth Appleseed of Ruins Memories」

今からちょうど5年前のあの日…

前も後ろも右も左もわからない状態でこのサイトがピギャーと産声(奇声?)を上げました…



というわけで、本日12月1日は!

このブログ「るいんずめもりぃ」の開設日です!

すなわち今日はこのブログ5周年という記念中の記念な日なのですよ!


…っていう感じで気合入れても、毎年毎年こんな感じだからなー。
5回目ともなるとコピペとしか言いようがないっちゅーか。ってかコピペだけど。


さて、本日は5周年記念、そして1450話というキリの良い話数(もちろん狙ってやった)
といたしまして、この5年間を振り返ってみようと思います。

…本当は1500話を狙ってたけど、てんでダメダメでしたね…



私がこのブログを始めたのは、最近はまったく語ることがなくなってしまいましたが、
「Lingua furanca.」(通称りんふら)というブログに迷い込み、そこを経由していろいろな
面白いサイト・ブログに巡り会ったことで、こんなに面白くて楽しいことを
私もやってみたいなーと漠然と思い始めたところが発端となるのです。

それがだいたい5年前の夏ごろで、それから約半年ほどやりたいなーと思いつつ、
生来のチキンハートがたたってどうにも踏ん切りがつかなかったわたくしルイナさん。
年の暮れも近づく12月1日にようやく始めることとなりました。


当時の私は大学院生でした。しかも修士2回生で学生生活も残りわずか、
実験も佳境に差し掛かり、その上修士論文が控えているという、
サイトをやっていくには障害が多すぎ(むしろ何やってんだ状態)で始めたのです。

これについては何度かサイト中にて語ったこともありますが、
あえてこの時期を選んだというのもありまして、ヒマなときに始めるのではなく、
ある程度忙しい時期にやってみることで、社会人になって忙しくなったとしても、
サイトを続けていけるようにしたい、というちょっとした理由もあるのですよ。
どうせやるならずっとやっていきたいですからね。
それに忙しいことを理由に続けないというのはなんかヤですし。
…ま、ここのところは忙しいからって更新しないことが多くなってきて
当初の想定通りな更新ペースになってきてるけどな!

当初は毎日更新しようなどとは微塵にも思っていなかったのです。
まあいいとこ週に3~4記事くらい更新できたらいいなーと思っていた程度です。
それがいつの間にか毎日更新するようになって…なぁ。

記事の数自体は最初から1日1記事と決めていました。
意味はあまりないのですが、1日に何度も更新するよりは1日1回と決めていたほうが
わかりやすくてやりやすいかなーと思った程度です。
たくさん更新してもどーすんねんっていう感覚もありましたし。

更新形態としては、かつてはニュース更新とテキスト更新を交互に行っていましたが、
(今は気が向いた時しかテキストを書かなくなってしまいましたが)
これはサイトを始める前からこの形式にしようと思っていました。
理由はもちろん、上記のりんふらでニュースサイト・テキストサイトの面白さを
両方とも味わってしまったからです。これは両方ともやるしかない!って思いましたね。
りんふらの管理人軍団がニュースサイターとテキストサイターだったことが私の運のツキか…

ニュースサイトとして記事をピックアップするのも面白いし、
テキストを書き連ねるのも面白い。だから両方やっちゃおうっていう感じです。
…まあぶっちゃけた話、テキスト更新はもうヒマと根性とネタが無くなってきて出来てませんが。
今でもやること自体は面白いと思ってはいるんだけども。

まあそれはともかく、サイトを2つに分けなかったのは、単に分けるのが面倒だったのと、
当時の私は今以上にネットについて無知でしたので、ややこしいことはようやらんかったのですよ。
まあ複数運営をやったところで、把握できずに片方が滞るみたいなことになりそうですし。
その最たる例がフェイスブック。最初に登録して以来ログインすらしてねぇな…


そして私のブログの唯一のアイデンティティ(!?)でもある「次回予告」について。
最近はほとんど予告できてませんが、去年くらいまでは毎回やってたアレです。

これはまったくもって「たまたま」生まれたコーナーなのです。

私はゲームや漫画、アニメが好きという、ご他聞に漏れずサブカルチャー要素が好きな、
ある意味でごくごく標準的なブロガーであるわけです。
だから、どうせブログをやるならそういう感じというか、
漫画やアニメっぽく1話ずつ進めていったろうと思い至ったわけですよ。

だいたい漫画とかアニメとかって、サブタイトルに「第○話」って出るじゃないですか。
これに倣って、私のブログも話数をカウントしていったら面白いかなーと思って
記事タイトルに「第○話」を入れるようになったのです。
…まあ、これに関しては先達(1000話までの「Coin toss」さんとか)が既にいたんですけどね。

話を戻すと、最初の「第1話」を更新した直後に私は思ったのです。
「話数を入れるなら予告がいるよな…」と。アニメと同じようなノリで。

で、どうせ予告するならこの際本当に次の更新内容とタイトルを予告してやろうと思って
生まれたコーナーなのですよ。たまーに変化球的にウソ予告も交えつつ。
まあそのせいで速報することに意義があるはずのニュース更新にすら次回予告がつくという、
ある意味で非常に本末転倒な感じになっちゃったりもしましたが。
速報という言葉からはまったく無縁になってしまった瞬間でしたね。
このニュースは次回に回そうとかやっちゃってますし。

しかしまあ、ニュースサイト一本で行ってたら次回予告なんてできようはずもありませんし、
(やろうと思えば出来ないことはないが、だから今次回予告できてないんだけど)
ニュースとテキストを交互に更新する形式だからこそ、次がニュース更新であっても
1日分の猶予があるので、次回予告をすることができたという感じで運ぶようになりましたね。
まさに偶然の産物ってヤツですね。
ニュース記事も2日分だから、採り上げる記事が少なすぎるってこともないですし。

…アレ?めっちゃ少ない時もあるな…まあいっか!


まあそれにしてもこれまで何度も言っていますけど、て何遍も言ってますけど、
よくここまで更新してきたなーという思いでいっぱいですね。

忙しくなっても続けてゆきたいとはいったものの、やっぱり続けられなくなって
フェードアウトする可能性はもちろんあったわけですが、何とかここまで続けてこれましたね。
まあ、流石に今では初期の頃の感覚はかなり失われていますが。
昔の情熱とか、テキスト・コメントのエネルギーとか、今では再現できないもんなー。
安定期に入ったみたいな感覚ですかね?もしくは老後?

まあ昨年から考えると、もう1年も経ったのかという思いはありますね。
トシを食ったからなのかもしれませんが、1年の流れるスピードが早いの何の。
ガキンチョの頃っていつまで続くのかと思うくらいに遅く進んでた感じがあるんだけどなー。



最後に…

今回のタイトル「the fifth Appleseed of Ruins Memories」について。

もともと「ワイルドアームズ アドヴァンスド サード」というRPGから
サイトの名前を決めたということもあったので、○周年のエントリーには
ワイルドアームズのタイトルに因んだモノをつけています。

今回は5周年なので5作目の「フィフス ヴァンガード」から持って来ました。
5作目のキーワードの1つ「ジョニー・アップルシード」からパクッ使っています。
もちろん頭文字を取ると「ARM」になるようにしてますからね!


…こらそこ!どんな言葉を持ってこようがRとMは一緒とかバラすんじゃない!


…ってなわけで、本日の記事は1年前の記事の焼き増しというか、セルフパクリでした。
ちょいちょい書き足したり修正したりしてはいるけど、構成はまったくいっしょです。
ヒマなら毎年の記事と見比べてみて間違い探しみたいなことをしてみるのもオツかも?
そんな奇特なヒトがいるとは到底思えませんが。



…どうでもいいけど、来年以降のタイトルどうしよう…ナンバリングタイトル使いきったぞ…
新作が出る気配はもはやゼロに等しいしな…



次回予告ッ!
もはやアクセス数を語るのもおこがましい状態になっているこのサイト!
戦争は数であるという理論から考えると瞬殺は免れないのであった!
次回、「違うブログサービスならもっとアクセスが増えたとかはない」! そりゃないだろ。

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。